Newsモーニングサテライト 2019年7月26日放送回

放送日 2019年7月26日(金) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

NYマーケット (ニュース)
05:45~

NY株式、為替の値動きを確認した。

ニューヨークから中継。NY市場の動き、セクター別騰落率を伝えた。

キーワード
ダウ
ナスダック
S&P500
為替
ECB
スリーエム
ボーイング
737MAX
ニューヨーク(アメリカ)

ニュース (ニュース)
05:46~

ECBは定例議会を開き、ドラギ総裁は大規模な金融緩和が必要だと述べ、政策金利を2020年前半まで現状かより低い水準にすることを発表した。また、フォワード・ガイダンスをより緩和的な方向に強化するほか、マイナス金利下の銀行の収益悪化軽減策や新たな量的緩和策も検討している。

アメリカの6月耐久財受注は2%の上昇で、市場予想を大きく上回った。輸送機器を除いて1.2%の上昇、非国防資本財は航空機を除いて1.9%の上昇となった。

3Mの4-6月期決算は、減収減益となった。アジア・太平洋地域で3.5%の減少となった。中国市場の通期売上高見通しも、従来の横ばいから数パーセントのマイナスとなった。

アップルはインテルのスマートフォン向けモデム事業を10億ドルで買収する。2019年10-12月期に買収完了の見込み。アップルは今回の買収で、17000以上の無線通信技術関連の特許を保有することになる。

アマゾンの4-6月期決算は、増収増益となったものの、一株利益は予想を下回った。AWSは83億8100万ドルと37.3%の増加にとどまった。

キーワード
ECB
ドラギ総裁
フォワード・ガイダンス
アメリカ
3M
中国
インテル
アップル
スマートフォン
アマゾン

NY証券取引所 中継 (ニュース)
05:49~

金利、商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。

アメリカ利下げ幅は。

NY証券取引所から中継で、マキシムグループの久野さんが今日の相場について解説。「ダウ指数は続落でミサイル入札などを見送るとしたボーイングが下げを主動した。また企業業績が嫌気され、ナスダック指数は最高値から反落となった」などと解説した。

引き続き、NY証券取引所から中継。今日発表の6月の耐久財受注について、久野さんが解説。「変動の大きい輸送機器を除く受注が前月比1.2%増と、市場予想の0.2%を大幅に上回り、5月分も情報修正されている。また設備投資の一部となるコア資本財出荷も3か月連続増加したほか、設備投資の先行指標も予想を上回った」などと解説。これらの数字から米の製造業は予想より弱くないのか?との質問に対し、「受注残がマイナス0.7%と3か月連続減少している。この事から春先に受注が減少している時の出荷を続け、製造業が活動を保っていた事が伺える。今回の耐久財受注の回復は、製造業の需要について、ポジティブな見方を与え、製造業が減速から後退に転じるという懸念を払拭するものと言えそう。これをうけ、来週のFOMC利下げ幅は、0.25%の予測が増加し、予防的な利下げ以上の利下げは不要ではという意見をサポートする事になりそう」などと解説した。

ECB理事会が行われたが、ECB政策を変更と見て良いのか?との質問に、井上さんが「今までは利上げを先送りするという話だったが、今回利下げも盛り込むという話となったので、方向転換と考えていいと思う。ずっと保持していた正常化はほぼ断念という風に考えていいと思う」などと話した。会見では「景気後退のリスクは低い」「利下げ幅は協議していない」と言った事で、ユーロ安からユーロ高に戻ってしまったという事については「リスクが低いとは言って無くて、足元の景気が堅調という話をしていたので、市場からすると、もう少し上手くいってくれるのかなという感じはあったのかもしれない」などと井上さんは話した。

アマゾンの速報が入った事について、株価の動きをみると物足りないという事だったのか?という質問に対し、壁谷さんが「売上の伸びはある程度こうかんされているという所だと思うが、一方で利益率が悪化している。その分利益率予想が下回ったのが一つ、あとクラウドの所でAW数。競合するマイクロソフトが先週非常に良い結果を出しただけに、結構期待されていたが、その辺が期待に届かなかったという所かなと思う」などと話した。

キーワード
NY証券取引所
ダウ
ナスダック
米10年国債
NY原油
NY金
イギリスFTSE
ドイツDAX
シカゴ日経先物
ECB理事会
アマゾン

5:55 きょうの為替は? (ニュース)
05:56~

現在の為替と債券の値を伝えた。

各国の為替の値を伝えた。

フィスコNYの平松さんのドル円の予想レンジは108.50~109.50円。平松さんは「GDP成長率は前の期の3.1%から1.8%へ減速しており、FOMCの利下げを正当化すると見られる。アメリカよりも景気が低迷しているのがヨーロッパですが、ECBが今回利下げを見送り、FRBの大幅な利下げの思惑も後退しつつあり、ドルを支えていくと考えます」と述べた。

キーワード
為替
債券
フィスコNY
ECB
ドラギ総裁
FOMC
アメリカ

ニュース (ニュース)
06:00~

日産自動車はきのう、2020年度までに1万2,500人の人員を削減すると発表した。これまで打ち出していた4,800人の人員削減から、大幅に拡大する。また生産車種の数も1割減らす。アメリカ・ヨーロッパ・日本での販売台数が落ち、今年4-6月期の決算は営業利益が16億円と前年に比べ98.5%減少した。経営の効率化を進めることで、日産が業績の立て直しをはかる。

韓国の半導体大手「SKハイニックス」は今年4-6月期の決算で、純利益が約490億円と前年に比べ87.5%減少したと発表した。半導体の需要がふるわず、価格が下落していることが主な要因。また日本の輸出管理強化を受け、フラッシュメモリーの生産を前の年から15%減らすことも明らかにした。日本の輸出管理強化で、韓国の半導体大手が生産計画を修正するのは初のこと。

メルカリは2019年6月期の決算が約137億円の最終赤字に陥る見通しだと発表した。スマートフォン決算サービス「メルペイ」の宣伝費が膨らんだことが響いている。「LINE Pay」を提供するLINEも2019年の1-6月期に266億円の赤字となっていて、スマホ決済サービスのキャンペーン合戦の激しさが浮き彫りになった。

トヨタ自動車はと中国配車サービスのディディチューシンなどと合弁会社を設立すると発表した。今年秋の設立を目指していて、トヨタのシステムを活用してライドシェアドライバーに安全運転の指導を行うなど、ライドシェアの関連事業を年内にも本格化させる。トヨタはディディチューシンと新会社に合わせて約660億円を出資する。

キーワード
日産自動車
西川廣人
アメリカ
韓国
SKハイニックス
スマホ
メルペイ
LINE Pay
LINE
トヨタ
ディディチューシン
中国

モーサテQ (バラエティ/情報)
06:03~

日本経済新聞社が実施してる日経TESTのもと番組中に毎日2回経済の力と考える力を診断するクイズを出題する。お手元のリモコンの4色のボタンで答える(※一部地域では参加できません、BSテレ東4Kの方はBS+7を押してください)正解で20ポイント、不正解でも10ポイント、100ポイントでモーサテ特製ノートを抽選でプレゼント。

2018年度の法人税収はバブル期の1990年度と比べどのくらいの規模?青:5割増、赤:3割増、緑:ほぼ変わらない、黄:3割減。正解は黄:3割減。法人税収は1990年度は18兆4000億円、2018年度は12兆3000億円。国際的に引き下げ競争になっているのが理由。ちなみに消費税は4倍近く増えている。

キーワード
日本経済新聞社
日経TEST
モーサテ特製ノート
法人税
消費税

天気予報 (ニュース)
06:05~

次の一手は?

全国の天気予報を伝えた。

「♪If You Had My Love/ジェニファー・ロペス」。

キーワード
If You Had My Love
猛暑日

プロの眼 (バラエティ/情報)
06:09~

アメリカ 外食関連銘柄が好調。

ECB9月利下げあるか?について野村総合研究所・井上さんはマイナス成長が続きリセッションはないが景気減速は高まっているため長期戦になる声明文が入ってる。副作用対策として考えられることは当座預金の一部マイナス金利適用、「TLTRO3」でECBの貸出金利引き下げ、長期戦がキーワドになるので規模と中身を検討する、銀行債の買い入れはやったので中身を変える、個人的には有る一時点の金利についてどれくらい下げるか一律に入れるも考えられないか、9月は利下げプラス負債緩和策抱き合わせで導入がどうかななどと述べた。

キーワード
野村総研
ECB
アメリカ

NY証券取引所 中継 (ニュース)
06:16~

NY株式の値動きを伝えた。

為替、金利、商品の値動きを伝えた。

アメリカ 企業業績どうなる?

ダウが連日の下げになっていることについて、値動きを交えながら伝えた。

レストランなどの外食関連の決算が注目しているとし、マクドナルドの決算が明日に控えている中、レストラン関連の株価が好調で、チポトレの4-6月期決算は既存店売上高より10%増と市場予想を上回る好業績で株価は最高値を更新した。オンラインの売上が倍増で、全体の18.2%を占めている。最近、デリバリーやモバイルアプリなどでの注文のニーズが高まっていて、オンライン経由の売上高は2017年の全体の6%から2025年には全体の30%に高まると予想されている。この事から各社ともこの分野に投資せざるを得ない状況になっており、ドミノ・ピザではアメリカ国内の65%以上がオンライン経由で、既存店が3四半期連続で予想を下回るなど競争が厳しくなっている。

キーワード
ダウ
ナスダック
S&P500
マキシム・グループ
ニューヨーク証券取引所
ボーイング
マクドナルド
チポトレ
ドミノピザ
ドアダッシュ
IPO
ECB理事会
ドラギ総裁

6:20 きょうの為替は? (ニュース)
06:22~

世界の株価(25日)、株式先物の値動きを伝えた。

アメリカ 代替肉ブーム到来!?その味は?

きょうの東京株式相場は?AI・さきちゃんの予測は「寄りつきは雨。予想レンジは21,583円~21,774円」。

大和証券の壁谷洋和さんの予想レンジは21,600円~21,800円。「為替が円安に振れて下値も限定的。様子見ムードも強まりやすい」などと予想した。注目ポイントは「アメリカ企業業績は再加速へ?」19年の通期セクター別増益率予想は全体で2%程度。背景はITのところが減益予想になっているから。株は裏腹に上がっているのは利下げ期待を反映したもの。半導体セクターに改善の兆候があり、ハイテクのところが上向いていくとアメリカも本格的に金融相場から業績相場への移行が期待出来るのではないか、などと述べた。日本株への影響について、近い内に日経平均株価2000台は回復していくのではないかと予想した。

キーワード
上海総合
SENSEX
FTSE
DAX
ボベスパ
東京市場
日経平均
日経平均株価
リビジョンインデックス
S&P500

日経朝特急 (ニュース)
06:29~

日産は、12500人の削減と、生産能力1割減を発表した。きのう発表した4-6月期の決算では、営業利益が16億円と99%減少しており、戦力が迷走したツケが回ってきたとされる。(日本経済新聞)

政府は相次いだ統計不正を防止するため、外部審査の仕組みなども強化される。(日本経済新聞)

ファーウェイは新卒に年俸3000万円を提示する。アメリカの制裁の裏で、半導体などの製作を急ぐためとみられる。(日本経済新聞)

キーワード
日本経済新聞
日産
アメリカ
ファーウェイ
中国

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:31~

パックンの故郷から見る アメリカの今。

アメリカの新聞は24日に議会でトランプ政権のロシア疑惑について証言したモラー元特別検察官についての記事が一面となっている。議会証言は約7時間行われたが、3月に提出された報告書の内容をこえるような発言はなかったと報じている。ただモラー氏は2020年の大統領選でもロシアが干渉する危険性を警告している。

ソフトバンクグループがビジョン・ファンドの第2弾に400億ドルを出資する見通し。この新たなファンドには、アップル、ゴールドマン・サックス、カザフスタン政府系ファンドも出資予定とのこと。ゴールドマン・サックスが投資するのはビジョン・ファンド上場の場合の引き受け役を狙っているからだと分析されている。記事ではソフトバンクグループはさらにマイクロソフトにも出資要請していると報じている。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

アメリカのファストフードチェーンのダンキンが、植物由来の代替肉を使ったメニューの販売をマンハッタンの163店舗で開始した。今後は全米での販売も考慮している。業界での代替肉の売上はこの1年で10%伸びており需給のひっ迫もあり、ビヨンド・ミートの株価も上昇している。ダンキンによると、えんどう豆、緑豆、ココナッツオイルなどで出来ている。この代替肉には三井物産も出資しており、年内には日本でも展開される予定。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

代替肉について、パックンは同級生がダンキンで働いているが言ってくれなかったといい、アメリカでは健康志向だけではなく環境志向も広がっているため環境面から代替肉を選ぶ人も多いなどと意見をのべた。

ビジョン・ファンドについて壁谷氏は、「せめてますよね」といい、「イコマスの分野ではソフトバンクとアマゾンで競合する面もあるので攻撃を仕掛けているように見えなくもない」とのべた。

キーワード
モラー元特別検察官
ロシア疑惑
ニューヨーク(アメリカ)
ソフトバンクグループ
ウォール・ストリート・ジャーナル
ビジョン・ファンド
アップル
ゴールドマン・サックス
マイクロソフト
アマゾン
ダンキン
ビヨンド・ミート
三井物産
えんどう豆
緑豆
マンハッタン(アメリカ)
孫さん
ソフトバンク
コロラド州(アメリカ)
アメリカ

パックンの眼 (バラエティ/情報)
06:39~

テーマは「あなたの知らないアメリカ!コロラド帰国報告」。コロラド州はアメリカの西部にありロッキー山脈が南北に貫いている、面積は日本の約7割、人工は570万人、この10年で人口が15%増えて高所得でも有名。パックンは帰国して同窓会に行ったがトランプ大統領の話も出なくて中国の貿易戦争などもほとんど話題に出てこない、ローカル人はローカル意識が高い、またアメリカの新聞に日本の参議院選挙の話題なども掲載されているが地域によって掲載されてる話題が違う、政治はすべてローカルだがその影響はグローバルなどと述べた。

キーワード
トランプ
アメリカ
ロッキー山脈

ニュース (ニュース)
06:45~

イギリスで開かれた、世界最大規模の軍用機の祭典「ロイヤル・インターナショナル・エアタトゥー」。世界の30カ国ほどから戦闘機が集結している。目玉は「ユーロファイター・タイフーン」で、この戦闘機が所属するNATOは今年70周年を迎えた。NATOは1949年に結成し、ソ連などに対峙するためのアメリカやヨーロッパ諸国による軍事連盟。しかし、l加盟国のトルコがロシアのミサイルシステムを導入するといい、NATO各国は激しく反発している。イベントにはトルコ軍の姿も。皮肉にも戦闘機には「NATO70周年」と記されていた。アメリカ政府は最新鋭機「F35」の開発からトルコを排除し、機密データがロシアに漏れるのを懸念している。アメリカ政府はロシア制裁に基づき、トルコへの制裁を検討しているという。制裁されれば、去年トルコのリラが急落し世界の株価も下落したトルコ危機が再来する恐れもある。今後のトランプ大統領の判断が注目される。

韓国の半導体大手「SKハイニックス」は今年4-6月期の決算で、純利益が前年に比べ87.5%減少したと発表した。半導体の需要がふるわず、価格が下落していることが主な要因。また日本の輸出管理強化を受け、フラッシュメモリーの生産を前の年から15%減らすことも明らかにした。

アジア最大級のリーバイスストアが原宿にオープンした。「リーバイス 原宿 フラッグシップストア」では日本初上陸となるジーンズのオーダーメードサービス「LOT No.1(ロット・ナンバーワン)」を開始した。日本に2人しかいないという専門の職人が1ヵ月以上かけ製作し、価格は1本10万円(税抜)~。もも周りの太さなどを細かく調整することができるほか、12種類から生地を選び、ボタン・糸など細かくカスタマイズ可能。

ECBは声明文でも政策金利を2020年前半まで「現状かより低い水準」にすると明記した。また、物価目標達成するためにフォワード・ガイダンスをより緩和的な方向に強化するほか、マイナス金利による銀行の収益悪化軽減するための政策や、新たな量的緩和政策も検討している。

グーグルの持株会社・アルファベットは、1年前と比べて3倍以上の増益となった。EUからの制裁金を計上した反動で、大きな伸びとなった。1株利益も市場予想を上回った。主力であるグーグル部門の広告事業の売上が16%増加し、市場予想を上回ったほか、企業向けクラウドサービスなどを含むその他の部門も4割近いプラスとなった。決算を受けて株価は時間外で一時9%以上増加した。

アメリカの半導体大手「インテル」はデータを記録するメモリー関連が不調で、1年前に比べ16.5%の減益となった。売上高も2.7%のマイナスであったが、1株利益は市場予想を上回っている。粗利益率は59.8%で、1.6ポイントマイナス。通期の売上高と1株利益の見通しを情報修正した。

アマゾン・ドットコムは予想を上回る増収となったものの、純利益は前の日より伸びが鈍化し、1株利益は市場予想を下回った。利益率の高いクラウドサービス・AWSの売上高は1年前に比べて37.3%の増加に留まり、市場予想を下回った。決算を受けてアマゾンの株価は時間外で一時3.5%の下落した。

キーワード
ロイヤル・インターナショナル・エアタトゥー
NATO
ユーロファイター・タイフーン
トルコ軍
F35F35
トランプ大統領
トルコ
イギリス
ロシア
韓国
SKハイニックス
原宿(東京)
ECB
ドラギ総裁
ニューヨーク(アメリカ)
グーグル
アルファベット
EU
インテル
アメリカ
アマゾン・ドットコム

きょうの経済視点 (ニュース)
06:55~

今日の予定は国内ではNTTドコモや東京エレクトロンが決算を発表する。アメリカではGDP速報発表される。

きょうの為替をフィスコNYの平松さんはドル円予想レンジは108.50円から109.50円。アメリカのGDP発表を控え、小動きとなる一方、ECBを受けたドル高の流れを引き継ぎ、ドル円は堅調に推移すると予想した。

株の見通しは大和証券の壁谷さん。日経平均予想レンジは21,600円から21,800円で、アメリカ株の下落を受けてマイナスでスタートしそうだが、アメリカ株が高値圏にあることを支えに下値は限定的。また、国内企業決算の山を来週に控え様子見ムードとみている。

きょうの経済視点で井上さんは「ドラギマジック」とし、ドラギさんの意図が上手く市場に伝わってこなくなっている感じがするとしており、9月最後だから頑張っていってほしいとしている。また、壁谷さんは「FOMC v.s. 業績サプライズ」とし、

キーワード
NTTドコモ
ツイッター
マクドナルド
ロシア中銀
平松京子
フィスコNY
GDP
ECB
壁谷さん
大和証券
消費者物価指数
ECB理事会
ドラギさん
FOMC

モーサテQ (バラエティ/情報)
06:57~

問題:高齢者世帯の収入のうち公的年金が占める割合は?青、8割、赤、6割、緑、4割、黄色、2割。正解は赤、6割。高齢者世帯の総所得は334万9000円、このうち公的年金が61.1%を占める。

キーワード
厚生労働省

流行サキドリ!? (バラエティ/情報)
06:59~

ロウアー・イーストサイドにあるラウンドケーというコーヒーショップは、マット・ブラック・ラテという真っ黒なコーヒーが人気。オーナーは韓国人で、本当に真っ黒のコーヒーを作ろうと思ったことから始まった。特別焙煎の豆を使用し、純度98%のココアパウダーとともにチョコレートソースにし、エスプレッソとアーモンドミルクを加えて混ぜ合わせクリームを乗せると完成。韓国のスターバックスで働いていた経験があり、7カ国でコーヒーを学んで4年前にカフェを開いた。エッグ・カプチーノはエスプレッソに卵黄を加えて混ぜ、クリームとココアパウダーで完成。緑色のシロップが入ったわさび・ラテも人気だそう。

このあと7時5分からは、テレビ東京系列で「おはスタ」(一部地域除く)、BSテレ東で「日経モーニングプラス」をお送りしますのテロップ表示。

キーワード
ラウンドケー
マット・ブラック・ラテ
スターバックス
エッグ・カプチーノ
わさび・ラテ
ロウアー・イーストサイド(アメリカ)
韓国
インドネシア
BSテレ東

エンディング (その他)
07:04~

テーマ曲:阿部海太郎

来週は参議院選挙をデータ分析するとともに、次の衆議院選挙はいつなのか専門家が分析する。

キーワード
阿部海太郎
  1. 前回の放送
  2. 7月26日 放送
  3. 次回の放送