ジョージ・ポットマンの平成史 2012年3月11日放送回

ジョージ・ポットマンの平成史(ジョージ・ポットマン-へいせいし)はテレビ東京で2011年10月1日から2012年3月24日まで放映された情報番組である。2011年7月19日バラエティ7で単発番組が放送され、その後レギュラー番組化した。「テレビ誕生100周年記念番組」「テレビ東京・イギリスCBB共同製作」の表題が付けられている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年3月11日(日) 0:50~ 1:20
放送局 テレビ東京

番組概要

The 23th chapter パワースポット増え過ぎ史「なぜ平成時代パワースポットが大ブームなのか?」 (バラエティ/情報)
00:51~

「ジョージ・ポットマンの平成史」DVD vol.1 vol.2発売のお知らせ。

ジョージ・ポットマンが今回のテーマについて紹介。今回のテーマは平成時代にパワースポットが増える理由について。「日本の宗教史を研究するものにとって、平成時代とは大きなターニングポイントだったと後世の歴史学者は記すでしょう。何故なら、かつて無宗教とまで言われた日本人の宗教観に大きな異変が起きているのです」とジョージ・ポットマンは語った。その変化に関する生き証人がいると聞き、浅草にある古社、今戸神社にやってた。そこにいたのは、日本の著名なパワースポット研究科、兼アイドル・疋田紗也。

パワースポットアイドル疋田紗也、スリーサイズ86-58-88。1989年千葉県に誕生、千葉県立八千代東高校に通学しながらアイドルデビュー。デビュー後1年で「なまさやさや」「半分、少女」など写真集3冊、DVD5本を発売。しかし、2006年6月趣味SEXと書いたプライベートサイトの存在を日本の著名なテレビ局ちゃんねる2に報道されブログが激しく炎上。現在ではパワースポットアイドルとして多くのメデイアで活躍している。

疋田紗也は普段、パワースポットの記事を書いたり、実際にその場に行ってみたり、新しいパワースポットを探したりしているという。ジョージ・ポットマンは人のオーラが見えるという疋田紗也に、自身を見て貰った。

2012年現在、都内で確認されているパワースポットが地図で紹介された。東京のお伊勢様とも言われている東京大神宮(創建1880年 主神 天照皇大神・豊受大神)日本発の神前結婚式を執行(後の大正天皇と九条節子)。学問の神、菅原道真公を祀り、近年スカイツリーも望めると人気のパワースポット、亀戸天神社(創建1646年 主神 菅原道真・天善日命)とある調査で東京のパワースポットNo,1に輝いたことも。飯倉交差点、新宿区内藤町の井戸、新大久保コリアンタウン、荒川の土手までもがパワースポットと言われている。更に、水道橋にある吉田晴一さんが店長を務める冨田書店なる、炭火焼の店のトイレ。

パワースポット特集を組む雑誌はan・an、CREA、女性自身、Ozmagazineなどがある。パワースポットを扱う雑誌の数が急激に増えている。「CAZ」に掲載されている、石川亜沙美さんの銀座パワースポット案内なる記事には、「本場台湾料理の小籠包、肉汁もろともひき肉をギュッと包み込み・・・」など単なるお薦めグルメ特集にしか見えないものもパワースポットと狂言。片瀬那奈なる人物のパワースポット特集では、何の取り留めもない広島県の街や居酒屋を1位2位に選出し、ランキング形式にも関わらず選出理由がイマイチ不明瞭。現在の日本では、ありとあらゆる場所がパワースポット化。中央構造線上にある峠、商店街の銅像でさ

パワースポットという言葉は1986年「現代用語の基礎知識」という本に見出し語として初めて登場した。当時は「パワステ」「パワーショルダー」などパワーという言葉を使った表現が非常に多かった。その一方で「Gスポット」「ホットスポット」という言葉もよく使われていた。それらが合わさり「パワースポット」という言葉が出てきたと、樫尾直樹教授は解説した。当時、ごく一部のミュージシャンなどが奈良の天河大弁財天社で宇宙と交信できるなどと言い出したことがパワースポットの元祖と言われている。宗教社会学会のアンケート調査などでは、53.8%の若者がパワースポットに非常に関心があると答えている。

国立国会図書館で2009年衆議院議員選挙で民主党が大勝し政権交代が実現。新たな時代の到来を予感させる中、注目を集めたのは民主党の施政方針ではなく鳩山幸女史の特異なパーソナリティだった。彼女の書「私が出あった世にも不思議な出来事」を見てみると、「眠っている間に、魂が三角形のUFOに乗って金星に行って来た」と書かれている。更に、「トムクルーズは前世で日本人だった」(週刊文春)と述べている。なんと、「鳩山幸のスピリチュアルフード」なる著書まで発表し、一時は鳩山首相本人も一時期、サイババの写真を携帯していたという。

平成に入ると、細木数子なる元飲食店経営者がズバリ言う番組や、江原啓之なるオペラ歌手がオーラを漂わせる番組など、多くのスピリチュアル礼賛番組がゴールデンタイムを席巻。しかも、視聴率30%を超えるという異常な自体に突入していた。更に「Trinity」なるスピリチュアル専門誌も発刊された。更に、高級オピニオン誌「SPA」でもスピリチュアルオナニーを特集。

1998年以降、非合理な存在や力を信じる若者が急増しているというデータをNHK放送文化研究所が発表した。又、若年層の間では「あの世」の存在を信じる人が急増。江原なるオペラ歌手の「A・NO・YO」なる雑誌も発行された。かつてに比べ、年配より若者の方がこれらを信じるというデータも出ている。大正大学の弓山達也教授は、若者はスピリチュアルにかける時間を持て余している。と解説した。更に、東京未来大学の出口保行教授は、これらブームの原因は平成時代の「未来、人気無さ過ぎ文明」のせいではないか、と語った。

キーワード
ジョージ・ポットマンの平成史
ジョージ・ポットマンの平成史 Vol.2
疋田紗也
パワースポット
源頼義
なまさやさや
半分、少女
ブログ
千葉県
東京都
天照皇大神
豊受大神
大正天皇
九条節子
新大久保(東京)
菅原道真公
新宿区内藤町(東京)
水道橋(東京)
井戸
an・an
CREA
女性自身
OZmagazine
CAZ
石川亜沙美
片瀬那奈
銀座(東京)
広島県
小籠包
分杭峠
アメ横賑わいの像
はとバス
せたな町(北海道)
名張市(三重)
倉敷市(岡山)
スピリチュアル・ライフのすすめ
スピリチュアリティの社会学
現代用語の基礎知識
パワステ
パワーショルダー
Gスポット
ホットスポット
民主党
鳩山幸
鳩山由紀夫
トム・クルーズ
サイ・ババ
鳩山幸のスピリチュアルフード
細木数子
江原啓之
ズバリ言う番組
オーラの泉
SPA
Trinity
A・NO・YO
大正大学

The 23th chapter パワースポット増え過ぎ史「なぜ平成時代パワースポットが大ブームなのか?」 (バラエティ/情報)
01:09~

大正9年に「百年後の日本」という本が出版された。この本では、医者や政治家など300人余りが、2020年の日本を予想している。その中には、「真に亜細亜の覇者」「船酔いをしない薬」「風俗不良花柳病蔓延」「女子貞操観の低下」などがあり、百年後の蒲焼きについての「余り変わっていない」という予想もあった。予想したうなぎ屋は「宮川本廛」で、その店は確かに今も余り変わっていなかった。この様に明治から大正期は未来予測が大ブームになった。その傾向は昭和に入っても継続した。1969年の少年サンデーの「未来シリーズ」が紹介された。少年漫画でも「鉄腕アトム」「宇宙戦艦ヤマト」など未来描写が大ヒットした。

キーワード
百年後の日本
宮川本廛
少年サンデー
宇宙戦艦ヤマト
鉄腕アトム

The 23th chapter パワースポット増え過ぎ史「なぜ平成時代パワースポットが大ブームなのか?」 (バラエティ/情報)
01:13~

しかし平成時代になると、過去が礼賛されるようになった。過去を描く「ALWAYS 三丁目の夕日」「1Q84」「JIN-仁」「タイムスクープハンター」「バブルへGO!!」、過去の町並みを再現した「新横浜ラーメン博物館」などが紹介された。東京未来大学の出口保行が「明るい未来予測が明確に描けていた時代には、現在が辛くてもそれにすがることができた。そうした未来礼賛ができなくなった結果、出てきたのがスピリチュアル、パワースポット過剰礼賛文明」と話した。内閣府の調査では、「今後の生活の見通しは悪くなる」という答えが1997年には21.5%だったが、2008年には36.9%に増えた。その間、細木数子、江原啓之

大正大学の弓山達也が、「実は平成時代のスピリチュアルブームは、近年どんどん他力本願になってきている」と話した。

キーワード
細木数子
江原啓之
内閣府
ALWAYS 三丁目の夕日
1Q84
JIN-仁
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式
タイムスクープハンター
大正大学

The 23th chapter パワースポット増え過ぎ史「なぜ平成時代パワースポットが大ブームなのか?」 (バラエティ/情報)
01:17~

大正大学の弓山達也が、「過去の日本にも出口が見えない閉塞感が広がる時代があった。それは平清盛が活躍した、平安末から鎌倉初期。その頃には末法思想が流行った。何かに縋りたいという他力本願の思想も流行した」と話した。親鸞の絵が映った。満月に向かって財布を振り、金運アップを図る団体「満月お財布フリフリーゼ」や、「週刊女性」の、宝くじが当たるスピリチュアル売り場の記事や、「Trinity」のスピリチュアルダイエットの記事が紹介された。加藤清正の井戸もブームになっているが、「サンデー毎日」によると、ここを訪れる若者の22人中20人は、ここが何の井戸か知らなかった。

ジョージ・ポットマンが、「人は自分の問題を環境のせいにばかりしている。私は環境など信じない」という、イギリスのノーベル文学賞受賞者、バーナード・ショーの言葉を紹介した。

次回予告。

キーワード
大正大学
平清盛
親鸞
満月お財布フリフリーゼの会
週刊女性
サンデー毎日
Trinity
末法思想
バーナード・ショー
ノーベル文学賞

スポット

グルメ

冨田書店

スクール/教育

千葉県立八千代東高等学校
東京未来大学

レジャー/交通

荒川の土手
スカイツリー
飯倉交差点
新横浜ラーメン博物館
国立国会図書館

宗教

東京大神宮
今戸神社
加藤清正の井戸
天河大弁財天社
京都石清水八幡
亀戸天神社

情報/通信

NHK放送文化研究所
  1. 前回の放送
  2. 3月11日 放送
  3. 次回の放送