Newsモーニングサテライト 『日本版スマートスーパー その実力は?』

放送日 2019年7月24日(水) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

佐々木明子キャスターら出演者がオープニングの挨拶。

NYマーケット (ニュース)
05:45~

NY株式と為替について伝えた。

ニューヨークから中継し、NY市場の動きとセクター別騰落率が伝えられた。

キーワード
ニューヨーク(アメリカ)
中国

ニュース (ニュース)
05:46~

イギリスロンドンから中継。ハント外相との一騎打ちだった党首選はジョンソン氏が大差で勝利した。ジョンソン氏はスピーチで、EU離脱を強硬に進める姿勢を強調した。しかし英下院は合意なきEU離脱を阻止する法案を可決し、ジョンソン氏を牽制している。保守党は「合意なき離脱」の事態になった場合、一部議員の造反で不信任案可決の可能性もある。

トランプ大統領はジョンソン氏に対し、「おめでとう、素晴らしい首相になるだろう」とツイッターに投稿した。また「彼は強くてスマート、やるべき仕事をするだろう」とも述べ、期待を寄せている。さらに安倍総理も「EUとの合意に基づく秩序ある離脱の実現を強く期待」と伝えた。

IMF経済見通しは19年成長率を3.2%と、4月時点から0.1ポイント下方修正した。 米中の貿易摩擦などを念頭に、19年貿易額の見通しについては2.5%と、前回から0.9ポイント引き下げたことが影響した。IMFは20年成長率を3.5%と見通しているが、「貿易摩擦の解決が前提で心もとない」と警告している。

アメリカの6月の中古住宅販売件数は年換算で527万戸と、前の月より1.7%減少し、予想を下回った。前年比では2.2%減少と16か月連続のマイナスとなっている。6月の中古住宅販売価格の中央値は28万5700ドルで過去最高だった。

コカ・コーラ4-6月期決算が前年比で12.6%の増益となり、売上高、1株利益ともに市場予想を上回った。コカ・コーラ4-6月期決算は「コカ・コーラゼロシュガー」の販売数量が7四半期連続で2桁の伸びだった。またイギリスのコーヒーチェーン「コスタ」の買収を1月に完了したことも業績に寄与したという。

ハーレーダビッドソン4-6月期決算は前年比で減収減益となった。またハーレーダビッドソン19年出荷台数見通しを従来より下方修正した。一方で、ハーレーダビッドソンは中国や欧州向け輸出拠点をタイに移管し、20年4月以降には関税の影響が緩和されるとしている。

キーワード
ジョンソン氏
保守党
トランプ
下院
EU
ハント外相
民主統一党
トランプ大統領
ロンドン(イギリス)
北アイルランド
ツイッター
安倍総理
アメリカ
イギリス
IMF
中国
コカ・コーラ
コカ・コーラゼロシュガー
コスタ
ハーレーダビッドソン
タイ

NY証券取引所 中継 (ニュース)
05:51~

NY証券取引所から中継。今日の相場を伝えた。

キーワード
アメリカ
中国

5:55 きょうの為替は? (ニュース)
05:57~

為替と債券の値を伝えた。

スタジオで為替相場の見通しについて解説された。内田さんの予想レンジは107.80円~108.60円。内田さんは「来週は日銀、FOMC等控えているので大きな動きにはなりにくいと思っています。」と語った。注目ポイントは世界経済と内外金利差。内田さんは「日本と10通貨の長期金利の差が去年から世界経済の減速や各国中央銀行の金融緩和規制を受け世界中、長期金利は低下した。日本の金利の低下幅が限定的なので金利差が縮小して円高トレンドが続いてきた経緯があります。」と述べた。

各国の為替の値を伝えた。

キーワード
10年国債
ニューヨーク市場
FOMC
ブレグジット
IMF
為替

ニュース (ニュース)
06:00~

昨日午前、ロシア軍用機が島根県竹島周辺で2回にわたり領空侵犯した為、韓国軍はロシア軍用機に対して約360発の警告射撃を実施した。ロシア軍は領空侵犯について全面否定した。日本政府はロシアに対し領空侵犯を強く抗議し韓国政府に対しては「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らして到底受け入れられない」と厳重に抗議した。

WTO一般理事会の24日に日本の韓国への半導体材料の輸出管理強化について議論される。韓国側は「貿易をゆがめる措置だ」と撤回を要求し日本の不当性を訴える見通しとなる。一方、菅官房長官は「日本の立場をしっかりと説明する」と強調した。

キーワード
韓国国防省
島根県
韓国
ロシア
中国
竹島
WTO
菅官房長官

プロの眼 (バラエティ/情報)
06:10~

「中国経済は一時的に回復?」をテーマに議論した。マーケット・リスク・アドバイザリーの新村氏によれば、中国経済は一時的に回復するとみている。理由の一つに、石炭の輸入が増えたことなどによるバルチック海運指数が急上昇していることをあげている(英バルチック開運取引所)。この指数が上がっているということは、中国の輸入の活動が活発化していると判断できるという。中国の電力消費量は景気を表しているというが、その伸びが減速していることなどから“一時的な回復"になるだろうとの見方を示している。

「7月利下げなら株価は?」

キーワード
IMF
バルチック海運指数
製造業PMI
中国
FOMC

NY証券取引所 中継 (ニュース)
06:17~

ダウなどNY株式の終値を伝えた。

コカ・コーラなど好決算銘柄が相場を押し上げた他、午後には、来週29日にも米中協議が再開と伝わったことで一段高となったという。

2019年7月31日は、アメリカ経済の景気拡大局面が月間ベースで記録を更新する日でもある。1854年以降の最長は、クリントン政権下を中心に続いた120ヵ月で、今回の、2009年7月に始まった拡大局面は、今月31日で121ヵ月になる。その日にFRBが利下げを決定する見通しだという。今回の利下げは、景気後退前の利下げとみられているため、8月以降の株式相場は堅調推移が見込めると伝えた。

為替、金利、商品の現在の値を伝えた。

「乱高下に注意?」

キーワード
岡三証券NY
コカ・コーラ
FOMC
NY証券取引所
クリントン
FRB

株式相場 (ニュース)
06:23~

23日の世界の株価、株式先物の値動きを伝えた。

さきちゃんは、寄り付きは薄晴れ、日経平均予想レンジは21585円~21774円と予想した。

みずほ証券の三浦氏によれば、NYダウが上昇したことから、日経平均株価も上昇して始まると考えているという。今後の注目ポイントは、「乱高下に要注意」。株価の方向性としては、VIの上昇に伴って下落するというふうにみているとのこと。

キーワード
みずほ証券
VI

日経朝特急 (ニュース)
06:29~

日本経済新聞社がまとめた2018年度のコンビニ調査で、フランチャイズチェーン加盟店の収益拡大の取り組みとして「複数店経営のオーナーを優遇」との回答が半数を超えた。セブン-イレブンやファミリーマートは加盟店が本部に支払うロイヤリティを減額する制度などを設けており、支援先を広げる方針。(日本経済新聞社)

キーワード
ファミリーマート
セブン&アイ・ホールディングス
日本経済新聞社
セブン-イレブン
日本経済新聞

大浜見聞録! (ニュース)
06:36~

Retail AI

  1. 前回の放送
  2. 7月24日 放送
  3. 次回の放送