昼めし旅 淡路島…古民家の藍染め職人妻!豪快!薪ストーブ(秘)鍋▽オープンガーデン

放送日 2018年5月18日(金) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

オープニング映像。今回は淡路島で昼めし旅を行う。

キーワード
淡路島

淡路島 (バラエティ/情報)
11:43~

全仏オープンテニスの番組宣伝。

今回の昼めし旅は淡路島が舞台、カーネーションの栽培が最盛期を迎えている。

℃-uteの元メンバー岡井千聖が淡路島で昼めし旅を行う。まずは現地民を発見、カーネーションが盛んということでどこで見られるのか伺った。

キーワード
明石海峡大橋
淡路島
カーネーション
℃-ute

淡路島 (バラエティ/情報)
11:48~

全仏オープンテニスの番組宣伝。

淡路島でカーネション農家のご飯調査。岡井千聖が出会ったのは毒舌な農家さん、収穫したての玉ねぎをプレゼントしてくれた。生のままでも食べることができ、甘みが強いという。続いてくれたのはレタス、そのまままるかじりした。

岡井千聖が発見したのはカーネーション畑。栽培している久留間弘さんに伺うと、今の時期は母の日に合わせて多めにつくっているという。

岡井千聖が久留間弘さんのカーネション畑を見学。温室で育てており、今の時期は1日も休む暇がないという。花を選別している作業も見学、7000本ものカーネションを3人で選別してるという。お昼ご飯を見せてもらうようお願いするもNG。

岡井千聖は山の中を1時間以上あるき、イチゴ農家を発見。知り合いのカーネション農家に連絡をとってもらい、更にイチゴの「紅ほっぺ」や「やよいひめ」も食べさせてもらった。連絡をとってもらうも忙しくNGが多かった。

イチゴ農家の人たちはカーネーション農家の岡松つや子さんを紹介してくれた。つや子さんは現在86歳、娘・栄子さんと2人で毎朝収穫をしているという。ここでご飯を見せてもらうようお願いするもNGだった。

岡井千聖はカーネーション農家を諦めて町へ向かった。時刻は夕方5時、発見したのは藍染を行っている職人さんを発見。

岡井千聖が出会ったのは藍染め職人の根岸誠一さんご夫婦。岡井も藍染を体験、液の中で最低30分ほど揉み込み、これを8回ほど行うのだという。最初は黒緑だが、水であらうことで藍色になる。昔ながらの製法で化学薬品は一切使っておらず、島の外から買いに来てくれるお客さんもいる。ご夫婦は2013年に大阪から移住、半年ほど修行したのちギャラリーを兼ねた工房で藍染を開始した。ご飯を見せてもらうようお願いすると交渉成立。

このあと、薪ストーブで料理!一体何が!?

キーワード
淡路島
玉ねぎ
レタス
カーネーション
母の日
紅ほっぺ
やよいひめ
藍染め
クッション
Tシャツ
帽子

淡路島 (バラエティ/情報)
12:14~

全仏オープンテニスの番組宣伝。

淡路島で藍染めをしている根岸さんの晩御飯を拝見。岡井千聖もお手伝い、今夜のメニューはパエリアだった。出汁はご主人の手作り、火は薪ストーブの上でかけた。具材は全て淡路島産。お米は精米するときに3分だけ残しているため、粘りが少なくパエリアにぴったりだという。

キーワード
淡路島
藍染め
島のめぐみ 和風パエリア

神奈川県 横浜市 (バラエティ/情報)
12:20~

横浜市・港北区の高級住宅地ご飯調査。ここに暮らしているのが庭園デザイナー、オープンガーデンだという。

オープンガーデンは個人宅の庭を解放し、一般の方に花や散策を楽しんでもらう港北区のイベント。今年は47軒の個人宅が参加している。その中の1人が小泉清美さん、マーガレットのチェルシーガールやブルーサルビアのファリナセア、サフィニアなどを植えている。庭の広さは300平方メートル、8年前にガーディニングをはじめた。

このあと、庭園デザイナーが造る驚きの庭とは!?

キーワード
港北区(神奈川)
オープンガーデン
チェルシーガール
ファリナセア
サフィニア

神奈川県 横浜市 (バラエティ/情報)
12:27~

小泉清美さん宅のオープンガーデンを見せてもらう。今の季節はピンクのバラが映えるよう、センターには派手な花を植えないようにし周りの小道を小さな花で彩っている。ご飯を見せてもらうようお願いしたが、全に食べ終えた後だった。

全仏オープンテニスの番組宣伝。

港北区でご飯調査。新たなオープンガーデンを発見、城田育男さん・美代子さん夫婦のお宅で横浜市で推奨しているハマミライや黒ボウシ、ウチワサボテンなどを植えていた。ご夫婦が育てる鉢植えは約350、最初は奥様が1人で庭造りをしていたがオープンガーデンをきっかけにご主人も手伝ってくれるようになった。

ご飯を見せてもらうようお願いし、交渉成立。城田さんご夫婦は同じ鉄道会社に勤務、ご主人は18年目前に定年、現在は町内会の活動を行っている。この日の昼ごはんは見た目華やか、「タケノコとフキの煮物」や「キュウリの中華風漬け物」などが並んだ。夫婦は今年で金婚式、50年続けられた秘訣について「ある程度のところでお互い妥協すること」と話してくれた。

キーワード
港北区(神奈川)
オープンガーデン
ピエール・ド・ロンサール
ハマミライ
黒ボウシ
ウチワサボテン
シラン
タケノコとフキの煮物
キュウリの中華風漬け物
金婚式

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月18日 放送
  3. 次回の放送