日本選手権競輪 第71回 決勝戦

日本選手権競輪(にほんせんしゅけんけいりん・にっぽんせんしゅけんけいりん)は毎年4月下旬から5月上旬頃の6日間に渡って開かれる競輪のGI競走である。正賞は内閣総理大臣賞、衆議院議長賞、経済産業大臣賞、主催者市長賞、主催者市議会議長賞、全国競輪施行者協議会会長賞、JKA会長賞、自転車競技会全国協議会会長賞、日本競輪選手会理事長賞、全国競輪場施設協会会長賞、日本自転車競技会会長賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年5月7日(日) 16:00~16:55
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
16:01~

オープニング映像。

須黒清華が中野浩一を紹介した。

キーワード
中野浩一
滝澤正光
神山雄一郎
新田祐大
東京オーヴァル京王閣

レース情報 (バラエティ/情報)
16:05~

東京オーヴァル京王閣からの中継。レースを前に4コーナーではあまり風が吹いていない状況となっているという。

平原康多選手が紹介された。平原康多選手は2017年で22戦15勝と勝率68.1%となっている。平原康多選手は15勝のうち10勝をゴールデンポジションから挙げている。平原康多選手は誰がどんな仕掛けをしてきても勝てるよう鍛えたという。平原康多選手は優勝してみたいという気持ちでいると語った。

平原康多選手について話題となった。平原康多選手の強さについて中野浩一はしっかりとした位置取りができるのが強さであると語った。

選手インタビューが紹介された。武田豊樹選手は自分の取り戻したい気持ちで日本選手権を迎えたと語った。また浅井康太選手は平原選手と武田選手、深谷選手と走れることが楽しみであると語った。

第70回日本選手権競輪が紹介された。第70回日本選手権競輪で熊本出身の中川誠一郎選手は熊本地震の直後にレースに参戦した。レースでは残り一周半で最後尾であったが、逆転し優勝を果たした。

日本選手権競輪が紹介された。1980年代に王者に君臨していたのは中野浩一選手で、中野浩一選手は世界選手権で10連覇を達成し、特別競輪12勝、GPで1勝を挙げている。中野浩一選手に勝つため滝澤正光選手は、早めのスパートで勝利したという。

日本選手権競輪が紹介された。中野浩一は今回のレースについて勝利のポイントは、平原選手が3番手にくると平原選手にチャンスが生まれてくると解説した。また風がどこに吹くのかわからないという。

キーワード
東京オーヴァル京王閣
平原康多選手
日本選手権競輪
熊本地震

第71回 日本選手権競輪 決勝戦(中継1) (スポーツ)
16:28~

日本選手権競輪の中継。

三谷竜生選手がインタビューに応えた。優勝という結果を受けて三谷竜生選手は喜びを言葉にした。また三谷竜生選手は今回はしっかり優勝することができてよかったと語った。

キーワード
日本選手権競輪

レース情報 (バラエティ/情報)
16:41~

奥井迪選手が紹介された。奥井迪選手は徹底先行する選手で2017年の成績は28戦24勝で決まり手は逃げ100%であるという。奥井迪選手は村上義弘選手の走りに感動し、先行するようになったという。

キーワード
村上義弘

レース情報 (バラエティ/情報)
16:47~

ガールズケイリンのレース結果が紹介された。優勝は長澤彩選手となっている。

選手たちの様子が紹介された。平原選手は笑顔で挨拶をしてくれたが、武田選手と話し込んでいた様子もあったという。

キーワード
長澤彩
ガールズケイリン
武田豊樹

エンディング (その他)
16:52~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 5月7日 放送
  3. 次回の放送