昼めし旅 愛媛【150人料理長トロうま(秘)角煮】&兵庫【カキ香草焼】

放送日 2017年1月30日(月) 11:50~12:55
放送局 テレビ東京

番組概要

愛媛県松山市・中島 (バラエティ/情報)
11:51~

早速ご飯調査スタート。歩いていくと、鶏を飼っているという女性に遭遇。昼めしをお願いするも、交渉失敗。するとご厚意で卵と裏でつくっているみかんとレモンをもらった。隣の奥さんに頼もうと、歩く道中でみかんを食べるジミーさんだが、そのまま皮ごと食べていた。子どもの頃から祖母の教えで皮ごと食べるという。

紹介して頂くお宅に到着。ご夫婦で出迎えてもらい、交渉してみると今支度しているからということで無事交渉成立した。ご飯は料理好きのご主人が作るという。

きょうの昼めし旅の旅人はジミー大西さん。場所は愛媛県松山市・中島。島民役2700人の忽那諸島最大の有人島となっている。地元のグルメで有名なのは新鮮な鯛の刺身を使った一品で、醤油ベースのタレに生卵を入れ、そこに鯛と海藻を入れて、あつあつのご飯の上に乗せて食べる“ひゅうが飯”。そして、松山出身の文豪・正岡子規が愛した郷土食の“松山鮓”。めでたい席での定番料理だという。

ご主人に話を聞くと、今から知人がやってくるので前もって準備などをしているという。実はご主人は和食を営んでいた料理人で、奥様は女将さんだったという。最盛期には6店舗を経営し、約150人を束ねる料理長だった。ご主人の料理を求めて有名人も来ていたという。現在は息子たちに店を任せ、夫婦でゆっくりと中島で生活している。晩御飯用につくったというタンシチューをご厚意で頂いた。そして友人の方も到着した。

きょうの小坂家のお昼ごはんは、豚の角煮(カレー風味)、数の子の松前漬け、もずく酢、チンゲン菜のスープ。話を聞くと、ご主人は前から料理を作ってくれていたわけでなく、島に移住してからだという。

移住したのは7年前。あえて知らない場所に来たのは理由があり、奥さんは、今までとても忙しすぎて、寝る時間も少なく。知らない方の中にいたほうが良いと話した。島の方はとても優しく、おいしいミカンを届けてくださいますと話していた。

ジミーちゃんがなぜか息切れ!一体何が起きた!?

キーワード
松山鮓
ひゅうが飯
松山市(愛媛)
正岡子規
せとか
中島(愛媛)
加山雄三
チンゲン菜
ショウガ
豚肉
タンシチュー
ブイヨン
エノキダケ
豚の角煮(カレー風味)
数の子の松前漬け
チンゲン菜のスープ
もずく酢
レモン
みかん

愛媛県松山市・中島 (バラエティ/情報)
12:09~

海岸線を歩いて行くジミーさん。すると段々畑を発見し坂道を歩いて行く。農家の男性を発見し、歩いて行ったが、あまりの坂道に息切れが激しい。ここはいよかんの段々畑で、中島ではみかんやデコポン、レモンなどの栽培が盛んで、柑橘類の島と呼ばれるほど。潮風の瀬戸内海の潮風があたることで水分が凝縮し、1~2℃ほど糖度が増すという。今、シーズンを迎えるいよかんは糖度12℃以上もある。いよかんも皮ごと食べるジミーさん。交渉は断られるも、いよかんをもらっていった。

調査を再開すると、松山北高等学校に到着。校門まで来てくれた高校生と話をしていると、事務員の女性とその次女の娘さんが登場。ご飯を見せてえるか交渉すると交渉成立した。

ご自宅に到着すると、ご主人とその母が出迎えてくれた。するとさらにいよかんをもらってしまった。今回、お邪魔する小立家は柑橘農家。実は中島の9割の世帯が柑橘農家だという。小立家は5人家族だが、長男は松山市内の高校に通っているため、現在は4人暮らし。

きょうのご飯のメバルの煮つけ、ちくわの磯辺揚げを作っていた。そこに中学生の長女が帰って来て、ジミーさんが勉強を教える流れに。

なぜかジミーちゃんが答える側に!?おバカ解答連発!!

キーワード
段々畑
みかん
いよかん
デコポン
レモン
中島(愛媛)
瀬戸内海
松山北高等学校
メバルの煮つけ
ちくわの磯辺揚げ
メバル
しょうゆ
みりん
砂糖
ちくわ
青のり

愛媛県松山市・中島 (バラエティ/情報)
12:22~

柑橘農家の小立家でご飯調査。ご飯ができるまでの間、ジミーちゃんが臨時家庭教師を引き受けることとなった。「全国の海岸線を測量し、正確な日本地図をつくった人物」について問題をだすも、小学5年生も習ってない子と一生懸命答え、ようやく正解を出した。

間でできた晩御飯、スバルの煮付け・ちくわの磯辺揚げ・アオリイカの刺身・漬物とほうれん草のおひたしなど計8品の食卓が並べられ、隣の住むおばちゃんも一緒に御飯を食べた。姉は来年は高校生になるが、松山でて松山北高等学校に進学しようとしているという。

娘の進路に父親が…

キーワード
中島(愛媛)
伊能忠敬
スバル
アオリイカ
スバルの煮付け
ちくわの磯辺揚げ
アオリイカの刺身
ほうれん草のおひたし
ほうれん草
松山北高等学校

愛媛県松山市・中島 (バラエティ/情報)
12:28~

小立家の長女は今年高校受験だが、どこに行くかについて聞くと「松山北高等学校」と答えた。15歳にして親と離れての生活することになってしまうが、少なくなる食卓に親心は長男が母親の親の所でお世話になった時1人が減り、2人が減ることにさみしいが子どもの成長が楽しみだと涙流し話してくれた。

キーワード
松山北高等学校
中島(愛媛)

兵庫県・赤穂市 (バラエティ/情報)
12:30~

続いてやってきたのは兵庫県・赤穂市。四方を山と海に囲まれた街で、あの有名な赤穂義士の故郷。大石内蔵助が生活していた屋敷跡などが残されており、吉良邸討ち入りの際に使われていた地図など遺品が残されている。そんな赤穂市を代表するのが“塩”。平安時代から1200年の歴史を持ち、『赤穂の塩』が知られている。そんな街のグルメといえば、『浜むし』。塩の塊をハンマーで叩くと中から鯛が出て来る。

坂本ディレクターが昼めし調査スタート。歩いていくと港を発見。看板によると牡蠣が有名なようだ。訪れたのは矢竹水産。代表の矢竹さんは養殖をしながら直売場で販売もしている。ここのは甘くて身が詰まっていた。その秘密は殻を削る作業。牡蠣は殻が削られることにより、身の危険を感じ、もう一度海に戻すとからの修復をするため栄養を溜め込むという。ご飯を見せてもらうか交渉をすると承諾してもらった。

お仕事が終わるのを待ち、ご自宅へお邪魔することに。奥様に出迎えていただき、キッチンに行ったところ、牡蠣料理を作ってもらうことに。

プリプリ!絶品牡蠣料理が登場!!濃厚な牡蠣の旨味に舌鼓!

キーワード
浜むし
赤穂市(兵庫)
赤穂の塩
大石内蔵助
牡蠣

兵庫県・赤穂市 (バラエティ/情報)
12:40~

なんときょうは偶然にも奥さんの誕生日。そこで大好物の山盛りの牡蠣をたっぷり使う。そして赤穂の塩で洗うと、いらない水は吸わずに臭みだけがとれるという。殻に刻んだタマネギとバルサミコ酢を合わせたものを入れ、そこに牡蠣を置き直す。上にベーコン、香草のタイムやパセリ、ニンニクとマヨネーズを合わせたソースを乗せてオーブンに投入。オーブントースターで15分ほど焼く。さらに牡蠣の酒蒸しをつくることに。お皿に殻がついたままの牡蠣とお酒を入れて、牡蠣一個あたり、1分30秒目安で加熱。レンジから出すと、牡蠣が開いている状態になっていた。

きょうの矢竹家の晩御飯は、香草焼き、蒸し牡蠣、バター焼き、お吸い物。みんなで焼酎のお湯割りを飲んでおり、「仕事が終わったあとは必ず」と話していた。

矢竹さんは23歳から水産会社で牡蠣の養殖を始め、12年前に独立したという。矢竹さんのお父さんは元々漁協で働いていており、息子のために70歳で現場復帰をし、現在は82歳で現役を続けている。奥さんは大石内蔵助が討ち入りをした日が誕生日だから良かったと笑って話していた。

キーワード
赤穂の塩
パセリ
牡蠣
タイム
赤穂市(兵庫)
ベーコン
マヨネーズ
ニンニク
香草焼き
蒸し牡蠣
バター焼き
お吸い物
大石内蔵助

昼めしキッチン × Tastemade (バラエティ/情報)
12:50~

きょう紹介するのは『もちとチーズの肉巻き』。豚バラ肉100gを広げて並べ、そこに味付け海苔2枚、とろけるチーズ、大葉、切り餅を乗せ、丁寧に包む。片栗粉をまぶしたら、軽く油を引いたフライパンでこんがりきつね色に。そこにお酒を加え、中火で5分蒸し焼き。余分な油を拭き取ったら、砂糖、醤油、みりん、水を加えて、甘辛の和風ダレを絡めて完成。

エンディング (その他)
12:54~

エンディング映像。

次回予告をテロップ表示。

  1. 前回の放送
  2. 1月30日 放送
  3. 次回の放送