SUPER GT+ 第4戦 菅生 GT500

SUPER GT+(スーパージーティープラス)は、2011年4月10日からテレビ東京系列で放送されているSUPER GTの情報を中心としたモータースポーツ及び自動車情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年7月30日(日) 23:30~ 0:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
23:30~

オープニング映像。

今回のゲストはいとうあさこ。山本左近が第4戦SUGOの見どころについて紹介した。いとうあさこは「今の時点であなたたちが何を喋っているのか?そんな私が来ちゃって大丈夫!?」とコメントした。中尾明慶は「お気に入りのチームがあるとレースが楽しみやすい」とアドバイスをした。

いとうあさこがお気に入りのチームを探しに「フォーラムエンジニアリングGT-R」を訪れた。いとうあさこは近藤真彦監督の大ファンで、監督として姿を見るのは初めてと大興奮した。

第4戦SUGOではタイヤ選択が重要で、どのチームもスリックタイヤとレインタイヤの選択を悩んでいた。近藤監督はスリックタイヤでのスタートを決断した。

キーワード
スポーツランドSUGO
フォーラムエンジニアリング
近藤真彦監督

第4戦 SUGO GT500 (スポーツ)
23:33~

第4戦 SUGO GT500。スリックタイヤを選択したLC500だが路面がまだ濡れておりコースアウトした。フォーラム GT-Rもタイヤがグリップせず9位まで順位を落とした。KEIHIN・NSXはカウルが吹き飛ぶアクシデントに見舞われ戦線離脱した。300クラスの車がコーズ上に破片を残していったためセーフティーカーが入った。レースは11周でリスタート。LAP32周で雨がやみ路面が乾きだしRAYBRIGは天候を見極めるためピットインのタイミングを遅らせる作戦にでた。いとうあさこがピット最前線を訪れレースを体験した。LAP48周で再びセーフティーカーが導入され、RAYBRIGの作戦は崩壊へと追い込まれた。

チャンピオン平手晃平vs帝王 本山哲。最後にとんでもないドラマが待っていた。

キーワード
スポーツランドSUGO
フォーラム GT-R
KEIHIN REAL RACING
MOTUL MUGEN NSX-GT
平手晃平
本山哲

第4戦 SUGO GT500 (スポーツ)
23:50~

ファイナルLAPでチャンピオン平手晃平vs帝王 本山哲のバトルが展開。優勝を手にしたのはLC500・コバライネン・平手晃平。突然の雨でグリップを失った平手だがTOPを死守し勝利への執念を魅せた。2位は本山哲・千代勝正の日産勢。

敗者のバラード いとうあさこが選ぶ名場面も!

キーワード
スポーツランドSUGO
フォーラム GT-R
KEIHIN REAL RACING
MOTUL MUGEN NSX-GT
平手晃平
本山哲
LEXUS TEAM ZENT CERUMO

第4戦 SUGO GT500 (スポーツ)
23:54~

敗者のバラードは野尻智紀。ポールポジションからスタートし決勝ではファステストラップと抜群の速さをみせたが結果は5位。野尻は「自分のスティントであんな風に順位をさげるというのはしちゃいけないと思う。少なくとも自分のスティントを完璧にこなさないとチャンスは訪れないと思うので今日の僕のレースは0点」とコメントした。

いとうあさこの心に残った名場面は「ファイナルラップの最後の最後のドン!!」。平手晃平と本山哲の壮絶なトップ争いが選ばれた。

第5戦 富士 ゲストコメンテーター 武井壮が熱い思いを語る。

キーワード
平手晃平
本山哲
武井壮

エンディング (その他)
23:57~

「UPER GT+」の次回予告。

SUPER GT+エンディングテーマ:「Stay(Yasutaka Nakata Remix)」Zedd&Alessia Cara

第5戦 富士 ゲストコメンテーターは武井壮。第5戦 富士への思いを語る。

今回のレースクイーンコレクションはS Road・武田美憂。

キーワード
Zedd
Alessia Cara
Stay(Yasutaka Nakata Remix)
武井壮
S Road
  1. 前回の放送
  2. 7月30日 放送
  3. 次回の放送