昼めし旅 伊勢崎・採れたて!あまーい白菜の絶品料理VS栃木・柔らか豚&和牛

放送日 2019年2月6日(水) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

本日は栃木・小山市で昼めし旅。おやま和牛の串焼きやブランド豚を使った生姜焼き。/群馬・伊勢崎市では白菜を使った絶品料理が登場。

キーワード
小山市(栃木)
おやま和牛
伊勢崎市(群馬)
白菜

栃木県小山市 (バラエティ/情報)
11:43~

本日最初の舞台は栃木・小山市。ブランドの豚や和牛が名産。関東でも有数の畜産の町。そんな小山市を具志堅用高さんがご飯調査。

具志堅用高さんは150年くらいだというやっている豆腐屋さんを発見。

小山産の大豆をつかった豆腐が人気のお店「亀本屋豆腐店」。その豆腐の形は変わっているという。具志堅さんは自慢の豆腐を試食させてもらった。大豆の香りと味がしみているとコメント。

おやま和牛の串焼き&ブランド豚/小山の食材を使った料理が登場!

キーワード
小山市(栃木)
亀本屋豆腐店

栃木県小山市 (バラエティ/情報)
11:49~

おいしい豆腐をいただき「あなたのご飯見せて下さい」、きょうはもう終わっちゃったと交渉失敗。

おやま和牛は地元でとれた稲わらや大麦で育てた和牛でサシがきめ細かく風味豊な味わいが自慢。お店で人気だというおやま和牛串焼をいただくことに。具志堅さんは和牛にはうるさいというが美味しいとコメント。ここで「あなたのご飯見せて下さい」、あっさり交渉成立。ご飯を見せてくれるのはおやま和牛をはじめとした地元のものを扱う「小曽根精肉店」。店主はいつもお店の奥にあるご自宅で食べるという。

料理をするのは奥様の良子さん。小山のブランド豚「おとん」は柔らかくジューシーな味わいが特徴。油をひかずに焼いていく。豚肉から出る油だけで焼いたほうが美味しく仕上がるという。ご飯は小山の食材をふんだんに使った料理がずらりと並んだ。具志堅さんもおとんの生姜焼きをいただくことに。「おとん」は柔らかく、ご飯と合うとのこと。

26歳で精肉店を始めたという。始めたことはクジラのお肉ばかりだったという。50年前にお店を始めたとのこと。地域のためにやっていると話した。

道の駅ならぬ町の駅を発見し立ち寄ってみることに。「小山市まちの駅思季彩館」は地元の採れたて野菜を扱う青果店が営む町の駅。農家さんから直接仕入れた果物や野菜を販売、もともと小山市が始めたもの。店内では小山の食材を使った料理を食べることができる。特に人気なのは「かんぴょううどん」。さっそく社長さんに「あなたのご飯見せて下さい」、交渉成立。料理は社長さん自ら作るそう。

具志堅用高が栗原宏さんのご飯を見せてもらう。作るのは「フワフワ玉子の野菜炒め」と「おとんのソテー」。中華鍋にニンニク・ブロッコリー・かんぴょうなどを入れ、オイスターソースと醤油で味付け。日向野農園の美栄卵と野菜類を混ぜれば野菜炒めの完成。更におとんを使ったソテーや地物野菜のサラダも完成し味わった。

栗原宏さんは元々は住宅の営業マン。地元に貢献したいと青果店に転職、2年前に小山市からまちの駅の経営を譲り受けたという。

キーワード
小山市(栃木)
亀本屋豆腐店
おやま和牛
おやま和牛串焼
小曽根精肉店
おとん
赤大根の漬物
おとんの生姜焼き
大豆と昆布の煮物
自家製の漬物
かんぴょううどん
かんぴょう
ニンニク
ブロッコリー
ニラ
長ネギ
オイスターソース
醤油
日向野農園
美栄卵
フワフワ玉子の野菜炒め
おとんのソテー
地物野菜のサラダ
とちおとめ
小山市まちの駅思季彩館

群馬県伊勢崎市 (バラエティ/情報)
12:05~

このあと、採れたて白菜を使った絶品料理が登場

番組スタッフが群馬・伊勢崎市で昼めし旅。寒さ厳しいこの時期に吹く赤城おろしと呼ばれるからっ風は群馬県の冬の名物。野菜類が寒締めにより甘さが増す。かつては農産業が盛ん、いまでもヤグラを備えた昔ながらの家屋が多く残っている。

番組スタッフが群馬・伊勢崎市で昼めし旅。発見したのは白菜農家、紐で縛ることで内側が風に守られ甘みが増すという。見せてくれたのは栗原誠治さん、ご飯を見せてもらうようお願いし交渉成立。

キーワード
伊勢崎市(群馬)
赤城おろし
白菜

群馬県伊勢崎市 (バラエティ/情報)
12:12~

アレッタを余すことなく使ったアイデア料理が!

番組スタッフが群馬・伊勢崎市で昼めし旅。畑で話を伺ったのは農家の栗原さん。ご自宅の仕事場にお邪魔すると珍しい野菜ロマネスコなどを見せてくれた。作業場には陶芸工房もあり、保育園の子ども達に教えたりしているという。そんな栗原家はご両親と同居する6人家族、奥様と娘様はお出かけ中。

栗原誠治さんが作るのは採れたて野菜で作る愛情たっぷりご飯。米と大麦を土鍋で炊く。その間に「茹でロマネスコ」や「白菜と牛肉の痛め物」などが完成。炊けたお米と一緒に味わった。息子・蒼大くんは現在5歳、将来は農家になるかわからないがトラクターなどに興味をもっているという。

番組スタッフが群馬・伊勢崎市で昼めし旅。発見したのはブロッコリーとケールを掛け合わせたアレッタを育てている内田さんと手嶋さん。さっそくお昼ご飯を見せてもらうと、交渉成立。

ご飯を見せてくれるのは内田剛壽さん。家の前には観賞用のアレッタが置かれていた。

キーワード
伊勢崎市(群馬)
白菜
ロマネスコ
大麦
茹でロマネスコ
白菜と牛肉の痛め物
白菜とロマネスコのコーンスープ
アレッタ

群馬県伊勢崎市 (バラエティ/情報)
12:26~

番組スタッフが群馬・伊勢崎市で昼めし旅。アレッタを栽培している内田さんのご自宅にお邪魔。奥様との2人暮らしで愛犬もアレッタが大好き、Tシャツや帽子のグッズも作って宣伝している。

内田さんが作るのはアレッタ尽くしのご飯。アレッタの茎は輪切りにし浅漬に。葉の部分は豚肉とオリーブオイルと炒め、スパイスで味付けしトマトの水煮を合わせて「アレッタと豚バラ肉の炒め物」が完成、更に「アレッタの新芽の味噌汁」なども作り味わった。内田さんはアレッタを広めるため「TEAM ALETTA」を結成、全国に広めようと活動している。

番組スタッフが群馬・伊勢崎市で昼めし旅。発見したのはネギや大和芋を育てている関口洋子さん。作業場での作業を少し見せてもらったところでご飯を見せてもらうようお願いし、交渉成立。

ご飯を見せてくれるのは関口洋子さん一家。作るのは「大和芋のふわとろお好み焼き」。皮を剥いた大和芋をすりおろし、水で伸ばして卵・キャベツ・ネギ・出汁醤油と合わせてフライパンで焼いていく。粉を使っていないため生でも食べることができ、軽く焼いたら完成。更にネギとベーコンを使った「ネギのベーコン炒め」も完成。きんぴらごぼうなどと一緒に味わった。関口さんの夫・芳一さんは農家の5代目なのだと話してくれた。

キーワード
伊勢崎市(群馬)
アレッタ
豚肉
オリーブオイル
トマトの水煮
アレッタと豚バラ肉の炒め物
アレッタの新芽の味噌汁
アレッタのツナマヨ和え
TEAM ALETTA
ネギ
大和芋
キャベツ
出汁醤油
干しエビ
鰹節
青のり
ベーコン
大和芋のふわとろお好み焼き
ネギのベーコン炒め
きんぴらごぼう
とろろ
  1. 前回の放送
  2. 2月6日 放送
  3. 次回の放送