極旅 2

放送日 2013年1月26日(土) 12:30~14:23
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
12:30~

極旅は、その道を極めた達人と行く普通では絶対に味わえない旅をお届けする番組。

鉄道の達人と行く秘境駅 極寒のオホーツク沿線 (バラエティ/情報)
12:31~

極旅、最初のツアーのスタート地点は北海道、女満別空港にやってきた中川礼二、夏川純。極旅ツアーコンダクターは日本全駅下車を達成した横見浩彦さん。

中川ら一行が、今回最初に訪れた秘境駅は、オホーツク海沿線を走るJR石北本線の西女満別駅。ホームには待合室だけの小さな駅舎には、訪れた人が自由に書ける「駅ノート」がある。一両列車は極寒地方ならではの二重窓になっていた。

網走駅に到着した中川ら一行は、JR釧網本線に乗り換え、藻琴駅を目指すが、待ち時間が長いため、バスで藻琴駅へ向かうことへ。

オホーツク沿線の木造駅舎に礼二 大興奮!

キーワード
北海道
石北本線
釧網本線
藻琴駅
礼二

鉄道の達人と行く秘境駅 極寒のオホーツク沿線 (バラエティ/情報)
12:40~

JR釧網本線の藻琴駅に到着した中川ら一行は、75年に建てられたという木造の待合室の隣にある「喫茶店トロッコ」に入ることに。喫茶店トロッコには、昔の信号機や、車掌帽など、鉄道好きにはたまらない鉄道グッズが沢山あり、中川は大興奮だった。その後、中川ら一行は、悪天候の中、北浜駅へと向かう。

中川ら一行は、オホーツク海に最も近い駅という、JR釧網本線・北浜駅へ到着。流氷シーズンには間近で見ることが出来るといい、駅には展望台が設けられている。悪天候の中、一行は駅を改装して営業している喫茶店「停車場」で宿を取り、いもだんごを堪能した。

極寒のオホーツク 最果ての駅で感動の別れ!

キーワード
藻琴駅
釧網本線
北浜駅
流氷
いもだんご

鉄道の達人と行く秘境駅 極寒のオホーツク沿線 (バラエティ/情報)
12:48~

日本一、オホーツク海に近い釧網本線・北浜役には、駅を愛するあまりSLを走らせたという石黒さんは小学校の時、北浜駅で貝殻通行証を買い、この駅が好きになったという。止別駅に向かう中川ら一行を、石黒さんの友人たちが『知床旅情』の大合唱で見送った。

中川ら3人が到着したのは、大正時代に開業したというJR釧網本線・止別駅。一行は、この駅で大人気だという「ラーメンきっさ えきばしゃ」の塩味ツーラーメン、みそ味駅長ラーメンを堪能した。この店は、現店主の亡くなったご主人が、無人駅になってしまった止別駅を再び人が集まる場所にしたいと始めたのだという。

この度最後の駅として、中川ら一行がやって来たのは、白樺で造られた天井が風格を醸しだす釧網本線・川湯温泉駅。その駅にの隣にある美人の湯と呼ばれる無料の足湯で一行は旅の疲れを癒した。

極寒の駅舎にあった超VIPルームとは!?

キーワード
北浜駅
釧網本線
知床旅情
SL
塩味ツーラーメン
みそ味駅長ラーメン
足湯
白樺

鉄道の達人と行く秘境駅 極寒のオホーツク沿線 (バラエティ/情報)
12:57~

中川ら一行は、川湯温泉駅が無人駅となってから営んでいるという「コーヒーショップ オーチャードグラス」を訪れた。喫茶店の奥の部屋は元貴賓室だという。中川らは、食通をもうならせるというビーフシチューを堪能した。店主の武山さんは、この駅は地域にとっても自分にとっても宝物だと語った。

キーワード
ビーフシチュー

達人と城巡りに行こう!彦根城を攻め落とせ (バラエティ/情報)
13:00~

続いて、スタートとなる滋賀県彦根駅にやってきた旅人は鈴木あきえと藤波辰爾。藤波は大の城好きだといい、試合も城がある所にしか行かないと話した。今回、全国2000の城跡を巡ったというツアーコンダクターの本岡勇一さんが案内するのは、国宝から壮大な山城などの4つの名城。

藤波ら一行がまず訪れたのは、国宝・彦根城。外堀に立ちはだかる二の丸佐和口多聞櫓には、鉄砲を撃つための三角や四角の穴が開いている。本丸へ行く途中にある、廊下橋(落とし橋)は鉄砲や弓矢を射掛ける場所だといい、橋の億には天秤櫓がある。彦根城の天守へ登った一行は、そこなから望む琵琶湖を眺めた。その後、橋の下でひこにゃんとご対面、藤波の顔もほころんでいた。

彦根城を後にした藤波ら一行は、兵庫県姫路駅に到着。ツアーコンダクター本岡さんオススメの「姫路食堂」で生姜醤油をかけて食べるという、一風変わったおでん定食を堪能した。

腹ごしらえをした藤波らは姫路城へと向かうが工事中だった。しかし、工事期間も修復作業を間近で見ることできるといい、藤波は普段見られない内側に期待を寄せた。

姫路城の横のエレベーターで登って行くと、職人さんたちが漆喰壁の塗り直しや屋根瓦の吹き直しを行なっていた。藤波は普段見れない城の裏側に「自慢できる」と興奮していた。

続いて藤波ら一行が訪れたのは、ツアーコンダクター本岡さんのオススメの城、兵庫県竹田にある竹田城。早朝、雲海に浮かぶ竹田城を望めるという立雲峡へ移動し、その時を待った。

キーワード
滋賀県
彦根駅
ひこにゃん
天秤櫓
琵琶湖
おでん定食
兵庫県
竹田城
立雲峡

達人と城巡りに行こう!彦根城を攻め落とせ (バラエティ/情報)
13:14~

兵庫県朝来市にやってきた藤波ら一行は、早朝、雲海に浮かぶ竹田城を見るため待ったが、結局見られなかった。関ヶ原の戦いで城主が敗れ廃城となり今では石垣が残っているという竹田城の天守跡を目指して藤波ら一行は、徒歩で向かった。天守跡からの眺めは、鈴木あきえ曰くすごい優越感」だという。

続いて藤波ら一行が向かったのは、島根県の松江駅。ツアーコンダクター本岡さんの提案で「隠岐料理 鶴丸」で腹ごしらえ。お刺身膳は、しじみ汁、岩のりおにぎり、メインのえり焼鍋などランチにコース料理が食べられるという。

今回、藤波ら一行が訪れた松江城は大手門をくぐるとすぐに天守が望める。城の周辺には雨で土台がえぐれるのを防ぐ瓦などがあった。天守の中には井戸があり、柱には、強度が高い寄木柱が使われていた。天守からは宍道湖が望める。藤波らは、堀川めぐりでお堀の船から船頭の唄う、安来節を聴き、松江城を眺めながら旅を締めくくった。

キーワード
竹田城
雲海
関ヶ原の戦い
朝来市(兵庫)
松江駅
松江市(島根)
お刺身膳
しじみ汁
岩のりおにぎり
えり焼鍋
安来節
宍道湖

温泉達人と行く雪見の秘湯 北信濃 絶景の露天風呂巡り (バラエティ/情報)
13:24~

続いての極旅、温泉を求め長野県須坂駅にやってきたのは、根本りつ子と芦川よしみ。ツアーコンダクターのは、温泉ソムリエを持つという金裕美さん。今回の旅のテーマは「北信濃 雪見秘湯巡り」だという。

芦川ら一行は車で、ダイナミックな渓谷を臨める露天風呂、高山村の山田温泉へと向かう。温泉に向かう途中には、松川渓谷にかかる高井橋が見れ、芦川は「雪景色と橋の赤が綺麗」と話していた。

高山村山田温泉へとやってきた芦川ら一行は、江戸時代から続く老舗の旅館「風景館」。露天風呂に入るため、渡された上着と長ぐつを履き、150段の階段をおると、そこには仙人露天岩風呂があった。芦川らは露天風呂から臨む雪景色とつららと芸術を堪能した。

芦川ら一行は高山村の郷土料理を楽しむことができるという『朝日屋亭』で、すいとんを引き伸ばして鍋に入れた「ひんのべ団子汁」と、「やきおむすびセット」に舌鼓を打った。

芦川ら一行は松川渓谷の絶景が見渡せる雪見露天でその日の温度によって湯の色が変わるという『五色温泉 五色の湯旅館』を訪れた。この日は朝は緑色だったといい、芦川らが行くと黒色だった。なぜ天気や気温で湯の色が変わるのかは未だ分かっていないという。

芦川ら一行は今夜の宿、『奥山田温泉 満山荘』を訪れた。到着すると、ツアーコンダクターの金さんが極上だという星空の見える露天風呂へ。夕食は 「牛乳豆腐」「信州リンゴの天ぷら」「牛ヒレと冬瓜のお吸い物」「野沢菜茶漬け」に舌鼓を打ち極旅初日を終えた。

標高1500mの露天風呂 極上の絶景とは!?

キーワード
長野県
高山村(長野)
松川渓谷
山田温泉
ひんのべ団子汁
やきおむすびセット
すいとん
牛乳豆腐
信州リンゴの天ぷら
牛ヒレと冬瓜のお吸い物
野沢菜茶漬け

温泉達人と行く雪見の秘湯 北信濃 絶景の露天風呂巡り (バラエティ/情報)
13:44~

翌朝、芦川ら一行はさっそく奥山田温泉 満山荘の露天風呂へ入ったが雪で何も見ることが出来なかった。天気が良いと、露天風呂から御飯岳や北アルプスの山々が臨めるという。

山田温泉を後にした芦川ら一行は新たな絶景の露天風呂を求め、混浴露天風呂があるという「松川渓谷温泉 滝の湯」へと向かった。

松川渓谷温泉 滝の湯へやって来た芦川ら一行は、さっそく滝の湯 大野天岩風呂へ。滝の湯の人気の理由は、40人が入れるその大きさだといい、この季節には雪で着飾った松川渓谷の木々の絶景を堪能できる。芦川らは今回の温泉で身体が休まったと思うと、今回の旅をまとめた。

キーワード
御飯岳
松川渓谷

大人の沖縄離島巡り 絶景!透明度抜群の海 (バラエティ/情報)
13:49~

沖縄・宮古島の宮古空港に倉石功・秀子夫妻が到着した。2人の旅を、沖縄の離島をすべて制覇したツアーコンダクター「カベルナリア吉田」が案内。今回は宮古島周辺の池間島・伊良部島・来間島の3つの離島を巡る旅となっている。

倉石夫妻は、カベルナリア吉田さんの案内で宮古島と来間島をつなぐ来間大橋へ向かった。そして橋の途中で車を止め、橋から見下ろす海の景色を歩いて堪能することになった。

透明度 抜群!これぞ離島の海!

キーワード
池間島
伊良部島
来間島
来間大橋
宮古島

大人の沖縄離島巡り 絶景!透明度抜群の海 (バラエティ/情報)
13:55~

倉石夫妻とガイドのカベルナリア吉田は、来間大橋を歩いて横断し、透明な海の景色を堪能した。

カベルナリア吉田は、来間島のカフェ「楽園の果実」へ倉石夫妻を案内。来間島の完熟マンゴーを使ったフロートや、ドラゴンフルーツを使ったフロートを味わった。

倉石夫妻は、来間島にある竜宮展望台から、島や透明な海の景色を堪能した。

倉石夫妻とカベルナリア吉田は、宮古島の平良港から伊良部島の佐良浜港に向け出発した。高速艇では10分で行けるところを、今回はカーフェリーに乗って30分とゆっくり旅をした。伊良部島は漁業が盛んで、港にはカツオを中心に新鮮な魚介類が水揚げされ、賑わいを見せているほか、大部分はさとうきび畑が広がっている。

倉石夫妻は、沖縄の体験施設「海の学校」で沖縄原産の黒糖作りに挑戦した。

倉石夫妻は、伊良部島のホテル「soraniwa」で一泊する事になった。

キーワード
来間大橋
完熟マンゴーフロート
ドラゴンフロート
竜宮展望台
佐良浜港
伊良部島
黒糖

大人の沖縄離島巡り 絶景!透明度抜群の海 (バラエティ/情報)
14:07~

倉石夫妻は、伊良部島の海の面した高台にそびえるホテル「soraniwa」に宿泊。夜は、地元の海産物などを使った洋風のコースメニューをいただいた。オーナーはかつて東京で会社勤めをしていたが、2年前にこの島に移住し、念願だったホテル経営を始めたという。

伊良部島を後にした倉石夫妻は、一旦宮古島に引き返し、橋でつながっているという最後の離島、池間島へ路線バスで向かった。

カベルナリア吉田が、倉石夫妻をレストランなかじゃへ案内した。ここは池間島の漁師の奥さんたちによるおふくろの味を楽しむことができ、夫妻はこの日のオススメというミーバイ汁定食を頂いた。

カベルナリア吉田は、自らが定宿としている民宿へ案内した。この民宿の壁面には「池間行進曲」という、池間が繁盛していた頃作られた歌の歌詞が書きこまれていた。

キーワード
池間大橋
池間島
伊良部島
宮古島
ミーバイ汁定食

大人の沖縄離島巡り 絶景!透明度抜群の海 (バラエティ/情報)
14:19~

池間島の民宿の主人夫妻が、「池間行進曲」を歌い、昔のような賑わった池間島がよみがえったらいいなと歌に込めた思いを語った。

キーワード
池間行進曲
池間島

スポット

グルメ

楽園の果実
停車場
隠岐料理 鶴丸
レストランなかじゃ
姫路食堂
朝日屋亭
コーヒーショップ オーチャードグラス
ラーメンきっさ えきばしゃ
喫茶トロッコ

レジャー/交通

宮古空港
平良港
姫路城
体験施設 海の学校
女満別空港
西女満別駅
川湯温泉駅
松川渓谷温泉 滝の湯
止別駅
須坂駅
民宿勝連荘
姫路駅
彦根城
松江城
堀川めぐり
高井橋

旅行

風景館
soraniwa
奥山田温泉 満山荘
五色温泉 五色の湯旅館
  1. 1月26日 放送