Eネ! 西本智実 芸術監督・指揮 バレエ「ロミオとジュリエット」

『Eネ!』(イーネ)は、テレビ東京(関東ローカル)が毎週土曜6:15 - 6:25に放送している、製作に関与する映画・演劇や美術展などのイベント・DVDビデオ・テレビアニメ番組・アニメーション映画などを週替わりで特集しながら紹介する、インフォマーシャル型の番組宣伝・PR番組である。『エンタ姫』の後継にあたる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月11日(土) 5:45~ 6:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

昨年、新国立劇場で上演され感動を呼んだバレエ「ロミオとジュリエット」。芸術監督を務めたのは世界的な指揮者・西本智実 だ。約30ヵ国から指揮者として招聘されており、近年では指揮者の枠を超えてオペラやバレエの芸術監督として多くの舞台芸術を生み出している。世界を見た西本にはバレエ「ロミオとジュリエット」を通して伝えたい思いがある。今年の夏、再びバレエ「ロミオとジュリエット」の幕が開く!

キーワード
バレエ「ロミオとジュリエット」
積水ハウス presents 芸術監督・指揮 西本智実 バレエ「ロミオとジュリエット」全二幕(字幕付き)
中国国家交響楽団
西本智実
バチカン国際音楽祭
オペラ「蝶々夫人」
バレエ「くるみ割り人形」
エルサレム(イスラエル)
ユダヤ教
キリスト教
イスラム教

西本智実 芸術監督・指揮 バレエ「ロミオとジュリエット」 (バラエティ/情報)
05:46~

バレエ「ロミオとジュリエット」の舞台はイタリア・ヴェローナ。中世時代に長く続いた争いをモデルとして劇作家ウィリアム・シェイクスピアが描いた物語だ。物語ではモンタギュー家とキャピュレット家が対立。西本智実の演出では、登場人物の一人一人に「理想と現実」「光と影」「争いの連鎖」「繰り返す歴史」など象徴的な役割を持たせているという。西本は自身が手がけるバレエ「ロミオとジュリエット」について、「家と家の戦いは、ジュリエットの母親の時代にもすでにあった。母親とジュリエットが選んだものの対比をしたかった」とコメント。

8月22日(水)に新国立劇場(オペラパレス)で上演される『積水ハウス presents 芸術監督・指揮 西本智実 バレエ「ロミオとジュリエット」全二幕(字幕付き)』の告知。詳細は「テレビ東京 イベント」で検索。

キーワード
バレエ「ロミオとジュリエット」
ヴェローナ(イタリア)
ウィリアム・シェイクスピア
ダンテ・アリギエーリ
神曲
積水ハウス presents 芸術監督・指揮 西本智実 バレエ「ロミオとジュリエット」全二幕(字幕付き)
西本智実
テレビ東京イベントホームページ

西本智実 芸術監督・指揮 バレエ「ロミオとジュリエット」 (バラエティ/情報)
05:51~

バレエ「ロミオとジュリエット」の曲を作曲したのは、ロシアの作曲家セルゲイ・プロコフィエフ。西本智実の演出では、音楽の中に表現された感情が浮き彫りとなる。共に舞台を作り出しているのは、西本が2012年に発足したイルミナート。オーケストラ、オペラ、バレエの3つを軸にし、西本を芸術監督として様々な舞台制作に取り組んでいる。バレエ音楽は「踊りの伴奏」と認識されることが多いが、イルミナートのバレエは音楽こそが要。音楽と踊りが重なり合った究極の芸術なのだ。指揮者の西本智実が作り上げるからこそ成立する芸術だといえる。西本は「ロミオとジュリエットの気持ちのラインはものすごく長くて大きい。気持ちのその先が見えるような音作りにしたい。音楽にときめきますよ」と語った。

8月22日(水)に新国立劇場(オペラパレス)で上演される『積水ハウス presents 芸術監督・指揮 西本智実 バレエ「ロミオとジュリエット」全二幕(字幕付き)』の告知。詳細は「テレビ東京 イベント」で検索。

キーワード
バレエ「ロミオとジュリエット」
セルゲイ・プロコフィエフ
イルミナート
積水ハウス presents 芸術監督・指揮 西本智実 バレエ「ロミオとジュリエット」全二幕(字幕付き)
西本智実
テレビ東京イベントホームページ

西本智実 芸術監督・指揮 バレエ「ロミオとジュリエット」 (バラエティ/情報)
05:55~

バレエ「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリア・ヴェローナにはジュリエットの家があるのだが、ここには毎年、恋愛相談の手紙が数多く届くという。そして、ジュリエットクラブというボランティア団が手紙の返事を書いている。スタッフのジョヴァンナさんによると、現在も複雑な状況下で悩む人が多く存在するのだそう。その事実を胸に西本智実がこだわっているのが「リアリティ」。西本は稽古場で「架空の話にしたくない。生きた人間の慟哭や喜びを感じられる舞台にしたい」と語った。

舞台に引き込まれるもう一つの演出は「字幕」。シェイクスピアの巧みな言い回しや西本智実オリジナルのセリフを織り交ぜ、特別な世界観を作り上げている。そして、西本は悲しみのエンディングついて「二人の死が敗北の死ではなく、愛するがゆえの死として神のもとで復活する。最後にバランスが初めて保たれたというような終わり方にしたい」と語った。

8月22日(水)に新国立劇場(オペラパレス)で上演される『積水ハウス presents 芸術監督・指揮 西本智実 バレエ「ロミオとジュリエット」全二幕(字幕付き)』の告知。詳細は「テレビ東京 イベント」で検索。

キーワード
バレエ「ロミオとジュリエット」
ヴェローナ(イタリア)
ジュリエットの家
ジュリエットクラブ
シェイクスピア
積水ハウス presents 芸術監督・指揮 西本智実 バレエ「ロミオとジュリエット」全二幕(字幕付き)
西本智実
テレビ東京イベントホームページ
  1. 前回の放送
  2. 8月11日 放送
  3. 次回の放送