日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜 特別編

放送日 2018年1月28日(日) 16:00~17:15
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
16:00~

オープニング映像。脱北者であるパク・ジウさんが体験した北朝鮮の話。パクさんが脱北を決意したのは北朝鮮の公開裁判等の北朝鮮の恐怖政治から逃れる為である。また、巨大権力との壁における香港の自由等の今回の見所について映像が流れた。

日経スペシャル 未来世紀ジパング (バラエティ/情報)
16:04~

脱北者であるパク・ジウさんが体験した北朝鮮の話。パクさんが脱北を決意したのは北朝鮮の公開裁判等の北朝鮮の恐怖政治から逃れる為である。

今回の見所紹介。沸騰キーワード「自由を求めて…女性たちの戦い」を挙げ、北朝鮮で生まれたパク・ジウさんの脱北における内容の紹介が行われた。

脱北者であるパク・ジウさんの話。脱北支援者と逃亡するパクさんは道中で食事と着替えを済ませて錦州南駅へと向かった。ここにも公安の警察官はおり、中国で捕まっては北朝鮮に送還されるとパクさんは不安になっていた。瀋陽駅にたどり着いた一行はここで3ヵ月身を潜めた。そして、中国大都市の昆明へとたどり着いた。ここから中国とラオスの国境線を超えなければならず、山道へと入った。パクさんは道中にて「韓国にたどり着けたらなんでもする。勉強がしたいです」等と語った。だが、ラオス国境目前にて車の明かりが見えた。

脱北者であるパク・ジウさんの話。カレブ宣教会では20年前から脱北支援者を行なっており、キム・ソンウンさんは脱北者について捕まると監獄されるか死刑になる等と語った。スタッフは脱北者であるパクさんと接触し、脱北における話を聞いた。以前、ジパングにおいては国境の河を取材し、北朝鮮側へと近づくと中国人ガイドが大量の食料を投げ込んだことがあった。パクさんは父は炭鉱労働者であり、母は大飢饉で亡くしたとされ、今や父は自身の存命について知らないとのことで、「1人だけだったので生き残るために中国へ行くしかなかったんです」等と語った。パクさんは脱北を図り、長白へとたどり着くも人身売買のブローカーに捕まり、錦州へと売られてしまう。その後脱北支援団体とつながりを持ち、パクさんに脱北する為に力を貸した。

キーワード
錦州南駅
瀋陽駅
昆明(中国)
カレブ宣教会

日経スペシャル 未来世紀ジパング (バラエティ/情報)
16:28~

脱北者であるパク・ジウさんの話。パクさんは脱北支援者と共に脱北最大の難所である中国とラオスの国境を進んでいた。ラオス目前にて警察官の姿を目撃しては林へと逃げ込んだ。身を潜めてやり過ごし、無事ラオスへとたどり着いた。だが、ラオスは北朝鮮友好国であった為に掴まれは北朝鮮に強制送還されてしまう。そして、パクさんはタイへの国境までバスで向かい、最後の難所であるメコン川にたどり着いた。ここでラオス人の協力を得てタイへとたどり着いた。パクさんは「死を覚悟していたいのでタイになんとかつくことができて本当に嬉しかったです」等と語った。タイにおいては脱北者は韓国に送還であり、人道的な配慮とされている。

脱北から7ヵ月が経ち、パクさんは憧れの地である韓国にたどり着き、カフェの店員をやっていた。パクさんは「いつかは韓国を旅行したい。外国語をもっと勉強してみたいんです」等と語った。

スタジオトーク。内田恭子らは北朝鮮の悲惨さについて「命を懸けてでも脱北したいんですね」等とコメントした。また、北朝鮮における韓国への脱北者推移が紹介された。

スタジオトーク。内田恭子らは香港のキーワードである「一国二制度」について語った。

香港で周庭は3月に選挙に出馬することを発表し「この選挙は中国の圧力に抵抗する民主派か中国のいいなりになる親中派かを選ぶものである。香港市民の意思を示そう」と呼びかけた。周庭は日本のアニメなどを好み、日本語も堪能である。そんな彼女が香港のいまと未来を憂いていた。

1997年、香港はイギリスから中国に返還された。その少し前、1996年12月3日にアグネス・チョウは生まれた。2017年になって習近平国家主席が初の香港訪問を行い「一国二制度が維持されるよう保障する」と話した。しかし香港の若者らはその言葉を信じれなかった。アグネスが15歳のとき、中国は、イギリス式の開かれた教育が行われていた香港に、中国共産党は愛国教育の必修化を迫り、若者らは大規模なデモを起こした。デモにより、愛国教育の必修化は撤廃された。学生組織のデレク・ラムさんは「活動家というと日本の蓮舫さんのような過激な人を思い浮かべるかもしれないが、アグネスはそれとは違う。見た目は上品だが強い思いがある香港では珍しいタイプ」と話す。

これまで、香港行政長官は中国政府の意向で事実上決められてきた。アグネスはこれを選挙で決めることを求めている。しかし中国政府はこれを完全否定した。香港市民は「中国に返還された時は中国人としてトップを選べると思っていたが約束は全て嘘だった」と憤った。その怒りは香港中に広がり、市民は中心部の道路を占拠した。それに対し香港当局は催涙弾での強制排除に乗り出すが、それは逆に「香港人」としての結束を強めることになった。デモ隊が傘で催涙弾を防ぐようになり、その活動は「雨傘運動」と呼ばれるようになった。デモには中学生も参加し「勇気を出して政府の考えを変えさせたい」などと話す。20万人に膨れ上がったデモ隊には中国政府も警戒を強めている。アグネスは現在「民主の女神」と呼ばれるようになった。アグネスらは3か月、デモを続けた。

中国政府の意向により、香港当局は武力で雨傘運動を鎮圧した。1年半後、アグネスら雨傘運動のリーダーは香港衆志を立ち上げ、香港議会に代表を送り込むことを決めた。香港立法会の70議席の内35議席は普通選挙によって市民が選ぶことができる。この時は親中派が43議席を獲得しており多数はだったため、民主派は重要法案を否決できる24議席を固めることを目標とした。占拠では、香港衆志からネイサン・ロー候補が出馬した。ネイサン・ローは「皆さんにとって重要な占拠になる。親中派を抑えるために議会を改革しなければいけない」と呼びかけた。

この日、アグネスは繁華街のバス停でネイサン・ローの選挙活動を行った。アグネスは「中国政権はとても強い。覚悟が無ければ何もできない」と話した。その後、ネイサン・ローは5万票以上を獲得し当選し、香港立法会最年少の議員が誕生した。香港立法会の民主派勢力は予想より多い30議席を獲得した。ネイサン・ローは「市民らの変わりたいという思いが僕達に新たな未来を託した」と話した。アグネスは「今まで色々な努力をして辛かったこともあった。いまネイサンを議員にできてすごく嬉しい」と話した。しかし、香港立法会でネイサンは議員の資格を剥奪されてしまう。

キーワード
ラオス
メコン川
金正恩委員長
習近平国家主席
一国二制度
周庭
香港衆志
香港(中国)
江沢民国家主席
チャールズ皇太子
アグネス・チョウ
中国共産党
蓮舫さん
アグネス
董建華
曽蔭権
梁振英
雨傘運動
香港立法会
ネイサン・ロー候補
ネイサン・ロー

日経スペシャル 未来世紀ジパング (バラエティ/情報)
16:50~

中国においては様々な問題があり、その一つは住宅問題である。中国本土の資本が物件を購入し、住宅価格が10年3倍になり、庶民の生活がピンチとなっていた。ウォンさんの狭い部屋での生活やホーさんの政府からの立ち退き命令が紹介され、ホーさんは「代わりに住める場所なんてもうどこにもないのよ。出ていけるわけないでしょ」等と語られた。

香港の生命線を握るのも中国であり、中国本土からの水が贈られており、香港の生活水の7割以上が中国本土とされている。また、国家法の紹介も行われ、国会を敬い替え歌や侮辱を禁止し、悪質な場合には刑事責任もなるとされている。

周庭さんの話。周庭さん大学に通いながら政策研究員として働いていた。だが、その矢先にネイサン・ロー議員は議員資格の剥奪危機となった。周庭さんは拡声器を抱え、街で直訴するも一蹴された。その後、日本の大学や取材局にて自身の国等について語り、「私達が考えなければならない問題」等と訴えた。だが、遂に香港でアグネスが逮捕…

キーワード
ネイサン・ロー議員
林鄭月娥氏
立命館大学
欅坂46
サイレントマジョリティー

日経スペシャル 未来世紀ジパング (バラエティ/情報)
17:01~

去年6月、香港に習近平主席がやってきた。「この20年、中国政府は香港を支えてきた」と彼は話す。民主化運動のリーダー・アグネス・チョウは中国が贈呈した金の花の像が設置された公園を占拠した。「一党独裁をやめろ!」と声を上げると、「公衆妨害の罪で逮捕するぞ」と警察が出動した。警察署で31時間拘束されたのち釈放されたが、直後に「市民の皆さん。習近平主席訪問中に香港人のプライドと意思を見せましょう!民主化を求めます、自由を、人権を求めます!」と訴えた。7月1日、香港返還から20年が経過し、民主化デモには6万人が集った。市民はアグネスを「民主の女神」と呼ぶ。式典の場では習近平主席が「中国の主権と安全を脅かし、中央の権力などに挑戦する行為は許されない」と警告を発した。2週間後、ネイサン・ロー議員を含む民主派6人が資格を剥奪された。アグネスの盟友・ジョシュア・ウォンは14歳で学生組織を設立し、共産党に立ち向かう若者としてTIME誌の表紙を飾ったこともある。雨傘運動の罪に問われ、3ヶ月の禁固刑に処された。その場に立ち会ったアグネスは「ジョシュアくんの分も頑張りたい」と話す。

キーワード
習近平国家主席
アグネス・チョウ
民主化
一党独裁
香港返還
ネイサン・ロー
香港高等法院
ジョシュア・ウォン
共産党
雨傘運動
禁固刑
香港
中国

日経スペシャル 未来世紀ジパング (バラエティ/情報)
17:09~

民主化運動の女神・アグネス・チョウはネイサン・ロー前議員の選挙区から民主派代表として出馬した。「民主主義を大事にする香港人には分かっているはずです。政府から弾圧されても香港人は自分の身を守れない」と訴える。対する親中派の陳候補には業界団体がついている。彼女は「この数年を振り返ると民主派のせいで争いが起こった」とコメントした。先週、アグネスの選挙がスタートした。3月の選挙結果は香港の民主化の行方を左右するとも言われている。しかし1月27日、香港政府はアグネスの立候補を認めないと通知した。

「日経スペシャル 未来世紀ジパング」の番組宣伝。韓国では孤独のグルメが大流行している。また、2月下旬には中国でのシューズ戦争を特集する。さらに、日本を席巻する「ヒュッゲ」の正体などを調査している。

キーワード
アグネス・チョウ
民主化
香港
中国
立法会補欠選挙
ヒュッゲ

エンディング (その他)
17:13~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 1月28日 放送
  3. 次回の放送