別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ 2014年7月10日放送回

放送日 2014年7月10日(木) 17:20~17:50
放送局 テレビ東京

番組概要

健康スイッチ体操 (バラエティ/情報)
17:20~

インナーマッスルを鍛える運動を紹介。イスに浅く腰掛け背筋を伸ばし、足を開いて上体を倒す。体の中心のインナーマッスルが鍛えられ、腰痛や尿漏れの予防に効果があるという。

オープニング (その他)
17:21~

今日の番組内容を紹介。

お悩み解決!主治医の診察室 (バラエティ/情報)
17:22~

前回に、いつもとは違う鈍くて重苦しい痛みを感じると心筋梗塞の前兆だという話しから、沢田亜矢子が「前兆の症状が出た時の対処法は?」と質問。心筋梗塞が起きた場合、発症後6時間以内に治療を始める事が重要。診察しやすいよう脱ぎやすい服装とソファなどに浅く座った様な体勢で、救急車を待つのが良い。救急隊員に使用している薬の名前や量を伝える事が重要で、おくすり手帳を活用するのがいい。

このあとは、銀座の絶品グルメを食べても太らない!?

キーワード
心筋梗塞
おくすり手帳

健康さんぽ (バラエティ/情報)
17:28~

血液や糖尿病を専門とする岡部クリニック院長、岡部正医師とニッチェが銀座を健康さんぽ。今回のテーマは「誰でも簡単に内臓脂肪を減らす方法」

目的のお店まで歩いていると、有名なお寿司屋「久兵衛」を見つけて江上が看板を触っていた。岡部医師の同級生が店主をしているおでんのお店「やす幸」に立ち寄った。多少のお酒は体にいいと話し、適量のお酒は長寿ホルモンと言われているアディポネクチンを増やしてくれると言う。1日にビール中瓶1本、日本酒1合、ワイングラス2杯を目安すると良い。やす幸のつみれはアジだけで作っているためEPAが多く含まれていて、長寿ホルモン・アディポネクチンを増やす働きをしてくれる。

新しく改装された歌舞伎座の周辺を健康さんぽ。和菓子屋の「木挽町よしや」に立ち寄った。どら焼きは予約なしではほぼ購入できないほどの人気商品。オリジナルの焼き印を作ることが出来る。

ご主人の中村良章さんの元気の秘訣は?と質問し、早寝早起きで十分な睡眠時間と質の良い睡眠と話した。

今年4月にリニューアルされた松屋銀座の地下食品フロアへ行き、自分の好きな物を選び、岡部医師にチェックしてもらう事に。揚げ物を選んだニッチェに対し、炭水化物と油分の組み合わせは脂肪が増える原因になると指摘を受けた。岡部医師はトリッパのトマト煮、スモークサーモン、30品目サラダを選び、スモークサーモンは体の酸化を防ぐ効果がある天然色素アスタキサンチンが豊富に含まれていて、トリッパはホルモンの中でも脂質が少ない物が多い。

このあとは、銀座で見つけた内臓脂肪を減らす方法!

キーワード
アディポネクチン
つみれ
どら焼き
中村獅童
アスタキサンチン

エンディング (その他)
17:46~

青魚に多く含まれてるEPAには長寿ホルモンを増やす効果があるという。肥満が気になる人は、肉類の中でも脂質が少なめのホルモンがオススメ。

別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 7月10日 放送
  3. 次回の放送