Crossroad 佐々木薫

放送日 2015年2月21日(土) 22:30~23:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
22:30~

今回は、ゴミ屋敷専門の清掃会社「孫の手」を営む佐々木薫を取り上げる。強烈な悪臭が充満していることすらある現場で、住民たちの心の闇が見えてきたという…。

キーワード
孫の手

ゴミ屋敷清掃 佐々木薫 (バラエティ/情報)
22:32~

ゴミ屋敷専門の清掃会社「孫の手」を営む佐々木薫に密着。今度の物件は30才母親と小学生が住む母子家庭、仕事と子育ての両立などがうまくいかず次第に片付けができなくなったという。佐々木は依頼者にも片付けに参加してもらい、すべてのものを分別した。すると捨てる行為に慣れた依頼者は次々に要らないと判断し、息子も自ら手伝った。佐々木は、誰でも何かがあればゴミ屋敷になってしまう危険はあると話した。

ゴミの引き取りを終えたあとも、佐々木はペットボトルの飲み残しを処理するなど作業が続く。中にはおしっこが入っていることも珍しくないという。「孫の手」は4年前に夫婦で開業、昼夜を問わず電話がかかってくる。最近急増している依頼が高齢者からのレンタル倉庫の片付け、高齢者の子どもたちが物を実家に置きっぱなしにすることも要因だという。

翌日、別の緊急の依頼。郊外の団地へ向かうと、80代のおばあちゃんがひとりきりで暮らしていた部屋で、すべてを捨ててほしいという娘からの依頼だというが…。

キーワード
孫の手

ゴミ屋敷清掃 佐々木薫 (バラエティ/情報)
22:43~

80代のおばあちゃんがひとりきりで暮らしていた部屋で、すべてを捨ててほしいという娘からの依頼。この部屋には元々4人家族で暮らしていたが夫に先立たれ娘たちも家を出ると天井までゴミがあふれた家になったという。半年前まに亡くなるまでに5匹のネコと暮らしていた。

80代のおばあちゃんがひとりきりで暮らしていた部屋から2トントラック5台分のゴミが出ると数十年ぶりに床が見えるようになった。人の心の闇にふれるゴミ屋敷掃除の仕事、スタッフの心のケアも大切だという。

商売繁盛を願い毎年60万人の人で賑わう花園神社で行われている酉の市、佐々木薫さんも6年前から夫婦で必ず訪れている。34歳で離婚し2人の子供を育てるため必死に働いていた。 そして運送会社を経営していた今の夫 佐々木久史さんと出会うが会社は5億円の負債をかかえ倒産。再起をかけて便利屋を開業した。

ゴミ屋敷清掃 佐々木薫 (バラエティ/情報)
22:53~

エンディングテーマ:クローゼット/Superfly

佐々木薫さん夫婦は再起をかけて便利屋を開業した。そして腰の高さのゴミの中で生活し誰にも相談できず悩んでいた女の子から依頼があった。これを機にゴミ屋敷専門清掃業にしたところ依頼は増え続けている。

ゴミ屋敷清掃 佐々木薫さんには気がかりな女性が一人いる。以前、ゴミ屋敷だった部屋で生活していた30代の女性は唯一の肉親だった父親を事故で亡くしたショックで外に出られるなくなった。2年前に依頼を受けた佐々木薫さんはその後も毎月のようにアパートを訪れている。単位に片付けるだけでなくまるで母親のように女性を励ましている。

キーワード
クローゼット
Superfly

エンディング (その他)
22:57~

「Crossroad」の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月21日 放送
  3. 次回の放送