TOKYOほっと情報 東京都議会 総務・文教委員会

放送日 2017年11月23日(木) 10:05~11:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
10:06~

山口良一と福山知沙が挨拶。都議会は専門に審査を行う常任委員会を常設している。都議会には9つの委員会があり、議員はこのうちのいずれかに所属している。この番組では常任委員会の最新情報を伝える。今日取り上げるのは総務委員会と文教委員会。

日常備蓄、防犯情報マップ、障害者スポーツ、国際社会を見据えた教育の情報を伝える。

キーワード
都議会
総務委員会
文教委員会
東京都議会 文教委員会
障害者スポーツ

東京都議会 総務委員会 (バラエティ/情報)
10:07~

9月3日に東京都・調布市合同総合防災訓練が行われた。様々な機関が連携し実践的な訓練が行われた。周辺の住宅街では「無事です」の文字が書かれた黄色い旗が掲げられていた。これは黄色旗大作戦という地域の安全確認を円滑に行うもの。災害時には自助、共助の考えが大切。防災ブック「東京防災」も都民の防災意識を高めるために東京都が作成した。

中山寛進は総務委員会の今後の課題について、都民の防災意識の向上、地域の防災力のさらなる向上を目指すべきだと考えていると述べた。

多摩の魅力発信プロジェクトのマスコットキャラクター・たまらんにゃ~を紹介。趣味は多摩のたまらないネタを集めること、好きなことは散歩・食べ歩き・昔話、多摩の温泉にまったり浸かること。多摩の魅力発信プロジェクトとは特設ホームページやSNSなどを活用しながら豊かな自然や教育、子育て環境など多摩の魅力を住民の目線で再発見・発信するプロジェクト。こうした取り組みを通して多摩地域を訪れる人や定住人口を増やしていくことが狙い。そのほかにも東京都では今年9月、多摩の振興プランを策定。様々な角度から多摩地域の振興を進めている。

自民党の中屋文孝氏が総務委員会の今後の課題について答えた。改選により入ってきた新たな方々と力を合わせて総務委員会としての役目を果たしていきたい。総務委員会は総務局、政策企画局、青少年治安対策本部、監査事務局、選挙管理委員会事務局、人事総務局、政策企画局、青少年治安対策本部、監査事務局、選挙管理委員会事務局、人事委員会事務局の6つの局をまとめる。都民の皆様の声を総務委員会にいかして役目を果たして参りたいなどと話した。

民進党の西沢けいた氏が総務委員会の今後の課題について答えた。総務委員会は東京都の大きな方針を議論する重要な委員会。10年、20年先を見据えた長期計画や知事が重要政策として掲げる方針、防犯・治安など都民生活に直接関係するもの、防災対策の対応など極めて重要な役割を担っている。

東京都議会総務委員会は6局から構成され都政全般に渡る課題について企画、調整をはかる。主な取り組みは東京都の総合的な計画の策定、防災・危機管理対策など。

東京都では東京の未来を見据え去年12月に2020年に向けた実行プランを策定した。今後の都政の具体的な政策展開を示す実施計画で、3つのシティを実現して新しい東京を作っていくとしている。1つ目は「セーフシティ」。Safeは”安全な・安心な”という意味。無電柱化などにより都民の毎日の生活を守り災害の被害から守る街、活気と賑わいある都市を意味する。2つ目は「ダイバーシティ」。”多様性”という意味のDiversityと”都市”を表すCityを合わせた言葉。安心して子育てができるなど誰もが生き生きと生活し、活躍できる都市という意味が込められている。3つ目は「スマートシティ」。Smartは”活発な・洗練された”という意味。国際的な都市間競争に勝ち抜く成長を続け活力に溢れる世界に開かれた都市を表す言葉。東京都ではこの3つのシティを実現し新しい東京をつくるため様々な課題解決と成長創出に取り組んでいく。

大地震が発生した際に自宅などで生活することになる都民は約1000万人とされている。そこで必要となるのが備蓄。東京都が推進する日常備蓄は普段使っているものを常に少し多めに備えること。古いものから順に消費し減った分を補充する。味噌玉はお湯を注ぐだけでかんたんに味噌汁を作ることができる。ラップを広げ中央に材料を乗せてくるむように包み茶巾絞りにして作る。熱湯150mlを注いで3分待てば完成。レシピは東京都防災ホームページで見ることができる。

キーワード
東京防災
総務委員会
たまらんにゃ~
多摩の魅力発信プロジェクト
多摩の振興プラン
自民党
調布市(東京)
黄色旗大作戦
日常備蓄
味噌玉
民進党
東京都防災ホームページ

都議会からのお知らせ (バラエティ/情報)
10:29~

都議会からのお知らせ。第4回都議会定例会は12月1日に開会する予定。12月6日は代表質問、8日は一般質問、15日に閉会。傍聴券は議事堂2階の受付で予定時刻の1時間前から配布される。本会議傍聴のお問い合わせは都議会総務課03-5320-7111。委員会傍聴のお問い合わせせは都議会議事課03-5320-7141まで。

キーワード
都議会

東京都議会 文教委員会 (バラエティ/情報)
10:30~

東京都議会 文教委員会の活動について。文教委員会は教育委員会、生活文化局、オリンピック・パラリンピック準備局の3つを所管している。教育委員会は子どもの教育に関わる様々な問題に取り組んでいる。生活文化局は消費生活や、男女共同参画、文化振興などの問題に取り組んでいる。オリンピック・パラリンピック準備局は2020年の東京五輪の準備、都民のスポーツに関わる分野を所管している。文教委員会の主な取り組みは消費生活対策、文化振興施策、スポーツ振興施策、学校教育・社会教育などとなっている。2020年の東京五輪に向け注目を集めているのは障害者スポーツ。誰もがスポーツを楽しめる環境づくりを進めている。

文教委員会の今後の課題について。大松理事は「文教委員会は子供たちが世界の中で のびのびと活躍をして平和で幸福な人生が送れるよう教育の充実に取り組んでいる。特にグローバル化が進む社会では異なる文化を理解して様々な人とコミュニケーションできる力を育んでいかなければならない。東京都教育委員会は海外の教育機関や学校と連携して教員や子どもの国際交友の促進をしている。」としている。

文教委員会が取り組む課題のうち、大きな柱の1つが教育。立川市にある都立立川国際中等教育学校は中高一貫教育を行う学校。この学校では国際交流活動を積極的に行っているという。その目的はその中でリーダーシップを取れる生徒を育てたいというもの。

グローバル化が進む国際社会を見据えた教育は他の学校でも行われている。都立富士高等学校では英語教育に力をいれている。実際に授業を見学させてもらうと、タブレット端末を使ってマンツーマンでテレビ会話をしているという。この授業を受けている生徒たちは楽しみながらやれていると話していた。「JETプログラム」は日本に関心のある外国人を招き、学校などで外国語授業の補佐などをしてもらい、地域レベルでの国際化を進めている。

キーワード
東京防災
東京都議会 文教委員会
東京オリンピック・パラリンピック
文教委員会
都立立川国際中等教育学校
都立富士高等学校
東京都教育庁
TOKYO GLOBAL GATEWAY
浜離宮恩賜庭園
立川市(東京)
中野区(東京)
JETプログラム
東京国際フォーラム
チャレスポ!TOKYO

エンディング (その他)
10:55~

エンディング映像。

福山知沙は「災害時の備蓄のことが印象に残りましたね」などと話し、山口良一は「ボッチャを体験して障がいのある人もない人も一緒に楽しめるスポーツの素晴らしさを感じましたね」などと話した。

キーワード
ボッチャ
  1. 前回の放送
  2. 11月23日 放送