東京都議会特番『TOKYOほっと情報』厚生/経済・港湾委員会 2012年5月3日放送回

放送日 2012年5月3日(木) 10:00~10:55
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
10:01~

放送内容の紹介。東京都議会の厚生委員会と経済・港湾委員会の取り組みをリポートする。

キーワード
東京都議会 厚生委員会

TOKYOほっと情報 (バラエティ/情報)
10:01~

去年にリニューアルした、文京区にある、がん診療連携拠点病院に指定された「都立駒込病院」のポイントをリポート。放射線治療では医療機器が増設されとのことで、“サイバーナイフ”という機器について説明を受けた。

江東区にある、本部が新たにオープンした、中小企業の技術支援をする「東京都立産業技術研究センター」をリポート。施設内には、音が全く反射しない無響室があり、ここで音の性能が確かめられる。また、運ぶ際に壊れないかをチェックする振動試験を見せてもらった。

このセンターには、24時間利用可能な研究スペースがあり、そのスペースを貸してもらっている「バイオマステクノロジー」は、プラスチックの原料を作っている。こちらで、お米から作ったプラスチックを見せてもらった。

民主党の吉田氏に、東京都議会の厚生委員会について聞く。福祉・保健・医療基盤の整備、高齢者施策の推進、都立病院改革の推進などが主な取り組み内容となっている。

自民党の吉住氏に、厚生委員会の今後の取り組みについて聞く。放射性物質への対策や待機児童の解消などが課題となっている。

足立区にある、社会福祉法人「長寿村」がオープンした都市型経費老人ホーム「茂ホーム」を取材。個室面積基準の緩和が大きな特徴で、実際にここに住んでいる女性もその住み心地に満足している様子だった。また、人員基準の緩和で、スタッフも充実している。

介護人材対策の推進の取り組みを取材。千代田区にある、福祉の現場で働くことを希望している人をサポートする「東京都福祉人材センター」では、介護人材の育成と学生の就職支援を同時に行う“就活ヘルパー”という取り組みがされている。

この就活ヘルパーを利用し、3人の女性が新宿区にある介護施設「マザアス新宿」に就職した。この就活ヘルパーでは就職後もスキルアップできる機会が用意されており、専門学校に通って無料で介護福祉士の資格を取得できるようサポートしてくれる。

介護人材育成のための取り組みは新卒者を対象にしたものだけでなく、文京区にある「東京都社会福祉保線医療研修センター」では、介護職員などによるたんの吸引などのための研修が行われた。

通院治療センターでは化学療法のユニット数を26から50へ増設された。また、がん患者の苦痛を取る緩和ケア病棟が新たに開設された。院長は、「患者にやさしい医療を目指した」と語った。

日本共産党の大山氏に、厚生委員会の今後の課題を聞く。「経済的な支援を思い切ってやっていかなければいけない」などと話した。

民主党の吉田氏に、厚生委員会の今後の課題について聞く。待機児童の解消、高齢者対策、脱法ドラッグなどの健康危機などのへの取り組みが語られた。

東京都議会からのお知らせ。第2回都議会定例会の予定を伝えた。

東京都議会の経済・港湾委員会の主な取り組みを紹介。雇用就業対策、中小企業対策、港湾の経営・施設整備などが挙げられた。

民主党の興津氏に、経済・港湾委員会の今後の課題を聞く。防災対策や京浜三港の国際戦略などについて述べられた。

産業労働局の山田氏に若者の就業支援について聞く。東京都は、都民の就職を支援する「東京しごとセンター」を設置し、カウンセリングやセミナーなどを行っている。また、昨年からは、未就職卒業者緊急就職サポート事業に取り組んでいる。

自民党の山崎氏に、経済・港湾委員会の今後の課題を聞く。耐震の整備への取り組みなどが述べられた。

築地市場の移転整備が進められている中央卸売市場の現状を取材。江東区にある新市場の移転予定地では土壌汚染が確認され、専門家からの意見を取り入れ、対策が行われている。

公明党の高倉氏に、経済・港湾委員会の今後の課題を聞く。被災地の地域経済の活性化の応援や就職支援などが述べられた。

船から見た東京港の映像を見ながら、港での取り組みを取材。東京ゲートブリッジの感性により、東京港の物流の円滑化などの効果が期待されている。国際競争力を高めるため、東京港、川崎港、横浜港の京浜三港が連携し、物流ネットの強化に取り組んでいる。臨海副都心では、“東京都臨海副都心MICE拠点化推進事業”が取り組まれている。

防災対策も重要で、江東区にある「高潮対策センター」では、19の水門を24時間態勢で監視し、非常時に対応できるようにしている。今後は、センターの拠点を二拠点化にする方針。

日本共産党の清水氏に港湾委員会の今後の課題を聞く。津波対策の取り組みなどが述べられた。

民主党の伊藤氏に港湾委員会の今後の課題を聞く。若年層の雇用問題への対策、中小企業への手当などが述べられた。

高齢者向け施設の取り組みをリポート。東京都は今年3月に東京都高齢者保健福祉計画を策定し、高齢者の住まいの確保など6つの項目が重点的な取り組みとして挙げられた。

オープニングのあいさつ。今回は、東京都議会の厚生委員会と経済・港湾委員会の取り組み・活動を伝える。

公明党の遠藤氏に、厚生委員会の今後の課題について聞く。高齢化の対応が最も重要な課題とのこと。

民主党の増子氏に、厚生委員会の今後の課題について聞く。看護師と人材の育成や、がん対策の一段の加速などが挙げられた。

エンディングトーク。今回の内容を振り返って感想を語った。

キーワード
東京都立産業技術研究センター
東京都議会 厚生委員会
自民党
日本共産党
民主党
東京都議会
東京都議会 経済・港湾委員会
バイオマステクノロジー
東京しごとセンター
公明党
東京港
東京ゲートブリッジ
大井コンテナ埠頭
高潮対策センター
放射性物質
待機児童
東京都
足立区(東京)
千代田区(東京)
新宿(東京)
文京区(東京)
がん
江東区(東京)
お米
川崎港
  1. 5月3日 放送