SUPER GT+ 劇的幕切れとなった第4戦タイ”神バトル”SP

SUPER GT+(スーパージーティープラス)は、2011年4月10日からテレビ東京系列で放送されているSUPER GTの情報を中心としたモータースポーツ及び自動車情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月15日(日) 23:30~ 0:00
放送局 テレビ東京

番組概要

第4戦タイ 神バトル! (バラエティ/情報)
23:30~

SUPER GT+第4戦タはチャンピオン争いの重要な戦いとなった。歴史に残る激しいバトルからGT+が神バトルを厳選。今回収録を行ったのはヒストリックガレージカフェ&グリース。

ゲストは大嶋和也選手と関口雄飛選手が登場。大嶋和也選手はGT500初参戦22歳で最年少ボールトゥウィンを達成。関口雄飛選手はアグレッシブで注目株。

SUPER GT第4戦で予選1時間前にスコールでステージはウエットに。路面が乾き始めた頃雨に有利なレインタイヤからスリックタイヤに変えるチームが急増。中嶋はレインタイヤを選択。この時点では走行道のみ乾いていたが終了二分前スリックタイヤを選択したチームのタイムが上がり始めた。結果中嶋一貴は10位に沈んだ。

決勝にはフェリックス・ローゼンクヴィストと中嶋一貴が登場。中嶋一貴はヘアピンで9位に浮上。ローゼンクヴィストも続く。ローゼンクヴィストが首位集団をとらえ5位にまで浮上し9台をごぼう抜きした。中嶋一貴は5位まで順位を上げた。

小林可夢偉の車が脱輪、大嶋が前に出ようとするも小林可夢偉がそれを阻み、バトル18週目には小林可夢偉は失速すると大嶋にチャンスが訪れたがコースオフしてしまいそのまま捉えることが出来なかった。

大嶋和也は18歳でGT300デビュー。2007年にはチャンピオンを獲得した。2009年にGT500に参戦した。関口雄飛は19歳でGT300に初参戦。挫折がイケイケと進化させていく。

キーワード
ヒストリックガレージカフェ&グリース
中嶋一貴
フェリックス・ローゼンクヴィスト
小暮卓史

第4戦タイ 神バトル! (バラエティ/情報)
23:49~

このあと、小林可夢偉を捉えトップを狙う!

関口は大嶋にくらいつき関口が2番手にかわり小林可夢偉に挑む。3台でのバトルは真ん中が一番不利となり神バトルに発展した。

関口雄飛は最後はガス欠で終わったが燃料を攻めるというのはできるだけ軽く走りたいと考えている。それでもシビアなので少しでも軽くしたいという思いがあると答えた。

キーワード
小林可夢偉

第4戦タイ 神バトル! (バラエティ/情報)
23:53~

このあと、今週のレースクイーンが登場。

小林可夢偉に挑んだ関口雄飛。レース残り6周関口が仕掛けたが小林を追い越せず。ファイナルラップで関口雄飛はガス欠になってしまった。

エンディング (その他)
23:57~

「SUPER GT+」の次回予告。

SUPER GT+エンディングテーマ:「Keep on living in my music,」uchuu;

今週のレースクイーンあやきいくを紹介した。

キーワード
uchuu;
Keep on living in my music,

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月15日 放送
  3. 次回の放送