昼めし旅 今が旬!明石絶品タコで炊き込み飯&天ぷら▽伊豆大島…海の大豆とは

放送日 2018年7月25日(水) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

オープニング映像。今日は明石市と伊豆大島。

キーワード
明石市(兵庫)
伊豆大島

兵庫県明石市 (バラエティ/情報)
11:43~

世界ソフトボール 8月2日開幕!のテロップ

今日の舞台は、兵庫県明石市。明石海峡で旬を迎えているのがブランドダコの明石ダコ。そんな明石でご飯調査するのは島谷ひとみ。

最初に訪れたのは明石港。年間を通じて100種類の魚介が水揚げされるという。ご主人がタコ漁師という高山さんにタコを〆てもらおうとすると…

このあと、とれたて新鮮明石ダコでアイデア料理

キーワード
世界ソフトボール
明石ダコ
明石海峡大橋
明石市(兵庫)
瀬戸内海
明石港
明石浦漁協

兵庫県明石市 (バラエティ/情報)
11:49~

世界ソフトボール 8月2日開幕!のテロップ

漁港で出会った高山さんにタコの活き締めを見せてもらうことに。明石ダコは潮の流れが激しい環境で育つために、肉質・食感がいいそうだ。そうこうしていうちに、次々と水揚げが始まり、セリの様子を見学させてもらうことに。明石港では魚介類を大きな生簀に入れてセリにかけられる。セリが終わって高山さんに、交渉すると手伝いことを条件にOKしてくれた。向かったのは漁協のキッチン。余った魚など使い、高山さんは週1回職員さんたちにご飯を振る舞っているとか。

まずは、明石ダコを5分ほど塩もみして、水洗いする。足からあずき色になるまで茹で、その後は氷水で冷やす。次に出したのは干しダコ。足を切り、炙って香りを出す。続いて、薄くカットし、昆布だし・酒などで味付けした煮汁に入る。程よく味が染み込んだら、煮汁とタコを別々に分ける。煮汁はお米を炊くのにも使う。そこに干しダコを入れて炊くだけ。お次は、冷やしておいた明石ダコを一口大に切り、切れ目を入れる。切れ目にしそと梅肉を挟み揚げて、「タコのしそと梅肉の磯辺揚げ」の出来上がり。更に余ったタコは刺し身に。職員さんと料理を振る舞うのが高山さんの楽しみの一つだという。

兵庫県明石市でご飯調査。明石駅の近くへやって来た島谷ひとみさん。約400年の歴史を持つ「魚の棚商店街」。明石の海の幸を中心に約110店舗が並んでいる。商店街タコの煮物を食べた島谷さんは「こんな柔らかいの!?」と驚いた。お店の女性にあなたのご飯見せてくださいとお願いしたが、自宅が散らかっているため断られてしまった。島谷さんが見つけたのは名物明石焼きのお店「たこ磯」。明石焼きは卵などの生地にタコを入れて焼いたもので、だし汁に浸して食べるのが特徴。島谷さんは初めてだという明石焼きを食べ、「これはたこ焼きとは全く違う食べ物なんですね」とコメントした。たこ磯のお店の方にあなたのご飯見せてくださいとお願いしたが、またもや交渉は失敗。すると先程のお店の女性が「私の義理の妹がいいって」と教えてくれた。改めて義理の妹さんに電話していただき、島谷さんがご飯交渉を行った。妹さんは「とりあえずぐちゃぐちゃなんですけど、わかりました」と言い、交渉成立。

明石から車で神戸市へ向かい、5人のお子さんと暮らしているというマンションにお邪魔した。マンションでは子どもたちがお出迎え。高山家は双子を含めて5人のお子さんがいる大家族。これから晩ごはんの支度をするところだという。まずは明石産のメバルに砂糖・醤油・生姜などで味をつけ煮付けにする。さらにお子さん達が好きだという春巻きを作る。高山家では隠し味にとんかつソースを入れる。奥さんは大の子供好きで、結婚する前から保育士をしていおり、現在も土曜日だけは保育の仕事をしているという。高山家の晩ごはんは「明石ダコのから揚げ」「メバルの甘辛煮」「高山家特製春巻き」など。春巻きを食べた島谷さんは「具沢山で食べごたえがあります」とコメントした。

このあと「伊豆大島の健康食材を使ったヘルシー料理」「個性あふれるユニークな奥様」。

キーワード
世界ソフトボール
明石ダコ
明石市(兵庫)
明石港
しそ
タコのしそと梅肉の磯辺揚げ
干しダコご飯
タコの刺身
魚の棚商店街
明石駅
たこ磯
ちりめん
明石たこの柔らか煮
神戸市(兵庫)
明石焼き
メバル
明石ダコのから揚げ
ひじきの煮物
メバルの甘辛煮
高山家特製春巻き
伊豆大島

東京都伊豆大島 (バラエティ/情報)
12:14~

東京都伊豆大島は、東京の竹芝桟橋から高速船で1時間45分のところにある。人口は8000人。海水浴場が賑わい、ダイビングスポットとしても大人気。また、裏砂漠など大自然が満喫でき、べっこう寿司が有名。醤油や島とうがらしで漬け込んだ白身魚の寿司のことだそう。

まず、元町港にやってきた。歩いていくと、写真などが飾ってある店を見つけて入った。御神火マッチというイラスト入りのマッチがお土産として人気。島の歴史などを展示するスペースもある。着物姿で働く女性のことをアンコさんと呼び、伊豆大島のシンボルとなっている。ここでご飯を見せてくださいとお願いすると、撮影許可がおりた。

島野菜にくさや!名物たっぷりご飯を作る。冷凍したタケノコを切っていると同級生の友達がやってきた。タケノコにだし、醤油、砂糖を入れた煮物を作り、布海苔をオリーブオイルで炒め、酒と醤油で炒めた炒めものが完成。

このあと、伊豆大島で愛されるくさやが登場。

キーワード
竹芝桟橋
べっこう寿司
島とうがらし
東京都
伊豆大島
元町港
御神火マッチ
アンコさん
布海苔
タケノコ

東京都伊豆大島 (バラエティ/情報)
12:26~

伊豆大島でご飯調査!島のお土産屋さんの柳瀬さんのご飯を見せてもらうことに。アオムロのくさやが有名だそう。くさやは魚のタンパク質で発酵した塩水に漬け込み干した魚のことで、冷凍した魚を使っているのと、生の魚を使っているのでは柔らかさが全然違う。キュウリの酢の物などもつけ、お昼ご飯が完成。10年前にご主人が亡くなってから1人でお店を切り盛りしている。3人とご飯の時に話していると、1人は元運転手、もうひとりは同級生で今も恋をして幸せだそう。

引き続き伊豆大島でご飯調査。庭で作業をしているお母さんを見つけ、交渉するも失敗。その後も失敗続きで、翌日に持ち越すことに。

海を離れて山の方に向かって歩く。すると豆腐屋さんがあり、作業を見せてもらうことに。島とうふは、伊豆大島のにがりを混ぜたもので、20分で固まる。豆乳をご馳走になり「濃厚で美味しい!」とコメントした。豆乳を飲む人は贅沢をしたくて飲むのではなく、健康のために飲むから豆乳でお金儲けをしてはいけないとのこと。前田豆腐店は、昭和4年創業で、先代からの味を守っている。固まった豆腐を切り、パックに詰めれば島とうふの完成。ここでご飯を見せてくださいとお願いし、あっさり交渉成立。ご自宅にお邪魔すると、ご主人の若い頃の写真や、お孫さんのユニフォームなどがあった。現在は新潟の大学で野球をしているそう。

はんば海苔にクロシビカマス、海の恵みたっぷりご飯を作ってもらうことに。はんば海苔を椿油で炒め、醤油を垂らして醤油とお酒で炊いたご飯に混ぜたご飯、クロシビカマスのすり身に卵を混ぜ、味噌と小麦粉を入れてだし汁に入れてそうめんを加え、明日葉をいれたつみれ汁、生湯葉でお昼ご飯が完成。「油っこくなくて軽い」「つみれも美味しい」と話した。また、息子さんがご主人の誕生日にホームランを打ってくれたホームランボールが宝物だそう。

キーワード
くぼいち
極楽とんぼ
アオムロ
東京都
伊豆大島
トマト
島とうふ
新潟県
伊豆
はんば海苔
明日葉
クロシビカマス
  1. 前回の放送
  2. 7月25日 放送
  3. 次回の放送