Mプラス 11 2013年7月17日放送回

放送日 2013年7月17日(水) 11:13~11:35
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:13~

オープニング映像と水原恵理による挨拶。

現在の日経平均株価を伝えた。今朝の日経平均株価は反落している。

このあと、元社長らを逮捕。

キーワード
TOPIX
日経平均
NYダウ

ニュース (ニュース)
11:15~

鉱泉を利用できる権利をめぐり、元本保証などを謳い文句に違法に出資を募ったとして、健康食品販売会社の元社長ら3人を出資法違反の疑いで逮捕した。元社長らは鉱泉権を購入すれば配当金を支払うなどとし、出資者9人から約2億3000万円を集めた疑いがもたれている。この会社は1998年から全国の高齢者など約650人から総額80億円を集めたとみられている。

このあと、もんじゅを現地調査。

モルシ政権が崩壊したエジプトで、次の大統領が選出されるまでの暫定内閣が発足した。こうした中、モルシ前大統領を支持するムスリム同胞団は強く反発している。ベブラウィ首相は憲法改正に向け「実務型内閣」を目指す事にしているが、ムスリム同胞団は「暫定政権の正統性は認められない」と反発している。

キーワード
警視庁
モルシ前大統領
エジプト
ムスリム同胞団
ベブラウィ首相

ニュース (ニュース)
11:19~

このあと、全国の天気予報。

パナマ運河付近を航行中だった北朝鮮の貨物船からミサイルの部品が見つかった事について、この部品はキューバのものだった事が判った。北朝鮮との兵器の取引は禁止されている事から、関係各国は、今回見つかった物資が安保理決議の対称かどうかなど、事実関係を調べることにしている。

福井県敦賀市にある「高速増殖原型炉もんじゅ」の敷地内にある断層の危険性を調べるため、原子力規制委員会が現地調査を始めた。原子炉の真下にある8本の破砕帯が、もんじゅから約500m西にある活断層に連動して動く可能性があるかどうかが焦点となっている。破砕帯が動く危険性が確認された場合、運転再開は極めて難しくなる。

若者に人気の原宿・竹下通りや裏原と呼ばれるエリアで、消防などによる建物の一斉立ち入り検査が実施された。夏休みに入ると多くの人出が予想される事から、避難施設の維持管理や防火意識の向上を目的としている。今回はおよそ80か所が対象で、消火器の設置や避難路の確保などを検査した。

キーワード
北朝鮮
キューバ
パナマ運河
ミサイル
敦賀市(福井)
破砕帯
原子力規制委員会
原宿(東京)
裏原(東京)
竹下通り

天気予報 (ニュース)
11:22~

鎌倉プリンスホテルの天気カメラの映像とともに、全国各地の天気予報。

このあと、マーケット情報。

マーケット情報 (ニュース)
11:25~

現在の主な株価指数として、日経平均・日経平均先物・TOPIXの値動きを紹介。昨晩のNYダウが下落した事や、円相場が上昇している事などを受けて、今日の日経平均株価は大幅下落でスタートした。

マーケットの動きについて岡村友哉が解説。日経平均株価の動きはについては値幅が狭くなっている事や、バーナンキ議長の議会証言を待ちたいと言う動きがあるとの見解を示した。

トヨタ、富士重、キヤノン、東電、サントリBFの値動きを紹介。主力株は上がっている物が多い中、特に東電に売買が集中している。富士重は「4~6月期の営業利益は700億円前後」という報道が出ていて買われている。

今日から東証と大証の現物市場が統合したが、大証をメイン市場としてきた任天堂、日電産、銭高組、関西スーパ、楽天の値動きを紹介。上がっている所も下がっている所もあるが任天堂は大きく上昇。東証一部値上がりトップのゼネコン・銭高組には政策期待などで人気が集まっている。

KLab、ガンホー、コロプラ、クルーズ、enishの値動きを紹介。東証一部の値下がり率ランキングの 上位に来ているKLabは、人気の無いゲームが増えてきてそれを抱えているという状況が収益にマイナス益を及ぼすリスクがあるかもしれない。

午前の終値とアジアの株価指標を確認。日経平均は前日より85.20円安い値となっている。

今日の主な経済関係の予定を紹介。「6月住宅着工」「バーナンキFRB議長の議会証言」「ベージュブック」「決算=インテル、IBM、バンク・オブ・アメリカ、アメリカン・エキスプレス」。

上昇が目立っている三菱自動車の動きと解説。日経新聞で16年ぶりに今期復配を計画していると報じられた事を受けて、利回りの部分をお構いなしで上げていると解説した。他にはトヨタとホンダがしっかりとしており、富士重工業は連日で上場来高値を更新している。

日経新聞1面で報じられた、NECのスマホ事業からの撤退に関連した動きと解説。買い材料となっており、4%以上上げている。赤字だったスマホ事業を中国のレノボからの出資で建て直す方向で来ていたが、条件面で折り合わなかったとみられている。

三井住友信託銀行の細川陽介氏と電話を繋ぎ、今晩行なわれるバーナンキ議長の議会証言のポイントについて解説。今晩の発言については7月10日の「米経済は極めて緩和的な金融対策が必要」とした発言を踏襲するのではとの見解を示した。量的緩和の縮小のタイミングについては、金融緩和をやるとは言っても、量的緩和の縮小というのもやってくるのだろうという考えを語った。

キーワード
日経平均先物
TOPIX
日経平均
NYダウ
日経平均株価
参院選
トヨタ
富士重
キヤノン
東電
サントリBF
大証
任天堂
日電産
関西スーパ
ガンホー
コロプラ
クルーズ
enish
東証マザーズ指数
日経ジャスダック平均
ゴールドマン・サックス
ヤフー
コカ・コーラ
消費者物価
ZEW景気予測指数
鉱工業生産
日経新聞
NEC
レノボ
スマホ
三菱自
ホンダ
ダイハツ
バーナンキ議長
三井住友信託銀行
金融緩和
量的緩和

エンディング (その他)
11:34~

「L4YOU!plus」の番組宣伝。特集は「孫への教育資金を非課税で贈与」。

  1. 前回の放送
  2. 7月17日 放送
  3. 次回の放送