昼めし旅 秘境駅の旅!天空茶畑(秘)すいとん&超お宝発見!?義経の書

『昼めし旅 〜あなたのご飯見せてください!〜』(ひるめしたび 〜あなたのごはんみせてください!〜)は、テレビ東京で2014年5月19日から平日昼に放送されている情報旅番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年6月7日(木) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

秘境駅 中井侍でご飯調査!

キーワード
中井侍

長野県天龍村 (バラエティ/情報)
11:43~

今回の昼めし旅は東海道新幹線・東京駅から1時間半、豊橋駅へ。さらに3時間かけてやってきたのは中井侍駅。長野県・天龍村にある日本有数の秘境駅。山間にあるこの駅は駅前にロータリなどはない。

「緑茶カフェ 茶むらい」を発見。しかし応答がなかったため先に進む。

秘境の地は坂だらけ…。

キーワード
東海道新幹線
東京駅
豊橋駅
飯田線
天龍村(長野)
中井侍駅
大龍村(長野)
緑茶カフェ 茶むらい
茶畑

長野県天龍村 (バラエティ/情報)
11:49~

福田さんがいるのが駅から上り坂を歩いて15分の場所。坂の上にある茶畑へ。人を発見。茶畑から下りてきたお母さん、ご飯の支度をしないといけないという。アルバイトさんが15,6人分。ここで「あなたのご飯を見せて下さい」、交渉成立。

福田さんはお茶畑でお手伝い。あまり中に入ると蛇がいると原田さん。畑に原田英幸さんに教えてもらいながらお茶摘みを体験。駅から畑まで高低差200mあるそう。一芯三葉でお茶を摘んでいく。中井侍銘茶は高級茶、収穫量が少なく、貴重品となっている。現在のお茶農家は17件で年間1500キロを出荷している。原田さんの家ではこの時期アルバイトに来てもらっているそう。午前11時、お母さんは15人分のアルバイトのためにご飯作り。本日のお昼は鶏肉のすいとん。すいとんは粉から作っていた。お茶摘みを体験した福田さん、今度はお母さんのお手伝いへ。作業を終え、原さんのうちに集合。福田さんの一緒にご飯。

天龍村は昭和30年頃、養蚕業が盛んだったが衰退。その後、お茶の栽培が始まった。現在21世帯のうち、17世帯がお茶の栽培をしている。今年のお茶は美味しいとのことだった。

引き続き秘境駅「中井侍駅」でご飯調査。先ほどの茶畑からさらに30分山奥へ。福田彩乃さんはこのあたりで一番高いところに住んでる方のお宅へ向かった。男性がいたので声をかけた。男性の奥様は介護施設に入っているという。男性が住んでる家は築800年で、源義経が殿様に書いたものがあると話す。

代々伝わるお宝!?カラオケ大会開催!

キーワード
大龍村(長野)
茶畑
中井侍銘茶
鶏肉のすいとん
大根の漬物
鯖のマリネ
天龍村(長野)
中井侍駅
源義経
東京都

長野県天龍村 (バラエティ/情報)
12:07~

長野県天龍村にある秘境駅「中井侍」でご飯調査。築800年という大平さん(90歳)のお宅へお邪魔した。先祖代々受け継ぐ家宝を拝見。この書物は昔から義経が先祖に送ったものと言い伝えられているが、鑑定してもらったことはないそう。大平さんの趣味はカラオケで福田さんとカラオケ大会を行った。2人は♪「ふたりの大阪」を歌った。お父さんお一人で暮らしてるそうで、迷惑がかかる前においとました。

福田彩乃さんは家を見つけ次第訪問することにした。何軒か訪問しご飯調査を依頼するもなかなかうまくいかない。駅に行ってみるが誰も電車に乗っていない。午後8時、電気がついてる家を発見し訪ねた。ここはカフェにする予定で、中にいた女性はすでにご飯を食べたとのことだが、残ってるご飯を見せてもらうことになった。

古民家を利用したゲストハウス満月屋。この時期はお茶摘みでアルバイトの人がよく泊まるそう。今後カフェをオープン予定。あたりにお店はなく地元の人の憩いの場になればと思ってるそう。村澤さんの晩ごはんを福田彩乃さんが頂いた。村澤さんは大学時代、天龍村を観光。その時村の人の温かさにふれ2年前に移住。そして、地域おこし協力隊に参加。天龍村のPR活動を行っていた。村澤さんは「村の人に惹かれて本当にきたって感じ」などと話した。結婚式も村で行い、ご飯を見せてもらった原田さんらの協力で200人分のご飯を用意したそう。ご主人の雄大さんも飯田市からきた移住者。地域おこし協力隊の先輩でともに活動していた。去年行われた結婚式には村の人が200人もかけつけ若い二人を祝ってくれたそう。

キーワード
天龍村(長野)
ふたりの大阪
ゲストハウス 満月屋
中井侍
源義経
地域おこし協力隊
チンゲンサイ
モヤシ
大豆
宮城県
飯田市(長野)
鹿
風邪

群馬県みどり市 (バラエティ/情報)
12:21~

続いてやってきたのは群馬県みどり市。ここに一風変わった学校があるという。

田舎にある変わった学校!?

キーワード
みどり市(群馬)
渡良瀬渓谷

群馬県みどり市 (バラエティ/情報)
12:25~

群馬県みどり市。ここに変わった学校があると聞いてやってきた。お邪魔したのは2001年にNPO法人国際サーカス村協会が作った「沢入国際サーカス学校」。アクロバットを学ぶ学校とのこと。教えていたのは外国人の女性だった

沢入国際サーカス学校の入学資格は中学を卒業してから。学校の期間は4年間でサーカスに必要な基礎体力を身につけ、アクロバッティックな技を学ぶことができる。現在の生徒数は3人。講師は1人。その講師はウクライナ出身のティシェンコ・ナジェージダさん。生徒たちからは「ナージャ先生」と呼ばれている。かつて多いときで20人の生徒がいた。その卒業生の中には世界的に有名なサーカス団「ボリショイサーカス」に入団していた生徒や世界中から公演依頼のかかる人気大道芸人もいるそう。早速授業を拝見させてもらった。教えていたのは倒立。倒立はバランス感覚、筋力を鍛えるだけでなく、肩や手首の柔軟性も鍛えられるサーカスの基本トレーニング。個人練習をしていた21歳の町屋冴さんにお話を伺う。町屋さんはジャグリングを練習中だという。お手玉からはじめたというジャグリング。1年練習して最近ようやく4本回せるようになったという。19歳の杉山颯星さんもけん玉を使って個人練習をしていた。杉山さんにご飯調査を依頼。杉山さんは、同じく学校の生徒さんの目黒宏次郎さんと一緒に住んでいるという。交渉は成立した。目黒さんは自主練習で体育館に残るとのこと。

杉山さんの住む宿舎へ。サーカス学校の宿舎の家賃は1人1万円。昼ごはんづくりを拝見させていただく。杉山さんは親の仕送りで生活。野菜は値段が安くなったタイミングで買うようにしている。一緒に住む目黒さんも帰宅した。休日も自主練をするためバイトをする時間はないそう。2人の今日の昼ごはんは焼きうどんと鶏肉の野菜炒め。そんな2人の楽しみは学校へ来た公演依頼に出演すること。日頃鍛えたパフォーマンスを道の駅や地域のイベントで披露している。公演料やお客さんからのおひねりで生活も助かっているそう。

群馬県みどり市にあるサーカス学校。午後の授業も見学させていただく。講師のナージャ先生は23歳で世界アクロ体操選手権初優勝。3度世界チャンピオンを経験。ウクライナではキエフの国立大学でサーカスの講師を23年間勤めていた。ナージャ先生が側転を披露。そんなナージャ先生にご飯調査を依頼。家でバラを育てているとのことで、おじゃますることに。ナージャ先生は来日当初、英語も話せなかったそう。ナージャ先生宅におじゃますると、庭にはバラの他にもいちごや、北欧の魚料理に使われるハーブ「ディル」が育てられていた。ナージャ先生はディルを使った料理を作ってくれるそう。ナージャ先生が作ってくれたのはウクライナ料理の「ファルシロバヌペレツ(ピーマンの肉詰め)」。味付けは塩コショウのみで母親から教えてもらった思い出の味。先生はダイエット中ということでスタッフがいただいた。ナージャ先生は17年前、NPO法人国際サーカス村協会から声をかけられ、来日。 日本人のパフォーマーを育成し、日本のサーカスを盛り上げたいとサーカス学校を支えてきた。日本の好きなところは、ウクライナにはない色があるところだという。ナージャ先生は「桜がとてもキレイ。」等と話した。

キーワード
みどり市(群馬)
沢入国際サーカス学校
焼きうどん
鶏肉の野菜炒め
道の駅 川場田園プラザ
ファルシロヴァヌイペレツ
渡良瀬渓谷
国際サーカス村協会
ウクライナ
タカシェンカさん
ボリショイサーカス
サクノキさん
新潟県
静岡県
神奈川県
ラーメン
世界アクロ体操選手権
ディル
ピーマン
ニンジン
玉ねぎ
コショウ
キエフ(ウクライナ)
バラ
いちご
  1. 前回の放送
  2. 6月7日 放送
  3. 次回の放送