別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ 血糖値上げない方法

放送日 2015年2月9日(月) 17:20~17:50
放送局 テレビ東京

番組概要

頭の健康スイッチ体操 (バラエティ/情報)
17:20~

簡単な問題を考えるだけで脳を活性化し、認知症の予防に役立つ問題を出題。不正解でも考える事で脳のトレーニングになるという。

キーワード
認知症

オープニング (その他)
17:21~

オープニング映像。

名医の健康ツアー (バラエティ/情報)
17:22~

糖尿病予防として、金子貴俊が岡部正医師に糖尿病について伺いに岡部クリニックへ。糖質の摂り過ぎや肥満になるとインスリンの量が減ったりなどし血糖値が下がりにくくなり、常に血糖値が高い状態が糖尿病だという。糖尿病は心筋梗塞、脳梗塞、失明などに繋がる可能性が出てくる。糖尿病予防に重要なのは、空腹時ではなく平常時の血糖値が重要だという。

金子貴俊と岡部医師は、過去1~2か月の平均血糖値を調べる事が出来る薬局へ。2014年から薬局で糖尿病の簡易検査が出来るようになり、検査の実施準備中の薬局などが都内67か所、全国677か所ある。費用は500~1000円。ヘモグロビンA1cとは過去1~2か月の血糖値の平均の事で、ヘモグロビンA1cを検査で調べる事が出来る。

金子貴俊が調べる事にし、始めに同意書に記入し、薬剤師の方に教えてもらいながら自分で検査をする。針で指を刺し、出てきた血液を採取して装置に入れて6分ほどで結果が出てくるという。ヘモグロビンA1cの基準値は5.6で6.5以上は糖尿病が強く疑われ、6.5未満は糖尿病の予備軍の疑いが強い。検査を受けた方が良い場合は、検査をした薬局でもらえる患者紹介票を病院に持って行くと、精密検査が健康保険の適用になる。

岡部医師オススメの血糖値を上げない方法として、台を使って上り下りを繰り返す踏み台昇降運動を紹介。踏み台昇降運動は有酸素運動になり、有酸素運動は糖がエネルギーに変わり血糖値の上昇を抑えてくれる。NPO法人日本ステッピング協会は生活習慣予防のために、踏み台昇降運動を推奨している団体。踏み台の高さは13cmがベストだという。食後30分以内に有酸素運動を行うと、血糖値の上昇を抑えてくれる。血糖値を上げないためには運動を毎日続ける事が大切。

このあと、名医オススメ!糖尿病予防に良い飲み物。

キーワード
糖尿病
心筋梗塞
脳梗塞
失明
血糖値
ヘモグロビンA1c
踏み台昇降運動
有酸素運動

名医が教える!ストレッチ (バラエティ/情報)
17:36~

首が痛い時に効くストレッチを中山医師が紹介。足を肩幅くらいに開き、左肩を少し前方向に下げる。これを左右交互に行う。ポイントは顔は正面に向けたままにし、体の軸は動かさない。1日左右10回ずつ3セット行うと良い。

名医の健康ツアー (バラエティ/情報)
17:39~

岡部医師オススメの糖尿病予防に良い飲み物を作る。豆乳、インスタントコーヒー、シナモンは糖尿病予防に良く、豆乳には大豆サポニンとイソフラボンが含まれ糖の吸収を抑えるという。コーヒーを飲む人には糖尿病が少ないという研究結果があり、シナモンを摂取している人にも糖尿病が少ないという研究結果も出ている。

このあと、名医オススメ!血糖値を上げない方法。

キーワード
豆乳
インスタントコーヒー
シナモン
糖尿病
豆乳のカプチーノ
大豆サポニン
イソフラボン

エンディング (その他)
17:46~

空腹時血糖と同時にヘモグロビンA1cも意識することが大事。有酸素運動を毎日続ける事で、血糖値の上昇を抑える効果がある。

別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチの次回予告。

主治医が見つかる診療所の番組宣伝。

キーワード
ヘモグロビンA1c
有酸素運動
血糖値
  1. 前回の放送
  2. 2月9日 放送
  3. 次回の放送