ざっくりハイタッチ 2016年2月14日放送回

『ざっくりハイタッチ』とは、テレビ東京で放送されていたバラエティ番組である。2011年10月9日から2012年9月30日までは『ざっくりハイボール』という番組名で放送され、2012年10月14日の放送は『ざっくり』、その放送で行われた番組名リニューアル会議で現在の『ざっくりハイタッチ』に改題された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年2月14日(日) 1:15~ 1:45
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
01:15~

オープニング映像。

ざっくりハイタッチ (バラエティ/情報)
01:15~

レギュラー陣の千原ジュニア、小籔千豊、岩尾望、後藤輝基がスタジオで、今日の企画の説明をした。今日は、「味付けしましょう!ざっくりお笑いリストランテ」という企画を行う。今からスタジオに、「自分の持つ一芸が、いまいち、笑いにできていない芸人」、が登場して、芸を披露する。レギュラー陣の4人は料理人となり、その芸に、「味付け」をする。

「お笑いリストランテ」がスタート。最初に登場した芸人は、「谷+1。」。彼が、「ドローンを使ってマシュマロをキャッチする」、という芸を披露した。その芸に対して、レギュラー陣が、「味付け」として、「ピンクレディーの「UFO」に合わせてキャッチする」などの意見を出し、「谷+1。」がそれを実践した。

続いて登場したのは、「さらば青春の光」の森田哲矢と東口宜隆。彼らが、「下で盲牌(麻雀の牌を、図柄を見ないで触っただけで当てること)できる」、という芸を披露した。レギュラー陣が、その芸に対する「味付け」として、「ドローンでキャッチして、下で盲牌する」という案を提案して、彼らがそれを実践した。

続いて登場したのは、ピーマンズスタンダードの吉田寛と南川聡史。彼らが、「システマ(ロシア軍の格闘技)をやっているので、蹴られても痛くない」、という芸を披露した。その芸に対してレギュラー陣が、「味付け」として、「キックとパンチの2連発で」「3連発で」という案を提案して、彼らがそれを実践した。

続いて登場したのは、ザブングルの加藤歩。彼が、「1分間で頭に60個の輪ゴムを付ける」、という芸を披露した。それを見たレギュラー陣は、ブルーハーツのマーシーのようだと言った。そして、その芸に対してレギュラー陣が、「味付け」として、「ブルーハーツのギターになる」という案を提案したが、加藤歩は拒否した。

キーワード
ピンクレディー
ドローン
UFO
マーシー
ブルーハーツ
盲牌
システマ

エンディング (その他)
01:41~

3月23日に発売される、「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説」のDVDの、上巻と下巻の宣伝。詳細は「やりすぎ.jp」へ。

エンディングテーマ曲:夢みるアドレセンス/舞いジェネ!

ざっくりハイタッチの次回予告。

エンディング映像。

キーワード
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説
やりすぎ.jp
夢みるアドレセンス
舞いジェネ!

宣伝 (その他)
01:44~

3月23日に発売される、「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説」のDVDの、上巻と下巻の宣伝。詳細は「やりすぎ.jp」へ。

キーワード
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説
やりすぎ.jp

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月14日 放送
  3. 次回の放送