昼めし旅 長野県佐久市〜健康長寿の里の夏バテ防止ご飯

放送日 2018年7月23日(月) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

本日の昼めし旅は長野・佐久市と福井・鯖江市でご飯調査。

キーワード
佐久市(長野)
鯖江市(福井)

長野県 佐久市 (バラエティ/情報)
11:43~

世界ソフトボールの番組宣伝。

本日の舞台は、長野・佐久市。千曲川が流れ、四方を山に囲まれた自然豊かな街。長野県は信州味噌が名物。佐久市の安養寺に伝えられた味噌が発祥と言われ、地元では安養寺ら~めんが大人気。

具志堅用高が訪れたのは、成田山薬師寺。山門前のぴんころ地蔵が有名で、年間約3万人が訪れる。具志堅も健康長寿を祈願した。

キーワード
信州味噌
安養寺ら~めん
成田山薬師寺
ぴんころ地蔵
佐久市(長野)
千曲川

長野県 佐久市 (バラエティ/情報)
11:48~

生まれも育ちも長野だという市川章人さんに、お昼ご飯を見せてもらうよう交渉し、交渉成立した。

世界ソフトボールの番組宣伝。

市川さんのお店は創業100年の魚甲本店。奥様・幸子さんと4代目の息子・正人さんと営んでいる。佐久市は日本有数の養殖鯉の産地で、佐久鯉は千曲川の水を活用する流水養殖で育つため、臭みがなく引き締まった身が特徴。幸子さんは、鯉のアラを使った味噌汁「アラこく」を作った。メニューは、佐久鯉のあらい、佐久鯉のアラこくなど。具志堅さんもいただいた。鯉は臭みがないため、わさび醤油で食べるのがオススメだという。

具志堅さんはサンプルーンとリンゴの農家を訪れた。サンプルーンの収穫は9月で、今は間引き作業を時間をかけて行う。この日訪れた畑の他に、まだ2つの畑があるという。具志堅さんはご飯交渉の前にお手伝いした。交渉したところ、あっさり交渉成立だった。

土屋和雄さんのお宅へ行くと、長男の妻・恵子さんが出迎え、ご飯を調理した。皮をむいたイカを茹でて塩漬けにした塩丸イカで酢の物を作る。また、夏野菜を使った一品では、ナスを冷めないうちに酢につけると色落ち効果があるという。具志堅さんもいただき、ご飯を見せていただいたお礼に、番組特製の箸をプレゼントした。

キーワード
佐久市(長野)
魚甲本店
千曲川
佐久鯉のあらい
佐久鯉
佐久鯉のアラこく
カレーライス
ウインナー入りサラダ
サンプルーン
塩丸イカとキュウリの酢の物
夏野菜のマリネ
からあげ
キュウリの粕もみ
レタスとトマトのサラダ
信州味噌

福井県 鯖江市 (バラエティ/情報)
12:08~

福井・鯖江市でご飯調査。鯖江市の名物はメガネ。福井県はメガネフレームの国内シェアが90%以上で、その中心を担っているのが鯖江市。約100年前から製造が始まった。

鯖江市でご飯調査スタート。のどかな道を歩いていると、早速人を発見した。

ウドちゃん!ご飯交渉大苦戦!?

キーワード
鯖江市(福井)
メガネ

福井県 鯖江市 (バラエティ/情報)
12:12~

家に帰ったばかりの三上かほるさんのお宅を訪問。ご飯交渉は失敗したが、三上さんの叩く近くのスバル食品でお弁当を食べている人がいるかもしれないとの情報を得て、スバル食品に向かった。

スバル食品を訪れ、撮影許可をもらい、早速ご飯交渉した。交渉は成立。スバル食品は病院給食や仕出し弁当の製造・配達を行っている。社員のお昼ご飯の席にお邪魔させてもらった。この日のお弁当は3種類。会社で作ったお弁当の中から選び、普段から味見も兼ねて食べているという。酢鶏や若竹煮などおかずの種類も豊富。ウドちゃんもお弁当をいただいた。

キーワード
鯖江市(福井)
スバル食品
福井市(福井)
酢鶏
サンマのフライ
アスパラとチーズのマヨネーズ和え
若竹煮

埼玉県 東秩父村 (バラエティ/情報)
12:17~

埼玉・東秩父村でご飯調査・人口約3000人、埼玉県唯一の村。この村は1300年の歴史を誇る細川紙の産地。細川紙は2014年にユネスコ無形文化遺産に登録された。また、村の約8割が山で、水が綺麗なのが特徴。イワナの塩焼きが村の名物。

畑作業をしている86歳の江原仁三郎さんに出会い、ちょうど来ていた三男の功満さんに話を聞いた。三人兄弟は公務員で、現在、仁三郎さんは一人暮らしだという。仁三郎さんは細川紙の職員として養蚕業をしていたという。お昼ご飯は済んだようだった。

キーワード
細川紙
ユネスコ無形文化遺産
イワナの塩焼き
東秩父村(埼玉)

埼玉県 東秩父村 (バラエティ/情報)
12:26~

江原仁三郎さんにご飯交渉したところ、お昼は済んでいたがご厚意でお茶をいただくことに。

江原仁三郎さんにお茶をいただく小川ディレクターは、亡くなった奥様・江原マスエさんについて聞いた。仁三郎さんは、料理したり仕事したり子供を育てたり立派だったと語り、感謝の言葉を口にした。また、人生はあっという間だと話した。

東秩父村でご飯調査していると、2人の主婦に出会った。ご飯交渉を受け、ご主人からOKをもらった西直子さんの車に道場させてもらってお宅へ向かった。現在、息子さん2人との4人暮らしだという。ご主人の一美さんは、現在、東秩父村の小学校で校務員の仕事をしていると話した。また、会社の先輩の紹介で奥さんと結婚したと聞いた。

西さん宅の晩御飯を見せてもらった。「カボチャの煮物」「ナスとインゲンの味噌炒め」「ズッキーニと牛肉の炒め物」の3品。ズッキーニなどの野菜はすべて地元産というのがこだわり。奥様は7年間、晩御飯を食べない生活を送っているので、食べるのはご主人だけという。撮影後、すぐ戻るスタッフのために、奥様は車で駅まで送ってくれた。

キーワード
東秩父村(埼玉)
江原マスエさん
ズッキーニ
ナス
インゲン
牛肉
ズッキーニと牛肉の炒め物
ナスとインゲンの味噌炒め
カボチャの煮物
  1. 前回の放送
  2. 7月23日 放送
  3. 次回の放送