FOOT × BRAIN サッカー×マネー:五輪招致とスポーツ振興くじ!?

放送日 2013年9月7日(土) 23:05~23:30
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
23:05~

今回の放送内容はスポーツにおけるお金の重要性を原田宗彦とともに考える。

オープニング映像。

キーワード
2020年東京五輪
原田宗彦
早稲田大学
早稲田大学スポーツ科学学術院

スポーツ×お金 (バラエティ/情報)
23:06~

杉崎美香がゲストの福田正博、早稲田大学スポーツ科学学術院の原田宗彦を紹介。

ゲストの原田宗彦は2020年五輪の開催地について、イスタンブールはイスラム圏初の開催地といった理由から人気だったが、隣国シリアの内戦やドーピングなどで落ち込んでいるとコメント。またマドリードはフェリペ皇太子をはじめ国を挙げてのアピールをしているが失業率がマイナス要因。そして日本は目新しさはないが、安心面といった信頼性を勝ち取っているという。

去年開催されたロンドン五輪では日本は歴代最多のメダルを獲得し、その多くの競技はtotoの助成金を受けていた。大会運営やスポーツ活動に使われる助成金は2008年以降飛躍的に上昇している。そんなtotoの売上の内訳は半分は払い戻し、そこから経費を差し引いて、残った部分が助成金として充てられる。

セレッソ大阪スポーツクラブは2010年に総合型地域スポーツクラブとして設立され、地域の方に色々なスポーツで気楽に使って頂くというのを目的としている。設立以来、サッカースクールなど地域活性化の底上げとしても利用されている。

大越小学校では善行大越スポーツクラブという総合型地域スポーツクラブが活動していて、子供たちを始めとした利用者はトランポリンを楽しく満喫している。

善行小学校の体育館ではお年寄りたちのためにヨガが行われていて、高齢者同士の交流や健康維持のために助成金が使われている。

上平北小学校のグランドではアイウィルスポーツクラブという総合型地域スポーツクラブが活動していて、サッカー以外にもテニスクラブなどを運営している。さらにクラブは集まった助成金でマイクロバスを購入し、子供たちの送迎などに利用している。

西新宿小学校のグランドは助成金を使って芝生化が進んでいて、子供たちにとって人工芝はクッション性があってケガをしないなどメリットがあるという。

サッカー界にとって正しいお金の使い道について、原田宗彦はスタジアムの整備が進めば、日本全体のスポーツインフラが整備されるとコメント。

このあとはJリーガーの年俸を大公開!

1964年に開催された東京五輪の開催にあたり、新幹線や首都高速などインフラ整備が勧められた。さらにスポーツに投入する資金も増加し、初の外国人コーチとして招聘されたデットマール・クラマーは日本サッカーの礎を築いたと言われている。

福田正博は助成金でスポーツクラブが設立されれば人の繋がりができると述べ、さらに原田宗彦は設立のために出資したプロチームの価値も上がるとコメント。

善行小学校の体育館ではお年寄りたちがスポーツ吹き矢に熱中していて、集まった助成金は吹き矢に関する器具に使われた。参加者は吹き矢を満喫していて、日々楽しい思いをしているなど好評。

助成金は萩・石見空港マラソン全国大会、まつぞのスポーツクラブ、ライフネットスポーツクラブなど様々な競技団体や活動などに使われている。

福田正博は集めた助成金を試合に向かう子供たちのためにマイクロバスを購入していることに驚いていた。またリタイアした高齢者の交流、健康維持のために助成金を使うのはメリットがあるが、それらを運営するクラブのマネジメントなど努力が必要だと述べた。

キーワード
早稲田大学スポーツ科学学術院
フェリペ皇太子
デットマール・クラマー
IOC
2020年五輪
東京オリンピック
ロンドン五輪
toto
セレッソ大阪スポーツクラブ
善行大越スポーツクラブ
善行小学校
アイウィルスポーツクラブ
上平北小学校
ガンバ大阪
柿谷曜一朗
東京(にほん)
イスタンブール(トルコ)
マドリード(スペイン)
東京(日本)
トランポリン
ヨガ
萩・石見空港マラソン全国大会
まつぞのスポーツクラブ
ライフネットスポーツクラブ

次回予告 (その他)
23:26~

FOOT×BRAINの次回予告。

お知らせ (バラエティ/情報)
23:28~

番組アプリ「FOOT×BRAIN SOCIO」の会員には、番組グッズ&豪華プレゼントが当たると紹介。

キーワード
FOOT×BRAIN SOCIO
  1. 前回の放送
  2. 9月7日 放送
  3. 次回の放送