別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ 原口あきまさモノマネ健康ツアー

放送日 2014年12月17日(水) 17:20~17:50
放送局 テレビ東京

番組概要

頭の健康スイッチ体操 (バラエティ/情報)
17:20~

簡単な問題を考えるだけで脳を活性化し、認知症の予防に役立つ問題を出題。不正解でも考える事で脳のトレーニングになるという。

キーワード
認知症

オープニング (その他)
17:21~

認知症予防法について、本日の放送内容のトピックスを冒頭で伝えた。

キーワード
認知症

名医の健康ツアー (バラエティ/情報)
17:22~

今回ツアーを案内するのは、秋津医院・秋津壽男院長。今回のテーマは何歳からでも始められる認知症予防法。身近な場所で楽しく出来る認知症予防を紹介。

秋津医師が案内したのは東京・品川区にある社交ダンスサークル、秋津医師がオススメする認知症予防は社交ダンスだと解説。アメリカの研究では社交ダンスは認知症の発症リスクを下げる。社交ダンスが認知症予防に繋がるか臨床試験が行われている。ポイントは、振付を覚えること、正しい姿勢を保つ。

認知症予防のポイントである振り付けを覚える動作について秋津医師の解説。振り付けを覚えることで脳を活性化、あらゆるタイプの認知症の予防に良いとされる。認知症には2つのタイプがあり、脳の神経細胞の問題であるアルツハイマー型、レビー小体型と脳の血管障害である脳血管性認知症など。

認知症予防のポイントである正しい姿勢を保つ動作について秋津医師の解説。正しい姿勢を保つことでメタボ改善、脳の血管を正常に保つという。また脳血管性認知症の予防に役立つ。

秋津医師のいつでもどこでもみんなで出来る認知症予防法を解説。後出しジャンケンは巻けるように後出しするが、普段と逆の事をすることで脳が活性化するという。

東京・足立区にある「デイサービス ラスベガス 足立店」へ。高齢者が楽しく遊べる場所として、秋津医師がオススメするカジノ遊びを紹介。

カジノが認知症予防になるポイントは?

キーワード
認知症

すぐに役立つ名医の健康情報 (バラエティ/情報)
17:36~

1泊2日の温泉旅行で入浴のタイミングについて。丁宗鐵医師は、到着後、夕食後、朝食前の1泊2日で3回入浴がオススメだと解説。初めていく温泉では最初に5分ほど入浴し、泉質が合うか試す。

1泊2日の温泉旅行で入浴のタイミングについて。姫野友美医師は、到着して夕食をとってから就寝前に、ゆっくり入浴し、次の日に朝食後、入浴するという、1泊2日で2回入浴がオススメだと解説。長旅の直後などは普段より疲れている場合があるため、夕食前に胃腸の機能が低下することもある。

名医の健康ツアー (バラエティ/情報)
17:40~

秋津医師がなぜ認知症予防にカジノ遊びが良いか解説。予想する時に勝つために考えると脳が活性化し、認知症予防になるという。更に配当のチップがもらえるなど、ご褒美があると脳がより働くのだという。

何歳からでも始められる認知症予防法!

エンディング (その他)
17:46~

社交ダンスでメタボ改善を改善することで脳血管性認知症の予防となる。カジノ遊びのように勝負事でご褒美をもらうと脳が活性化。

別冊主治医が見つかる診療所の番組宣伝。

主治医が見つかる診療所の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 12月17日 放送
  3. 次回の放送