世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜 日本から一番遠い島国トリニダード・トバゴになぜ?43歳ママ

放送日 2016年11月7日(月) 21:00~21:54
放送局 テレビ東京

番組概要

壮絶な介護乗り越え日本から一番遠い島国で2人の子どもを育てる日本人女性 (バラエティ/情報)
21:00~

今回の舞台はトリニダード・トバゴ共和国。日本から一番遠い島国だが、取材すると「アスファルトで出来た湖」を発見した。地下から天然のアスファルトが湧き出る世界でも珍しい湖で、日本の多くの道路もこの天然のアスファルトで出来ているという。

トリニダード・トバゴはカリブ海の最南端に位置し、世界から一番遠い島国。人口の4割がアフリカ系、2割が混血、4割がインド系という珍しい人種構成。リオやヴェネチアと並ぶ世界三大カーニバルも行われるが、リオと言えばオリンピック、その閉会式に登場した安倍首相も食べたという国民食がサメ。そもそもサメが大量に出没する国で、ヒレはフカヒレの材料となり、以前は捨てられていた身の部分を揚げてサメバーガーにして食べているという。

トリニダード・トバゴでは日本食レストランも大人気なのだという。「モレビーノ」という日本食レストランへ向かうと、揚げた寿司にルーをかけた「カレー寿司」や、牛すじの煮込みをトッピングした「牛すじ煮込みラーメン」もあった。

トリニダード・トバゴを取材すると、カメラの前でKAN「愛は勝つ」を熱唱する女性や、遊戯王カードコレクションを持つ男性もいた。この国は石油関係の仕事が多いが、石油価格の下落で貧困層が増加、治安が悪化する中、日本に働きに行く人も増えているんだとか。

本題。日本人が住むというトリニダード・トバゴのバラタリアという町へ向かうと、日本人の山崎由実子さんを発見した。自宅には小学1年の長女と幼稚園児の弟と暮らしていて、由実子さんは子育てに追われているという。息子は恥ずかしがり屋の一方、長女は人前に立つのが好きで雑誌のモデルにも選ばれたという。そんな由実子さんの過去に何があったのか。

トリニダード・トバゴに暮らす山崎由実子さん家族に密着。この日は4歳の息子の幼稚園の卒園式で、姉も着替えをしたが、事あるごとに2人はケンカ。それでも着替えを終え開場へ。式では弟が在園生代表の1人として歌を歌うということで、由実子さんは心配しながら見守った。その後、3人で街へ。子どもたちは「ダブルス買って!」とねだってきた…。

その後、3人で街へ。子どもたちは「ダブルス買って!」とねだってきた…。

トリニダード・トバゴに暮らす山崎由実子さん家族に密着。子どもたちにねだられ購入した「ダブルス」とは、現地で人気の軽食で2枚のナンにカレーをかけたもの。一方、家に帰って昼食を作ったが由実子さんは料理は苦手だという。食事後、後片付けをしていると家の突然男性が…一体何者!?

キーワード
トリニダード・トバゴ
アスファルト
リオオリンピック
安倍首相
安倍マリオ
サメ
サメバーガー
モレビーノ
牛すじ煮込みラーメン
カレー寿司
KAN
愛は勝つ
THE REVOLUTION
EXILE TRIBE
バラタリア(トリニダード・トバゴ)
ダブルス
遊戯王

壮絶な介護乗り越え日本から一番遠い島国で2人の子どもを育てる日本人女性 (バラエティ/情報)
21:24~

VTRの内容について松山ケンイチは、遊戯王のカードのコレクションはすごかった、男性が着ているTシャツもゼルダの伝説だったと話した。

トリニダード・トバゴに暮らす山崎由実子さん家族に密着。突然現れた男性とは、夫のレジーさん。タクシー運転手として朝早くから仕事に出ていた。レジーさんは自宅の木に登り、サワーソップという果物を紹介してくれた。庭ではマンゴーやノニも採れるという。

レジーさんは昼食後、再び仕事に出た。トリニダード・トバゴには電車が一つもなく、料金がバス並みに安いため当たり前のように使う人が多い反面、客層も様々。強盗にあう危険な仕事でもあるという。一方、由実子さんは自宅でココナッツを投げつけて割ったり悪戦苦闘しながら料理を作っていた。しかしそもそも一体ナゼ、由実子さんはトリニダード・トバゴに?

キーワード
遊戯王
ゼルダの伝説
トリニダード・トバゴ
サワーソップ
マンゴー
ノニ

壮絶な介護乗り越え日本から一番遠い島国で2人の子どもを育てる日本人女性 (バラエティ/情報)
21:34~

VTRの内容について松山ケンイチは、僕も子育てで“怪獣たち”を世話しているので親近感が沸いた、僕はけんかはほったらかしにするなどと話した。

なぜ山崎由実子さんはトリニダード・トバゴで暮らすことになったのか。1973年、流山市生まれの由実子さんは、専門学校卒業後、幼稚園の先生となった。24歳のとき、母親の知り合いから「オランダのベビーシッター」を誘われ、「一度は異国で生活してみたい」と思っていた由実子さんは単身オランダへ渡った。ホームステイをしながら語学学校に通い、ベビーシッターをこなした。

25歳、異国の文化を学ぶため「ニューヨークから来た」と話す、のちの夫・レジーさんと出会う。次第に惹かれた2人は交際を始め、由実子さんは帰国、レジーさんも仕事場のニューヨークに戻ったが、遠距離恋愛を10年続け、結婚を決意。しかしレジーさんが「母国にいる両親を支えたい」と、初めて母国がトリニダード・トバゴだと明かした。由実子さんの母親は、当時は結婚に反対したが本人が選んだ道なのでと話した。

トリニダード・トバゴに移住した由実子さんは義理の両親との同居生活をスタート。子どもも授かったが、突然義理の母が行方不明に…一体何が起きた!?

キーワード
トリニダード・トバゴ
オランダ

壮絶な介護乗り越え日本から一番遠い島国で2人の子どもを育てる日本人女性 (バラエティ/情報)
21:45~

8年前、トリニダード・トバゴに移住した由実子さん。義理の両親との同居生活をスタートさせたが、公用語の英語もなまりが激しく意思の疎通ができなかった。さらに義母がアルツハイマー型認知症を発症、嫁いだばかりの由実子さん1人で介護することになってしまった。下の世話や、「行きたい場所」についていき迷子になったり、徘徊する義母を探すことになり「私が耐えられない」と帰国も考えたという。

それでも5年近く介護を続け、義父は前立腺がんを患いながらも介護を助けてくれたという。その後、義父が亡くなり、後を追うように義母も息を引き取り、由実子さんは2人を看取った。そんな日々を乗り越えた由実子さん、トリニダード・トバゴに来たことに後悔はありませんと話した。

VTRの山崎由実子さんについて、離婚もしないで介護を5年間やり遂げたというのは尊敬しか無い、愛情の深さを感じたとトークした。

次回予告テロップ。

キーワード
トリニダード・トバゴ
アルツハイマー型認知症
前立腺がん

エンディング (その他)
21:50~

松山ケンイチ出演の映画「聖の青春」の告知。

「世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~」の次回予告。

キーワード
聖の青春

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月7日 放送
  3. 次回の放送