SUPER GT+ 【今年の初乗りは最強SUV!ランボルギーニ・ウルス】

SUPER GT+(スーパージーティープラス)は、2011年4月10日からテレビ東京系列で放送されているSUPER GTの情報を中心としたモータースポーツ及び自動車情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月13日(日) 23:30~ 0:00
放送局 テレビ東京

番組概要

ランボルギーニ ウルス (バラエティ/情報)
23:30~

ランボルギーニにがつくるSUVウルスが日本上陸。ロードインプレッションのご意見番である片岡龍也とともにレビューしていく。最近、各社がSUVを続々発売する背景に、片岡「SUVという入り口を広げて、結果それがブランドイメージの構築。それで成功したのがポルシェ」と語った。今回は、5項目でウルスを徹底チェックする。更に、後半は1000万円超えの高級セダンを、「買うならどっち!?」の視点でガチ比較する。

昨年、日本に上陸したランボルギーニ・ウルス。ハイエースと比較すると、その存在感は抜群。カッコよさは4点。ファミリーの項目はゴルフバックなどの収納や天井の高さを考慮し、2点。走りは、6つの走行モードを備え、様々な環境に対応。強力な馬力をもっているなどから、5点満点。一方、ワイルドさは意外と普通との印象から3点となった。最後に、コストパフォーマンスについては、2780万円の価格から、2点となった。

キーワード
ランボルギーニ
ポルシェ
ウルス
カイエン
マカン
911
DBX
ハイエース
C-HR
Q7
GLS 63

アウディA7vsレクサスLS500h (バラエティ/情報)
23:40~

買うならどっち!?の目線で、アウディA7vsレクサスLS500hを比較。片岡はLS500hを4点、A7を3点と評価するも、中尾の一声両社3点と評価。A7の内装は、一見すると何もないデザイン。ナビの文字は手書きに対応しており、高度な運転システムを装備。最先端は文句なく5点と評価した。続く、高級感については、インテリアはスッキリとまとめてあるも、高級感はなく3点となった。対する、LS500hについては、スイッチ類の多いインテリアだが、オーナーズデスクを完備していることを評価し、最先端は4点、高級感は5点と評価。このあと、両車走りの評価は驚きの結果に。

キーワード
A8
LS500h
パナメーラ
CLS
アウディ
レクサス
A7

アウディA7vsレクサスLS500h (バラエティ/情報)
23:49~

続いては、アウディA7の走りをチェックする。走行モードは4段階を備え、大きい車格ながらミドルクラスのハンドリングと高評価。しかし、片岡は「高級車には、もう少し癖がほしいかな。これをわざわざ1千万円出して買う理由が欲しいですよね」とし、4点の評価に留まった。対する、LS500hは、走行モードは5段階を備えている。走りに不安要素はないも、走りの楽しさという点で3点となった。また、A7よりも価格が高いことから、コストパフォーマンスは2点となった。

キーワード
A7
LS500h
アウディ
レクサス

アウディA7vsレクサスLS500h (バラエティ/情報)
23:55~

最終ジャッジは、中尾がA7、片岡、渋谷がLS500hの評価となった。片岡「加速性能を除けば、所有する喜びといえばやっぱりこっちなのかな」と評価。

カスタムカーの祭典 東京オートサロン2019速報!

キーワード
A7
LS500h
アウディ
レクサス
東京オートサロン2019

エンディング (その他)
23:57~

次回は、東京オートサロン2019にて、ワクワクする最新カスタムカーに、ドライバーの移籍情報など他には聞けない情報を徹底取材する。

SUPER GT+エンディングテーマ:「Keep on living in my music,」uchuu;

最新カスタムカーの特ダネをスクープ!

キーワード
東京オートサロン2019
uchuu;
Keep on living in my music,

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月13日 放送
  3. 次回の放送