別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ 有楽町で健康さんぽ!

放送日 2014年10月14日(火) 17:20~17:50
放送局 テレビ東京

番組概要

頭の健康スイッチ体操 (バラエティ/情報)
17:20~

簡単な問題を考えるだけで脳を活性化し、認知症の予防に役立つ問題を出題。不正解でも考える事で脳のトレーニングになるという。

キーワード
認知症

オープニング (その他)
17:21~

オープニング映像。

お悩み解決! 主治医の診察室 (バラエティ/情報)
17:22~

「インフルエンザの予防注射、名医はどうする?」とのテーマについて医師が解説。中山医師はインフルエンザが流行する前の12月上旬までに予防注射を受け、13歳未満・免疫力の落ちている方は2回接種が良いと話した。武田医師は毎年1回受け、卵アレルギーの方や体温が37.5℃以上の時は摂取しない方が良いと話した。丁医師は普段からの免疫力を上げ、予防注射をしない様にしていると話した。

このあと、有楽町を健康さんぽ。

キーワード
インフルエンザ

健康さんぽ (バラエティ/情報)
17:29~

岡部クリニックの岡部正医師とニッチェが、有楽町で内臓脂肪を減らす方法に迫る。

アンテナショップが14店舗入っている東京交通会館を訪れ、まずはじめに北海道のどさんこプラザへ。北海道に来たつもりで、それぞれが体に良い北海道土産を買うことに。選んだ商品を持って集まると、ニッチェ江上がソフトクリーム メロンミックスを食べていた。ニッチェ江上は北海道サロベツラーメン、ニッチェ近藤はかにクリームコロッケ、岡部医師は男達の黒千石を選んだ。岡部医師が選んだ男達の黒千石はアディポネクチンがたくさん含まれていて、豆ご飯として料理して食べることができる。

次に訪れたのはむらからまちから館。地域に限定せず、東京では手に入らない物を扱うお店。ニッチェ江上が花瑠&花星 牡蠣のオイル漬けを通販ですごい買っていると話し、牡蠣は旨味と言われるグルタミン酸がたくさん含まれていて旨味をたくさん摂るとあまり食べなくて済むはずなのに、なんで食べるのかなと岡部医師がニッチェ江上に話す。

有楽町名物のガード下を散歩し、有楽町産直飲食街の熊本郷土料理が味わえる馬かばい!へ。熊本から仕入れている熊本特選盛り合わせと馬すき焼きを頼んだ。馬肉やマトン、牛肉の赤肉はカロリーが低く、脂肪の代謝を助けるL-カルニチンが含まれている。

近畿大学で養殖された魚を提供している、近畿大学 水産研究所へ。近大マグロと選抜鮮魚のお造り盛りを頼み、ニッチェ江上から魚も赤身の方が良い?と質問。魚の脂に含まれるEPAは動脈硬化や血流を良くする効果がある。ただ新鮮な魚を生で食べるのがオススメ。刺し身などを食べる時は醤油を少なめに。塩分の摂り過ぎはむくみにつながるという。

このあと、有楽町で発見!内臓脂肪を減らす方法。

キーワード
ソフトクリーム メロンミックス
北海道サロベツラーメン
かにクリームコロッケ
男達の黒千石
ポリフェノール
アディポネクチン
花瑠&花星 牡蠣のオイル漬け
グルタミン酸
熊本特選盛り合わせ
馬すき焼き
L-カルニチン
近畿大学
近大マグロと選抜鮮魚のお造り盛り
EPA
動脈硬化

エンディング (その他)
17:46~

脂の少ない肉の赤身が良く、脂肪の代謝を助けるL-カルニチンが含まれている。魚の脂分に多く含まれるEPAは、動脈硬化や血流を良くする効果がある。

別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチの番組宣伝。

主治医が見つかる診療所の番組宣伝。

キーワード
L-カルニチン
EPA
  1. 前回の放送
  2. 10月14日 放送
  3. 次回の放送