昼めし旅 冬の奥会津…豪雪の町(秘)ご長寿鍋▽大阪いま話題恋みくじ女子会めし

『昼めし旅 〜あなたのご飯見せてください!〜』(ひるめしたび 〜あなたのごはんみせてください!〜)は、テレビ東京で2014年5月19日から平日昼に放送されている情報旅番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年1月26日(金) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

「特別豪雪地帯 福島県三島町でご飯調査」「大阪府松原市 女性に大人気のおみくじとは!?」など今回の放映内容を伝えた。

キーワード
三島町(福島)
松原市(大阪)
特別豪雪地帯

福島県・三島町 (バラエティ/情報)
11:43~

このあと…「超高額なバッグが登場!」

奥会津と呼ばれる地域にある福島県・三島町は夏場は緑豊かな町、冬場は特別豪雪地帯として知られ、「日本で最も美しい村」連合にその名を連ねている。今回はライセンスの藤原一裕が冬場の三島町でお昼調査をする。

福島県三島町では平成24年、まちづくりの一環として、通りにならぶ商店に屋号をつけた。取材に応じた女性の家では、江戸時代の先祖の頭文字をとって「マルサ」という屋号をかかかげている。

キーワード
三島町(福島)
特別豪雪地帯
奥会津(福島)
屋号

福島県・三島町 (バラエティ/情報)
11:49~

三島町の伝統工芸に「奥会津編み組細工」がある。アケビや山ぶどうなど山で採取した士植物の皮や蔓を手で編んでゆく工芸品で、その由緒は縄文時代にまで遡る。三島町ではもともと農閑期の仕事としてこの奥会津編み組細工を作っていたが、昭和47年から特産物にしようと町を上げてその技術の指導・普及につとめるようになり、平成15年にはその取り組みが認められ「伝統的工芸品」に指定された。過去には皇后さまや雅子さまがお求めになられたこともある。値段は3万円からとのこと。「奥会津編み組細工」を売るお店の方に、間方という地区に編み組細工の職人がいると教えてもらった藤原は、その足で早速向かうことにした。道中には50cmもの積雪があったが、これでも例年の4分の1ほどだという。間方へ向かう途中、山懐の村特有の長閑で悠然とした景色を目にした藤原は「日本昔話ばなしみたいだ」とコメントした。

間方地区に入った藤原は、厳寒の軒先に白菜を置く家を見て「都会じゃ考えられない」と驚いた。

藤原は、奥会津編み組細工の職人・菅家藤一さんが作業を行う「工房 間方ものづくり」を訪れた。この工房では、山ぶどうの蔓などを使い、2本飛ばしては2本引き上げる「網代編み」と呼ばれる昔ながらの技法を使った工芸品を作っている。職人として独り立ちするためには早くても5年かかるという。試しに軽く編ませてもらった藤原は「これを毎日続けるのは大変」とコメントした。材料となる木の皮は6月下旬から7月にかけて山で採り、乾燥させてから真っ直ぐに伸ばしつつ裁断する。山奥に自生する山ぶどうの皮は、一度剥がすともとに戻るまで15年かかるため年々材料が希少になっている。藤家さんはこれまで「山ぶどうバッグ」や「ヒロロバッグ」など200点近くを編み、中には15万円もの値がついたものもあるという。藤家さんは夏は農家、冬は編み組細工をしながら熊撃ちのマタギをして暮らしている。藤原は藤家さんにお昼調査を持ちかけ、見せてもらえることになった。お昼はカップラーメンなど日によって様々だが、きょうは奥さんが手によりをかけ作ってくれるそう。

このあと…「95歳伝統工芸士にすごいプレゼント!」

ご飯を見せてくれるのは菅家藤一さん。元々は町職員だったが編み組細工に関わる部署に配属されたことで作り方を覚え、5年前の定年から本腰をいれるようになった。本日のお昼ごはんは自家製の味噌汁や「いかにんじん」、自家製のたくあんなど。昔は雪中納豆も作っていたのだという。

AD山崎が福島県・三島町でご飯調査を行う。日没時に発見したのは五十嵐純子さん、薪運びをお手伝いしご飯を見せてもらうことに。

五十嵐純子さんに話を伺う。家の裏で自家用の野菜を作っており、おじいちゃんは職人だった頃の経験を活かして編み組細工を作っている。平成17年には国が認める編み組細工の伝統工芸士に認定された。

キーワード
奥会津編み組細工
三島町(福島)
山ぶどう
アケビ
伝統的工芸品
皇后さま
雅子さま
山ぶどうバッグ
白菜
間方地区(福島)
工房 間方ものづくり
ヒロロバッグ
マタギ
伝統工芸士
雪中納豆
たくあん
いかにんじん
味噌汁
編み組細工

福島県・三島町 (バラエティ/情報)
12:13~

福島・三島町でご飯調査。五十嵐純子さんが夕ご飯を準備、鍋に野菜と豆腐をたっぷりと入れていた。三島町は大豆が名産、豆腐作りが盛んだったこともあり冬至には豆腐を食べる週間があった。完成したのはタラ鍋、一杯やりながら味わった。冬至では豆腐と一緒にとろろを食べるのが伝統なのだという。おじいちゃんが大好きなのが「菊の酢漬」と「ミョウガの酢漬」、雪が降るまえに沢山漬けて保存している。実はおじいちゃんは平成17年に瑞宝単光章を受賞、皇居で勲章を授与された。

キーワード
三島町(福島)
編み組細工
伝統工芸士
冬至
タラ鍋
とろろ
豆腐
菊の酢漬
ミョウガの酢漬
瑞宝単光章
皇居

大阪府・松原市 (バラエティ/情報)
12:17~

このあと…「結婚を控えた二女に衝撃の結果が!?」

大阪府・松原市で昼めし旅を行う。この地域では女性に人気の”おみくじ”がある。

大阪・松原市にある「布忍神社」には女性に人気の”おみくじ”がある。それが「恋みくじ」、32歳独身の男性ディレクターが引くと「自分良ければすべてよし。」と書かれていた。1日に100人以上が引きにくることもあるという。

布忍神社でご飯調査開始。発見したのは奥様3人組、「悪いけど恋は逃さん。」などの恋みくじをひいていた。続いて6人家族に話を伺うと、交際2年の彼氏がいるという三女は「撤収。」と書かれたみくじをひいていた。

キーワード
結婚
布忍神社
松原市(大阪)
おみくじ
恋みくじ

大阪府・松原市 (バラエティ/情報)
12:27~

布忍神社で恋みくじを引いた家族のご飯調査。今年結婚予定の二女は「心にいつもすきま風。」、結婚23年のお父さんは「恋は速攻」などのみくじをひいた。続いて若いグループを発見、交際1年の彼氏がいる彼女は「撤収。」と書かれていた。これらの言葉は現代作家アーティストのイチハラヒロコさんが考えたもので、全部で36種類ある。

布忍神社で発見した若いグループは大阪芸術大学に通う5人組。その中で松村菜奈子さんのお宅でご飯を見せてもらうことになった。到着するなり急いで片付け、部屋にあがらせてもらった。キッチンにたったのはお友達、親の料理を見て覚えたのだという。部屋では「たこ焼き」作りを開始、月に3回ペースでタコ焼きパーティを行っている。タコ以外にもチーズやウインナーなど様々な具材をいれて味わった。実は昨日も深夜3時までたこ焼きパーティを行なっていたのだと明かしてくれた。

キーワード
松原市(大阪)
布忍神社
恋みくじ
イチハラヒロコ
大阪芸術大学
たこ焼き

昼めし旅×Tastemade (普遍情報)
12:38~

昼めし旅×Tastemade、本日は「コロコロ大学いも」を紹介。茹でたさつまいもを潰し、片栗粉と牛乳を入れて滑らかになるまで混ぜる。手のひらで1口サイズに丸めて油で揚げる。醤油ベースの甘辛ダレをかければ完成。詳しいレシピは「昼めし旅」で検索。

キーワード
Tastemade
コロコロ大学いも
さつまいも
昼めし旅
片栗粉
牛乳
  1. 前回の放送
  2. 1月26日 放送
  3. 次回の放送