昼めし旅 日本一ギンナンの町で秋の味覚ごはん▽長野…松茸名人宅のご馳走

放送日 2018年10月24日(水) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

本日は愛知県・祖父江町で昼めし旅。この街で生産日本一の旬を迎えるのが「ぎんなん」。食べごろのぎんなんを使った絶品料理が続々登場などと番組ラインナップを伝えた。

キーワード
ぎんなん
祖父江町(愛知)
松茸
上田市(長野)

愛知県稲沢市 祖父江町 (バラエティ/情報)
11:44~

本日最初の舞台は愛知県・祖父江町。秋を迎え旬を迎えているのが「ぎんなん」。祖父江町のある稲沢市はぎんなん生産量日本一。この時期は農家さんは大忙しで、祖父江町のぎんなんは粒が大きく高値で取引されているという。そんな祖父江町でご飯調査するのは、となりの一宮市出身のスギちゃん。

スギちゃんがご飯調査開始。街を歩いていると、ぎんなんを持っているお父さんを発見。

このあとぎんなんの簡単で美味しい食べ方を伝授!

キーワード
銀杏
祖父江町(愛知)
東京都
一宮市(愛知)
イチョウ
ぎんなん

愛知県稲沢市 祖父江町 (バラエティ/情報)
11:49~

引き続き祖父江町でご飯調査。スギちゃんの同級生が市役所に勤めているということで行くことに。市役所前で待っていると、同級生の岡崎さんが現れた。2人が会うのは3年ぶりだそう。さっそく夜ご飯交渉をし、奥さんとも相談した結果交渉成立となった。

岡崎さんは仕事で帰りが遅くなるということで、奥さんの帰りを待って岐阜県羽島市にあるご自宅へ。今日は茶碗蒸しと炊き込みご飯を作るとのこと。

愛知県・祖父江町での昼めし旅。ご飯調査中、ぎんなんを持っていたお父さんと出会い、川合にご飯を見せてもらえるよう交渉。しかし昼ごはんは済ませたという。しかしスギちゃんがくると孫が喜ぶといい、ご自宅にお邪魔することとなった。お宅にお邪魔するとお父さんがペンチで殻をわりレンジで1分ほど温めたものをごちそうしてくれた。祖父江のぎんなんは大粒で甘みと苦味があるのが特徴。皮と薄皮をむき塩でいただく。突然のスギちゃんの訪問にお孫さんも大喜びだった。さらにお土産にぎんなんをいただいた。

スギちゃんや夫の勝也さんも手伝って晩ご飯作り。ぎんなんのおつまみ・ぎんなんの茶碗蒸し・ぎんなんの炊き込みご飯が完成した。スギちゃんも食べてみると、「うまい」「祖父江のぎんなんは日本一だね」「上品な味」と話した。

教えてもらったぎんなん料理のお店へ。お店の看板が見えたところで準備中の看板をだしているお店の方を発見。お話を伺えることとなり店内へ。お邪魔したのは「季節料理 しろ石」。お店の今の時期の名物は期間限定の「銀杏懐石」4320円。さっそくご飯を見せてほしいとお願いするがぎんなんは高級品なので入っていないと言われるも、スギちゃんがいただいたぎんなんで料理をしてもらうことで交渉成立。

まずはスギちゃんがお土産にもらったぎんなんを使い板長オススメの一品を作ってもらう。まずペンチでぎんなんの殻を割り、薄皮をのこし殻剥きし素揚げする。揚げるうちに薄皮が取れたら塩をふり完成。さらにぎんなんをペーストにしてエビに巻き付けた「エビぎんなん衣揚げ」を作った。しろ石の本日のまかないは、営業であまったカンパチの刺身をフライにしたものと、エビぎんなん衣揚げ。一緒にいただいた中居さんたちは「手間はかかるけどお美味しいです」などとコメントした。スギちゃんもご好意でエビフライを味見させてもらい、「ウマイですね」などと感想を述べた。

大親友の2人だが、スギちゃんがデビュー間もない頃テレビでネタを見た岡崎さんが本人を発奮させようと、「全然おもしろくない!」と言ったそう。そこから2人の友人関係はギクシャク。しかしその後大ブレイクしたら心から喜んだという。

キーワード
稲沢市役所
祖父江町(愛知)
凌大さん
ぎんなん
沙那さん
羽島市(岐阜)
ぎんなんのおつまみ
ぎんなんの茶碗蒸し
ぎんなんの炊き込みご飯
銀杏懐石
舞茸
人参
しめじ
しいたけ
鶏肉
カンパチ
エビぎんなん衣揚げ
カンパチのフライ
ぎんなんの素揚げ

長野県 上田市 (バラエティ/情報)
12:10~

東京から新幹線でおよそ1時間半、長野県上田市で昼めし旅。上田市といえば、真田幸村をはじめとする真田家発祥の地。そんな上田市でいま旬を迎えているのが、秋の味覚の王様・松茸。長野県は松茸の収穫量が日本一。そんな長野県の中でも屈指の松茸の産地が上田市。松茸が採れる山には9月からおよそ2ヶ月限定で、松茸小屋と呼ばれる松茸料理専門店が出店。旬の味を求めて多くの観光客が訪れる。

松茸名人と松茸狩りに挑戦!

キーワード
東京駅
上田駅
真田幸村
上田城
松茸小屋
和苑の松茸鍋
松茸
上田市(長野)

長野県 上田市 (バラエティ/情報)
12:15~

長野県上田市でご飯調査。「松茸ピザ」と書かれた幟が気になり、店にお邪魔する。レストランとスーパーが一緒になって営業しているという「石窯焼きPizza カピトリーノ」「おはぎ本舗 いけだや」。もともと30年ほどにスーパーとして営業し、いまから5年前にお店の一部を改装してイタリアンレストランをオープンさせたのだそう。ご主人の池田さんと、奥様の久子さんはスーパーの惣菜作りを担当している。長男の栄久さんがレストランで料理をふるまっている。レストランの看板メニューが「松茸ピッツァ」。今年は秋口に雨がたくさん降ったので、近年稀に見る豊作なのだそう。池田さんは地元で有名な松茸狩り名人。「今日、松茸狩りに行く」とのことで、一緒に連れて行ってもらうことに。

「今日、松茸狩りに行く」とのことで、一緒に連れて行ってもらうことに。お店からは一時間足らずで到着した。しっかり管理していれば、毎年同じところに生えてくるのだそう。スタッフも松茸狩りに挑戦した。名人に撮影してもらいながら、立派な松茸を4本も採らせていただいた。収穫した場所にしっかり土をかぶせることで来年も同じ場所に松茸が生えてくるのだそう。ここでご主人に「あなたのご飯を見せてください」と言うと、「えぇ?今日ですか。じゃあ特別に腕奮っちゃおうかな」とのことで交渉成立した。

さっそく店に戻って調理を拝見。贅沢に先程採ってきた松茸を2本使う。厚めにスライスしたら、フライパンにオリーブオイルをひき松茸を炒める。味付けは塩だけ。

キノコの贅沢ご飯が続々登場!

キーワード
松茸
おはぎ本舗 いけだや
松茸ピッツァ
上田市(長野)
松茸のオリーブオイル炒め

長野県 上田市 (バラエティ/情報)
12:26~

長野県上田市の松茸名人のお店でご飯調査。奥様が用意したのは上田名物の原木なめこ。ここにたっぷりの大根おろしを加え、ポン酢・昆布だし・甘酢で味付け。さらに大きな鍋にはコムソウダケの煮込みうどん用のきのこ汁があり、そこに醤油と昆布だしで味をつけ、リコボウダケ・ネギ・白菜・油揚げも一緒に煮込む。最後に入れるのが「おっきりこみうどん」という名産のうどん。さらにお店で人気の惣菜・松茸ご飯も炊きあがった。本日のまかないがそろった。お礼を言ってカピトリーノを後にした。

引き続き長野県上田市でご飯調査。作業をしていた男性に声をかけると「これ、クルミの木なんだよ。くるみ採りしてた。今年は小さくてね」とのこと。話を伺ったのはお父さんの代からクルミの木の世話をしている中村さん。クルミをくださったところで「あなたのご飯見せてください」と言うと、「ちょっと奥さんに・・・」と言って近くにいた奥さんに確認した。すると「その時間に来られれば」とのことで交渉成立した。中村さんご夫婦はクルミ以外にも畑でいろいろなものを育てているそうで、バナナ南蛮やフルーツほおづきなどちょっと変わった野菜などを10種ほど育てている。

さっそくご自宅へお邪魔する。大正時代からお父さんの代まで実家では商店を営み、金物や雑貨を取り扱っていたのだそう。中村さんご夫婦はもと銀行員で、3人の子供さんは全員独立し、現在はご夫婦2人だけで暮らしている。健康のために毎日温野菜をとるように心がけているという奥様。電子レンジで5分ほど温めれば、「豚肉としめじとキャベツのヘルシー蒸し」の出来上がり。次はホウレンソウをお湯に入れ、塩を入れて1分ほど茹でたら、適当な長さにカットする。次に冷凍庫から取り出したのは、砕いたクルミ。これをホウレンソウに加える。そして信州味噌・砂糖をたっぷり加えて和えたら「ホウレンソウのクルミ和え」の出来上がり。次に出てきたのは自家製の白瓜の奈良漬など漬物が5種もい出てきた。中村家の晩ご飯が揃った。食卓に並んだのは14品。

今年で結婚して46年という中村さんご夫婦。お祝いなどはあまりしないが、ご主人は節目節目にスイートテンダイヤモンドなどをプレゼントしているのだそう。

キーワード
なめこ
松茸
コムソウダケ
リコボウダケ
ネギ
白菜
なめこのおろし和え
松茸ご飯
上田市(長野)
クルミ
バナナ南蛮
しめじ
キャベツ
ホウレンソウ
豚肉
豚肉としめじとキャベツのヘルシー蒸し
ホウレンソウのクルミ和え
白瓜の奈良漬
辛子ナス
キュウリのピクルス
ミョウガの甘酢漬け
親ショウガの甘酢漬け
焼きそば
バナナ南蛮とピーマンの甘辛煮
  1. 前回の放送
  2. 10月24日 放送
  3. 次回の放送