別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ 有楽町で健康さんぽ!

放送日 2014年10月13日(月) 17:20~17:50
放送局 テレビ東京

番組概要

頭の健康スイッチ体操 (バラエティ/情報)
17:20~

簡単な問題を考えるだけで脳を活性化し、認知症の予防に役立つ問題を出題。不正解でも考える事で脳のトレーニングになるという。

オープニング (その他)
17:21~

オープニング映像。

お悩み解決! 主治医の診察室 (バラエティ/情報)
17:22~

「カゼを早く治したい!名医はどう対策する?」とのテーマについて医師が解説。武田医師はレバーや卵を食べることで、ビタミンAが粘膜を保護する効果が期待できると述べた。また、おかゆは消化が良く胃腸に負担をかけにくいという。風邪を予防するには手洗い・うがいをシッカリするのも重要。

有楽町で内臓脂肪を減らす!

健康さんぽ (バラエティ/情報)
17:29~

岡部クリニックの岡部正医師とニッチェが、有楽町で内臓脂肪を減らす方法に迫る。以前も内臓脂肪の減らし方を教わったニッチェが現在の体形を測定、二人は共に増えていることがわかった。

インナーマッスルを鍛えると基礎代謝が上がり内臓脂肪が減りやすくなる。そこで岡部流の内臓脂肪を減らす運動を紹介。両肘をつき姿勢を一直線に一分間保つ。

有楽町マルイにある「マルイモデル」を訪れた一行は、大きめのサイズの服を観察。ベルトのウエストが3cm増えた場合、それは体重が3kg増えた目安になるのだという。

続いて「ナチュラルハウス」を訪れた岡部医師はオススメのフルーツについて解説。アディポネクチンは動脈硬化の改善や糖尿病の予防に役立ち、キウイに含まれるオスモチンはアディポネクチンと似た働きをするという。

紅茶の専門店「カレルチャペック紅茶店」を訪れた一行は「レッドプレミアム」という紅茶を試飲。冷たい物を飲むと体温を上げようと脂肪を燃やすのだという。

「東京カレー屋 名店会」へ立ち寄った一行は「バターチキン+欧風ビーフカレー」などを堪能。カレーは少しずつゆっくり、利き手と反対の手で食べると良いのだという。

有楽町で内臓脂肪を減らす方法を発見!

キーワード
キウイ
動脈硬化
糖尿病
アディポネクチン
オスモチン
レッドプレミアム
バターチキン+欧風ビーフカレー
ビーフかれー+スマトラ風ポークカレー
名店会オリジナルチキンカリー

エンディング (その他)
17:46~

今日のポイントを改めて確認。両肘をつき姿勢を一直線に一分間保つことでインナーマッスルを鍛えられる。少しずつゆっくりと食べることで内臓脂肪が付きにくいという。

別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチの番組宣伝。

主治医が見つかる診療所の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 10月13日 放送
  3. 次回の放送