日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜 世界は“アメリカ離れ“?そのときニッポンの決断は!

放送日 2018年3月5日(月) 21:54~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

ニッポン外交 決断の時 (バラエティ/情報)
21:58~

驚きの儀式とは!?

東京・渋谷区にあるハイライフポークテーブルが人気。お目当ては分厚い肉。特別なブランド豚はカナダ産。日本は今、カナダとの関係を強めようとしている。

ニッポン外交決断の時。日本はアメリカと良好な関係を築いていたはずが、トランプ大統領は日本を名指しで非難。そんななかアメリカ抜きのTPPが署名される。日本はある国との関係強化を進めている。一方巨大宗教勢力の謎があるトランプ大統領とニッポンはどう向き合うのか。

去年12月、トランプ大統領はイスラエルの首都をエルサレムと認めると宣言した。エルサレムは3つの宗教の聖地が隣り合う場所。国際社会はエルサレムは誰のものでもないというスタンスをとってきた。トランプ大統領の宣言後、イスラエルとパレスチナが衝突した。

エルサレムを取材。新市街はヨーロッパのような街並みに路面電車が走る平和な雰囲気。現地ツアーガイドのタマルさんは街は平穏だと語る。ところが郊外を訪ねると外国人旅行者へのテロ体験ツアーが行われていた。講師はイスラエル軍の元特殊部隊。

エルサレムの一般的なマンションの中にはシェルターがあった。ほぼすべての家にシェルターがある。ガスマスクも常備。イスラエルにはパレスチナ自治区があり、エルサレムの帰属などをめぐり対立を続けてきた。ユダヤ人、アラブ人ともにエルサレムは首都だと主張する。そんななかトランプ政権はアメリカ大使館をエルサレムに移転予定。エルサレムで暮らす井上文勝さんはアメリカ大使館建設予定地を紹介、日本にも必ず影響が出ると語った。

トランプ大統領のエルサレムの首都認定で日本も大変なことになるという。杉田弘毅は中東で紛争が起きれば原油や天然ガスが入ってこなくなる、日本はエネルギー危機に直面する、全面的な対立や衝突は起きていない、トランプ大統領は大混乱は起きないと読んでいた可能性があると分析した。パレスチナの人々は武装蜂起をしてもイスラエル軍に弾圧される、何も起こせていない現状だという。

今夜の沸騰キーワードは「世界は“アメリカ離れ“?そのとき日本は…」。トランプ大統領はNAFTA見直し、TPP離脱、パリ協定離脱を表明している。孤立主義的なアメリカとどう付き合うかが安倍総理最大の課題で緊張感を常に持っているという。

ホワイトハウスで撮影された1枚の写真。トランプ大統領を囲むのはある宗教勢力の指導者たち。彼らはキリスト教福音派。メガチャーチと呼ばれる福音派の巨大な教会にはカフェや書店もある。午前11時からはコンサートのような礼拝が始まる。福音派の信者は米国民の4分の1。信者はトランプ大統領支持。福音派の団体が作った箱舟との遭遇博物館は旧約聖書の物語を再現した博物館。

キリスト教福音派は進化論を否定、聖書の教えを信じている。福音派は聖書を厳格に信じるキリスト教原理主義。

キーワード
渋谷区(東京)
ハイライフポークテーブル
ハイライフポークステーキ
トランプ大統領
TPP
エルサレム(イスラエル)
嘆きの壁
岩のドーム
聖墳墓教会
ユダヤ教
イスラム教
キリスト教
パレスチナ自治区(パレスチナ)
テロ体験ツアー
シェルター
ガスマスク
パレスチナ自治区(イスラエル)
テルアビブ(イスラエル)
イスラエル軍
NAFTA
パリ協定
安倍総理
ホワイトハウス
キリスト教福音派
フロリダ州(アメリカ)
ケンタッキー州(アメリカ)
箱舟との遭遇博物館
進化論

ニッポン外交 決断の時 (バラエティ/情報)
22:21~

トランプ大統領を支持するキリスト教福音派の信者が増えているという。信者の家では洗礼が行われた。キリスト教福音派にとって最も申請な場所がエルサレム。福音派は復活したキリストがエルサレムに現れると聖書を解釈する。福音派はエルサレムに聖書の世界などを紹介する博物館を作った。施設を作ったマイケル・エバンス氏はトランプ大統領のエルサレム首都認定に、これが神のご加護をもたらすと信じていると話す。またエルサレムには福音派系のCBNニュースの支局もある。

スタジオではキリスト教福音派の人たちが多いと話題になった。そこでトランプ大統領のエルサレム首都認定も福音派の影響が強いのではないかと話題になった。杉田弘毅は「選挙対策だと思う」と語った。トランプ大統領は選挙に勝つために何でもやっていると話題になった。また対外政策も自分の票につながるのかどうかを基準にしていると語った。

安倍首相がトランプ大統領から離れてまで行ったのがTPP11だ。TPP11はアメリカが脱退した後、日本がリーダーシップを取って国際体制を作りあげたものだ。トランプ大統領からすると1年でまとまるはずはないと思っていたのではないかと杉田弘毅は語った。

日本が急速に関係を深めているのがカナダだ。ピーコックストアでは目玉商品であるカナダ産の豚肉を販売しようとしていた。去年まではアメリカ産を中心に仕入れていたがカナダ産の方が美味しいということで、アメリカ産からカナダ産に切り替えたのだという。カナダ産の豚肉を仕掛けているのはハイライフの船越直之と伊藤忠商事の山下剛史だという。ハイライフでは日本向けの豚肉生産をしており、カナダ産豚肉の日本輸入量は年々増えており「ハーブ三元豚」というブランド名で販売している。ハイライフでは水や飼料にこだわっており、そのことによって肉質が良くなっている。そうした中でハイライフはTPPに向けて新たなブランド豚を売り出すことを目指しているという。

キーワード
フロリダ州(アメリカ)
キリスト教福音派
トランプ大統領
エルサレム(イスラエル)
イスラエルの友達博物館
聖書
マイケル・エバンス氏
CBNニュース
ネタニヤフ首相
コロラドスプリングス(アメリカ)
TPP
北朝鮮の核・ミサイル問題
安倍総理
TPP11
安倍首相
ピーコックストア
ハイライフ
伊藤忠商事
マニトバ州(カナダ)
ハーブ三元豚

ニッポン外交 決断の時 (バラエティ/情報)
22:41~

トランプさんの後も”トランプ”!?

カナダのハイライフではTPPに向けて新たなブランド豚「赤豚」を売り出すことを目指しているという。「赤豚」はがっつり食べたい人にはハーブ三元豚よりもいいかもしれないと会議で話題になった。またカナダはTPPがあれば日本への輸出を拡大できるのでいいチャンスだと話題になった。

スタジオではTPPによってカナダ産の豚肉が増えていくと話題になった。また日本とカナダの関係が緊密になってきており、エネルギー面でも日本にメリットがあるという。カナダにはオイルサンドがあるので魅力的な国だという。またブレグジットの影響でイギリスとの関係も深くなってきていると話題になった。

キーワード
ハイライフ
伊藤忠商事
マニトバ州(カナダ)
TPP
赤豚
ハーブ三元豚
トランプ大統領
トランプさん

ニッポン外交 決断の時 (バラエティ/情報)
22:49~

今後の日米関係について杉田弘毅は「トランプさんの後はトランプさん」と語った。アメリカの抱えている問題は短期間で解決しないので、そういった中でトランプ大統領が選ばれたということから、今後もトランプ大統領のような人が大統領に選ばれる可能性があると語った。

「未来世紀ジパング」など人気の経済番組を配信中「ビジネスオンデマンド」を検索。

キーワード
トランプ大統領
ビジネスオンデマンド

エンディング (その他)
22:50~

番組の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 3月5日 放送
  3. 次回の放送