世界ナゼそこに?日本人 予習復習スペシャル 2013年10月14日放送回

放送日 2013年10月14日(月) 13:00~15:00
放送局 テレビ東京

番組概要

三越テレショップ (その他)
13:00~

「柄まかせ羽毛掛けふとん<シングル>」と「柄まかせ羽毛掛けふとん<ダブル>」の紹介。お申込みは0120-97-3254。

キーワード
柄まかせ羽毛掛けふとん<シングル>
柄まかせ羽毛掛けふとん<ダブル>

オープニング (その他)
13:03~

オープニング映像。

アフリカの秘境に嫁いだ日本人妻 (バラエティ/情報)
13:04~

ナミビア共和国は国土の40パーセントが砂漠で、人口密度が世界で2番目に低い。ナミビアに住むヒンバ族は、都市部でも上半身裸で暮らしている。

ナミビアの超一等地であるクラインヴィントックには、元総理大臣の豪邸などが立ち並ぶ。クラインヴィントックに住む、日本人妻の自宅を取材した。

ナミビアの高級住宅地であるクラインヴィントックは泥棒が多いため、泥棒よけのための鉄柵を各家が設置している。島袋エイブラハムス律子さんが、自宅内部を案内した。

キーワード
ヒンバ族
ナミビア共和国
クラインヴィントック(ナミビア)

アフリカの秘境に嫁いだ日本人妻 (バラエティ/情報)
13:13~

島袋エイブラハムス律子さんが嫁いだエイブラハムス一族は、広大な牧場を運営している。

島袋エイブラハムス律子の自宅で、家族の暮らしぶりを取材。冷蔵庫の中には、大量の食材が詰め込まれていた。

島袋エイブラハムス律子さんの義母が作った、フライドチキンを娘らが食べた。島袋エイブラハムス律子さんが、自宅で牛ヒレ肉を調理し、日本から取り寄せたワサビで味付けした。

エイブラハムス一族は、生徒数600名を超える学校の経営者でもある。島袋エイブラハムス律子さんは現地の広告代理店に勤めていて、日本にいた頃はドトールコーヒーのロゴデザインなども行なっていた。

ナミビアの高級住宅地であるクラインヴィントックは泥棒が多いため、泥棒よけのための鉄柵を各家が設置している。島袋エイブラハムス律子さんが、自宅内部を案内した。

キーワード
牛ヒレ肉
フライドチキン
冷奴
ワサビ
ドトールコーヒー
クラインヴィントック(ナミビア)

アフリカの秘境に嫁いだ日本人妻 (バラエティ/情報)
13:32~

島袋エイブラハムス律子さんは1983年にドトールコーヒーに入社し、主に広告デザインを担当した。律子さんは25歳の時に、同じ職場の社員と結婚したが、離婚した。

島袋エイブラハムス律子さんはケネスさんと出会い、再婚を意識したが、結婚の条件はナミビアへの移住だった。律子さんの母親に、ナミビアに移住した娘についてインタビューした。移住をした律子さんはケイネスさんが本当にお金持ちだったことに驚いたという。更に2人の子どもを出産した律子さんはデザイナーとして働きながら貧しい若者たちの雇用を確保する仕事をしている。

キーワード
ドトールコーヒー

マノボ族の首長になった日本人 (バラエティ/情報)
13:39~

ミンダナオ島は、面積が約10万平方キロメートルで人口は約2197万人。

フィリピンで最も高い山であるアポ山に住む、マノボ族の首長になった日本人を取材した。

キーワード
ミンダナオ島
アポ山
マノボ族

マノボ族の首長になった日本人 (バラエティ/情報)
13:47~

フィリピンで最も高い山であるアポ山に住む、山岳民族のマノボ族の首長になった日本人の松居友さんを取材した。取材した日は、収穫祭が行われていた。

松居友さんの自宅を取材した。松居友さんは、自宅を図書館として現地の子供らに開放していて、120人の子どもを自宅であずかっている。

松居友さんが自宅であずかっている子どもは、内戦で親を亡くした子どもも多い。松居友さんは、2011年にマノボ族の首長の称号を受けた。松居友さんの自宅の敷地内では、グァバやマーランが栽培されている。

松居友さんの自宅をで暮らす子どもたちは、食事の準備を自分たちで行う。フィリピンの定番スープであるシニガンを紹介。松居友さんは、自分の娘たちも、あずかっている子どもたちと一緒に育てている。

松居友さんが、イスラム解放戦線の拠点に、護衛を連れずに船で向かった。松居友さんは、200以上の村を訪問し、はらぺこあおむしなどの絵本の読み合わせを現地の子どもたちを相手に行なっている。

松居友さんの祖父は福音館書店の創始者・佐藤喜一で、父親も福音館書店の編集長である。福音館書店は、ぐりとぐらなどの人気絵本を生み出した。松居友さんは福武書店に入社し、児童書を担当した。松居友さんは絵本作家として、数冊の絵本を出版している。

松居友さんは1998年に初めてミンダナオ島を訪れて子どもたちの笑顔に励まされたが、最初の妻から離婚を告げられた。松居友さんはミンダナオ島に本格移住し、現地の子どもたちのために図書館を設立した。

松居友さんに、現地の子供達が日本語で歌を歌うプレゼントを行った。

松居友のVTRを見たゲストの鈴木杏樹らが、感想を語った。

キーワード
アポ山
マノボ族
グァバ
マーラン
イスラム解放戦線
毎日新聞
松居直
佐藤喜一
福武書店
ぐりとぐら
ひかりのくにへ
ミンダナオ島

モザンビーク人を養子にした日本人 (バラエティ/情報)
14:12~

モザンビーク共和国の首都はマプト。モザンビークのモザンビークのコスタドソル村に暮らす日本人を、番組スタッフが捜索した。

キーワード
コスタドソル村(モザンビーク)

モザンビーク人を養子にした日本人 (バラエティ/情報)
14:19~

遠藤昭夫さんは、モザンビークで中古車販売会社を経営している。遠藤昭夫さんは、モザンビーク仁のヴァスコさんを養子に迎えた。遠藤ヴァスコさんが、氷雨を日本語で歌った。

遠藤昭夫さんの会社兼自宅を取材。遠藤昭夫さんは、息子のヴァスコさんが仕事に遅れたことに激怒した。

遠藤昭夫さんは、モザンビークで人材派遣も行なっていて、通訳のサポートも行なっている。

遠藤昭夫さんが、南アフリカのヨハネスブルクに車で向かいながら、カーステレオで海援隊の「思えば遠くへ来たもんだ」を聞いた。遠藤昭夫さんはヨハネスブルクのチャイナ街にあるスーパーで、日本の食材を購入した。

遠藤昭夫さんが自宅でカツ丼を作り、息子と一緒に食べた。

キーワード
日野美歌
氷雨
ジェロ
海援隊
思えば遠くへ来たもんだ
醤油
うどん
ヨハネスブルク(南アフリカ)
カツ丼

モザンビーク人を養子にした日本人 (バラエティ/情報)
14:38~

遠藤昭夫さんはモザンビークで中古車販売業を立ち上げたものの、失敗してしまった。遠藤昭夫さんは、ヴァスコさんの両親が離婚したことで、彼を養子に迎えた。

遠藤昭夫さんは、日本で自動車販売会社に就職したものの、2度の離婚を経験した。遠藤さんは台湾人向けの旅行会社を設立して成功したが、会社を畳んでしまった。遠藤昭夫さんは、1994年に、モザンビークに移住した。

遠藤昭夫さんはモザンビークで再び中古車販売会社を立ち上げ、経営を軌道に乗せた。

モザンビーク人を養子にした日本人 (バラエティ/情報)
14:51~

遠藤昭夫さんに、息子のヴァスコさんが感謝の手紙を読み上げた。

東貴博ら出演者がVTRの感想を語った。

エンディング (その他)
14:58~

東貴博ら出演者がVTRの感想を語った。

  1. 前回の放送
  2. 10月14日 放送
  3. 次回の放送