昼めし旅 島根県松江市…広々混浴!美肌の湯▽栃木県…超高級黒毛和牛の里へ

放送日 2017年2月8日(水) 11:50~12:55
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:50~

きょうは島根県松江市の玉造温泉で昼めし旅。

キーワード
玉造温泉
松江市(島根)

島根県・松江市 (バラエティ/情報)
11:52~

松江の奥座敷と呼ばれる玉造温泉。玉造という地名の由来は弥生時代から勾玉の原料「メノウ」の産地だったこと。かつて皇室にも献上されたという勾玉は町の名産品となっている。また、最近では地元の食材で作ったスイーツや、温泉水を使ったスキンケア商品などが注目を集め、隣町の出雲大社の参拝後に訪れる女性が多いと言う。玉造温泉でご飯調査をするのは蛭子能収さん。老舗旅館・長楽園にある120坪を誇る露天風呂に浸かった蛭子さんは「疲れがドンドンとんでいきそうなお風呂」などとコメントした。

最初に訪れたのは地元のデザイナーが手掛けたキャラクターグッズを扱うお土産屋さん。蛭子さんが気になった「しじみサイダー」は売り切れだという。お店の方にご飯交渉したがすでに食べた後だった。のどぐろTシャツを購入した蛭子さんは着替え、同じTシャツに着替えた店員さんと3人で写真撮影をした。

蛭子さんはお店の外で地元の女性に声をかけられ3人で写真撮影をした。友達が働いているスイーツのお店に向かう2人と一緒にお店に向かった。地元で評判のスイーツ店アイスころっとでアイスやワッフル状に焼いたお餅をおしるこでいただく「縁結びぜんざい」を注文。2人がおすすめの無料の足湯で「縁結びぜんざい」を食べた蛭子さんは「ぜんざいの汁が甘い」などとコメントした。スイーツ店店員の池田さんにご飯交渉し成立。

約束の時間までご飯調査を続行。温泉街にある蕎麦cafe もなてしおに立ち寄った蛭子さん。島根県を代表するグルメ・出雲そば。殻が付いたまま製粉するので色が濃く香りが強いのが特徴。独学で勉強したご主人が毎朝そばを打っている。出雲そばを食べた蛭子さんは「すごいしっかりしたそば」とコメント。お店の方にご飯交渉し成立した。

このあと 手打ちそばをフライパンに!?/すぐ作れる!簡単創作そばレシピを公開!/あの有名人の奥様も来店!鮮魚店でご飯調査

キーワード
玉造温泉
松江市(島根)
メノウ
いずもまがたまの里伝承館
勾玉
リ フロマージュ
美肌研究所 姫ラボ
出雲大社
長楽園
よけいなお世話
しじみサイダー
のどぐろTシャツ
アイスころっと
縁結びぜんざい
蕎麦cafe もなてしお
出雲そば

島根県・松江市 (バラエティ/情報)
12:06~

温泉街にある蕎麦cafe もなてしおでご飯を拝見。ご主人は意外な食材を使った創作そば料理を作るのが好きでまかないからメニューになったものも多いという。ご主人が創作そばまかないのレシピを紹介。油をひいたフライパンで鶏もも肉とタマネギを下味をつけずに炒める。程よく火が通ったら茹でて氷水でしめたそばを加え炒める。そばは炒めて油が絡まるとのびにくくなるという。焼きそばソースで味付けし、海苔を乗せたら「出雲そばの焼きそば」の完成。奥様はサラダ風そばのレシピを紹介。氷水でしめたそばの上にレタスやトマトを盛り付け自家製のごまドレッシングをかけたら完成。「出雲そばの焼きそば」を試食させてもらった蛭子さんは「洋食、パスタっぽい」などとコメントした。お店の名前についてはおもてなしという言葉を並び替えた。ネットで検索してもウチのお店しか出てこない。結婚することになったきっかけは以前勤めていた職場で知り合ったが出会った頃から惹かれ合ったわけではなかったなどと話した。

引き続き玉造温泉周辺でご飯調査。道路を挟んで2つの店を営む松浦鮮魚店は玉造温泉の旅館などに今が旬の松葉ガニや魚介類を卸すほか、おみやげの発送などを行っている。太川陽介さんの奥様・藤吉久美子さんも来店するという。蛭子さんは松葉ガニを見せてもらった。カゴ漁によってカニを傷つけず甲羅の中に砂が入ることも防げる。お店の方にご飯交渉し成立した。

このあと 日本海の恵みたっぷり!鮮魚店のまかないご飯/蛭子さんが女子会で丸秘プレゼント!

キーワード
玉造温泉
松江市(島根)
蕎麦cafe もなてしお
あぶりチーズそば
タマネギ
レタス
トマト
鶏もも肉
出雲そばの焼きそば
松葉ガニ
境港
松浦鮮魚店
太川陽介さん
藤吉久美子さん
カゴ漁
鳥取県

島根県・松江市 (バラエティ/情報)
12:19~

島根・松江市の玉造温泉の創業60年の「松浦鮮魚店」で昼飯をいただく。会長は余ったタイとネギでタイのあら汁を作ってくれた。さらに、エテカレイの干物、サバのフライ、かぼちゃの煮物、大根の青菜漬を用意してた。蛭子さんはご厚意でタイのあら汁を頂いた。蛭子さんの父と兄も漁師だったと話した。

すっかり日も暮れ、日中に温泉街で出会った女性グループのご飯を拝見しに向かった。この日は寒かったため、もやし・キャベツ・ニンジン・大根・ニラなどが入ったみそモツ鍋を頂いた。蛭子さんは女性グループから「どんな漫画を描いているんですか?」と聞かれると、「コンビニの端っこにあるやつ」と答えた。最後に蛭子さんはみんなの似顔絵を描いてあげた。

キーワード
玉造温泉
松葉ガニ
松浦鮮魚店
ネギ
大根
タイ
エテカレイ
サバ
あら汁
松江市(島根)
もやし
キャベツ
ニンジン
ニラ
モツ

栃木県・大田原市 (バラエティ/情報)
12:28~

栃木県・大田原市では名物・大田原牛のほか、唐辛子を使った鶏の唐揚げや激辛ラーメンなどでも町興しが行われている。

栃木県・大田原市でさっそく調査を開始すると、見るからに立派な大田原牛のお店「大田原 牛超 本店」を発見した。最も高い部位は時価で、150g10万円で売られていた。大田原牛は指定の農場で育てられ、お店ではエサ・血統などにこだわったA5ランクの牛肉のみを扱っているとのこと。店内にはレストランスペースもあった。

このあと 大田原牛たっぷり!超贅沢まかない!!

キーワード
大田原牛
唐辛子
鶏のからあげ
ラーメン
大田原市(栃木)
那珂川
大田原牛超 本店
ロースステーキ
シャトーブリアン
【特上】ロースステーキ

栃木県・大田原市 (バラエティ/情報)
12:35~

地元産唐辛子製品を作る工場に潜入。大田原は古くから唐辛子が有名だが、輸入物に押されがち。吉岡食品工業は創業66年、製品を作って販売も行っている。年間10tの大田原産唐辛子が集まる。

真っ赤に輝く大田原産唐辛子の魅力とは!?

栃木県・大田原市の「大田原 牛超 本店」のまかないを見せてもらう。まかないにはA5ランクの大田原牛の中落ちを使っており、ニンジン・タマネギを炒めて市販のルー、ガラムマサラ、カレー粉、隠し味に砂糖を入れてカレーが完成した。大田原牛を作り上げたのは社長さんご夫婦で、約30年前に牧場を始め、エサ・血統を研究したという。現在は店の経営に専念しているとのこと。

キーワード
吉岡食品工業
べにいろとうがらし
大田原 牛超 本店
大田原牛
ニンジン
タマネギ
ガラムマサラ
カレー粉
カレー
大田原市(栃木)

栃木県・大田原市 (バラエティ/情報)
12:44~

吉岡食品工業の倉庫には2tの唐辛子が保存されている。1ケース90kg入っている。全体で10tくらいの唐辛子が生産されているが、今後50t100tにも増やしたいという。栃木三鷹という品種は辛味が強く香り良く真っ赤なのが特徴。40年ほど前は倉庫に入り切らないほどの生産量を誇っていたが、今では100分の1にまで減少。今回は従業員が昼食をとる食堂へ。つまんで食べられるように葉唐辛子という煮物も置いてある。たまたま出前の人が多かったが、25年連れ添った奥さんが作ったお弁当を食べている人も。ほかに自社の唐辛子をつかっているお弁当の人もいた。葉唐辛子は独特のおいしさがあるという。社長さんは優しくて従業員をよく考えてくれると評価されていた。かつては唐辛子の海外輸出が主な業務だったという。日本の唐辛子は品質がよく見直されていると語った。

キーワード
吉岡食品工業
栃木三鷹

昼めしキッチン × Tastemade (普遍情報)
12:49~

3種のスティックピザを紹介。春巻の皮にトマトソースを伸ばし、1cm角のモッツァレラチーズに半分に切ったミニトマトとバジルを乗せ、ニンニクのみじん切りをちらし、水でといた小麦粉をのりにまいてマルゲリータは完成。コーンマヨはケチャップとマヨネーズを伸ばし、ウインナーを並べコーンとピーマンの輪切りを乗せ巻く。照り焼きチキンはマヨネーズを伸ばし大葉を乗せ白髪ネギと缶詰の焼鳥とミックスチーズを乗せて巻く。深さ1cmほどの油で揚げ焼きにして完成。

昼めし旅 きょうのレシピはこちら

キーワード
ミニトマト
バジル
にんにく
ピーマン
大葉
ねぎ
ベーコン
昼めし旅

エンディング (その他)
12:54~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 2月8日 放送
  3. 次回の放送