Newsモーニングサテライト 【中国を代表する企業トップの共通点】

放送日 2017年12月8日(金) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

オープニング (その他)
05:46~

今朝のコメンテーターを紹介。今朝のコメンテーターは丸紅 経済研究所の今村卓さんと、大和証券の壁谷洋和さん。

「中国市場リードする企業の共通点とは」「高まる「燗酒」人気」などきょうのラインナップを伝えた。

キーワード
丸紅
大和証券

NYマーケット (ニュース)
05:47~

NY株式、為替の値動きを確認。

アメリカ・ニューヨークから森田京之介アナが中継。議会の上下両院が税制改革法案の一本化作業を進める中、減税が実現したときの企業業績への影響について市場関係者がどう見ているのか投資家の注目度は高く減税の恩恵が大きいとの見方が伝わったボーイングが相場を牽引。また、アマゾンやフェイスブックなども来年の業績に対するプラスの効果が期待され、ハイテク関連も買われた。

キーワード
S&P500
ダウ
ナスダック
NY株式
為替
ドル
ユーロ
ニューヨーク(アメリカ)
ボーイング
アマゾン
フェイスブック

ニュースヘッドライン (ニュース)
05:48~

仮想通貨ビットコインは7日も乱高下しアメリカ東部時間の午前には一時1ビットコイン1万6000ドルを超えた。

GEが約1万2000人を削減すると発表した。

ユーロ圏の7-9月期のGDPの確定値は改定値から変わらず0.6%の増加だった。

アメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都だと宣言したことについて中東諸国で反発が拡大し、ヨルダン川西岸ではパレスチナ人数千人が抗議デモを行った。

キーワード
ビットコイン
GE
GDP
トランプ大統領
エルサレム(イスラエル)
ヨルダン川

NY証券取引所 中継 (ニュース)
05:48~

NY証券取引所から中継で、米国みずほ証券の兼松渉がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。現在、堅調な動きで推移。ボーイングやキャタピラーのような資本財セクターが買われたほか、ハイテクセクターにも買いが戻った。また、前日引け後に半導体大手のブロードコムが好決算を発表したことを手がかりに、半導体関連銘柄が堅調な動きを見せた。

金利、商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。

市場関係者の間では企業減税による業績の押し上げ効果はすでに株価に織り込まれているのではとの懸念が広がっている。しかし、減税の恩恵を受けると思われる企業は株価の動きがさえないのに対し、恩恵を受けにくいとされる企業の株価が好調な動きを見せている。高法人税率指数やラッセル2000は相場全体を下回っている一方、すでに税率が低いとされる ハイテクセクターは年初来で最も良いパフォーマンスをみせている。今後は減税の恩恵を受ける企業の追い上げが期待できる。

GEの人員削減について今村さんは「今後はコア3事業にしぼっていくということなのでこれから業績は伸びていくのでは」などと話した。

ビットコインの乱高下について壁谷さんは「今まで十分な規制がないなかで価格が上がっていた。今後規制の対象になることでよりフェアバリューを探る動きが出てくるのでは」などと話した。

キーワード
NY証券取引所
ダウ
ナスダック
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
日経平均株価
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
米国みずほ証券
ボーイング
キャタピラー
ブロードコム
高法人税率指数
ラッセル2000
S&P500
GE
ビットコイン

プロの眼 (バラエティ/情報)
05:52~

日本株急落の引き金の一つとなったトランプ大統領のエルサレム首都認定。背景にあるトランプ大統領の焦りと主導権争いについて伝える。

先程、イスラエル軍によるとパレスチナ自治区ガザからイスラエルに向けロケット弾2発が発射された。イスラエル領内での着弾は確認されておらずガザ内に落ちたとみられている。

今村卓さんによる解説。トランプ大統領の支持率は36%で支持基盤をつなぎとめるためにエルサレム首都認定という選挙公約を実行するしかなかった。弱さゆえの強行突破とみられる。マティス国防長官、ティラーソン国務長官らの反対を押し切っての決定となった。背後には政権の中東和平交渉を担っているクシュナー氏などの後押しがあったと言われている。今月後半に予定されているパレスチナのアッバス議長とアメリカのペンス副大統領の会談やサウジアラビアのムハンマド皇太子の動きが注目される。今後、トランプ氏がより焦りを強め、NAFTA再交渉や移民政策などで極端な判断をする恐れもあるなどと話した。

キーワード
トランプ大統領
エルサレム(イスラエル)
ガザ(イスラエル)
マティス国防長官
ティラーソン国務長官
クシュナー氏
アッバス議長
ペンス副大統領
ムハンマド皇太子
サルマン国王
共和党
NAFTA

日経超特急 (ニュース)
05:56~

今年度の配当総額は前年度に比べて7%増の12.8兆円と最高を更新する見通し。しかし、純利益に対する配当の比率を示す配当性向は3割強と過去5年はほぼ横ばいで推移し欧米企業に見劣りする。また、個々の企業の配当性向も3割前後に集中しているのに対し欧米では多くの企業が通しとの兼ね合いで配当を柔軟に決めメリハリを効かせている。余る資金の最適な使いみちを探る局面に来ていると報じている(日本経済新聞)。

ヤマトホールディングスは来年からネット通販で選んだ衣料雑貨を駅ビルで試着できるサービスを始める。駅ビルに試着室を設け自社の配送網で商品を届ける。仕事帰りなどに手軽に試着できるようにすることで衣料雑貨のネット通販市場の拡大を後押しすると報じている(日本経済新聞)。

経済産業省と法務省はアジアなどの外国人起業家を呼び込むため来年度にも全国で創業準備ビザと呼ばれる新たな在留資格を認める調整に入った。これによりスタートアップ誘致へ自治体の動きが活発になる可能性があると報じている(日本経済新聞)。

ミャンマーで外国企業の投資を促す新たな会社法が成立した。外国からの出資比率が35%以下の企業であればこれまで完全な地元資本の企業だけに認められていた土地の保有や最終製品の輸出入が可能になる。規制緩和で外資の進出を後押しし経済成長の持続を目指すと報じている(日本経済新聞)。

日米の配当性向について、壁谷さんは「アメリカは投資家からの圧力が強く企業が応えている。今後日本も欧米型に近づいていくのでは」などと話した。

キーワード
日本経済新聞
配当性向
ヤマトホールディングス
経済産業省
法務省
創業準備ビザ

天気予報 (ニュース)
05:59~

全国の天気予報と週間予報を伝えた。今日は全国的に冷たい雨や雪になりそう。

ニュース (ニュース)
06:00~

12月8日はジョン・レノンの命日。1980年、40歳の時にダコタ・ハウスで銃撃された。37年が経った今もイマジンの記念碑が埋め込まれたストロベリー・フィールズには多くの人が集まる。

仮想通貨ビットコインは7日も乱高下した。ビットコインに関する情報サイト・コインデスクによるとビットコイン相場は1万3000ドル台から1万6000台まで急騰し一時1万6615ドルまで上昇した。その後、1万5000ドル前後まで急落するなど値動きが激しい展開となっている。

GEは7日、業績不振が続く電力部門で約1万2000人を削減すると発表した。来年に向けて進める10億ドルのコスト削減計画の一環で、ドイツやスイスで人員を削減する見通し。再生可能エネルギーの普及で石炭・ガスを燃料とする発電タービンの需要が落ち込むなか、リストラによって業績回復を目指す。GEは人員削減は痛みを伴うがGEの電力事業が電力市場の変化に対応するには必要だとしている。

ユーロ圏の7-9月期のGDPの確定値は改定値から変わらず0.6%の増加だった。個人消費が伸び悩んだものの輸出が好調だった。前年比では市場予想を上回る2.6%のプラスで4四半期連続で成長が加速した。

アメリカの先週1週間の新規失業保険申請者数は前月から増えるとの予想に反して2000人減少し、3週連続の改善となった。4週移動平均も750人減少。一方、雇用サービス大手チャレンジャー・グレイ・クリスマスが発表した11月の人員削減数は前年比で30%増加したが、ことし1~11月までの合計では1997年11月以来最低となった。

1ドルショップ、ダラー・ゼネラルの8-10月期の決算は予想を上回る増収となった。売上高は前年比で11%増加し、純利益も7%増えた。1株利益も市場予想を上回った。大型ハリケーンに伴う需要の増加で衣料品や消耗品などの販売が好調で既存店売上高も4.3%のプラスだった。

イギリスの住宅金融大手ハリファクスが発表した11月の住宅価格指数は前月比で0.5%上がった。5か月連続の上昇となる。平均価格は約22万6821ポンドで年初から約3%値上がりしている。

アメリカの労働市場について今村さんは「まだ余剰があるということ。国内では中高年齢層の薬物中毒の影響で労働市場が拡大していないという見方もある」などと話した。

ダラー・ゼネラルについて壁谷さんは「ハリケーンの特需で押し上げられている部分はあると思うが、中心的な顧客は低所得者層。今の好景気が波及していることを連想させるような決算だった」などと話した。

日銀の黒田総裁が都内で講演を行い、今後の政策運営にあたり金融システムの安定に配慮する考えを示した。また、「収益の下押しが長期化すると金融の仲介機能が停滞する方向に向かうリスクがあることに注意が必要」と述べた。地域金融機関に関しては「店舗や従業員に過剰感が生じていて金利競争が激化している」と分析した上で、サービスの効率化による収益改善の必要性を訴えた。

来年度の税制改革で焦点となっている所得税改革について自民党の税制調査会は年収800万円を超える会社員を増税とする方針を固めたが公明党では反対意見が相次いだ。公明党は年収800万円を中間層と位置づけていて、きょう開かれる両党の協議で増税となる会社員の線引きを議論する。また、22歳以下の子供や介護が必要な人をかかえる会社員は増税の対象から外れる見通し。

キーワード
マンハッタン(アメリカ)
ジョン・レノン
ダコタ・ハウス
ストロベリー・フィールズ
ビットコイン
コインデスク
GE
GDP
新規失業保険申請者数
チャレンジャー・グレイ・クリスマス
ダラー・ゼネラル
ハリファクス
FRB
日銀
黒田総裁
自民党税制調査会
自民党
公明党
シャープ
東京証券取引所
東証1部

NY証券取引所 中継 (ニュース)
06:10~

NY証券取引所から中継で、米国みずほ証券の兼松渉がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。ボーイングやキャタピラーのような資本財セクターが買われたほか、ハイテクセクターにも買いが戻った。また、前日引け後に半導体大手のブロードコムが好決算を発表したことを手がかりに、半導体関連銘柄が堅調な動きを見せた。

NY株式の終値を伝えた。

為替、金利、商品、欧州株式の値動きを伝えた。

CMのあとは東京市場の株・為替の見通しについて。

キーワード
NY証券取引所
ダウ
ナスダック
米国みずほ証券
ボーイング
キャタピラー
ブロードコム
S&P500
NY株式
為替
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
日経平均株価
ドル
ユーロ
東京市場

為替・株価 きょうの見通し (ニュース)
06:16~

現在の為替と10年国債の値を伝えた。

現在の各国の為替相場情報を伝えた。

12月7日の世界の株価を確認。

NY株式、12月7日のセクター別騰落率、株式先物の終値を伝えた。

キーワード
ドル
為替
ユーロ
10年国債
オーストラリアドル
ブラジルレアル
トルコリラ
人民元
オンショア
オフショア
ニュージーランドドル
イギリスポンド
南アフリカランド
日経平均
上海総合
SENSEX
MICEX
DAX
FTSE100
ボベスパ
ダウ
日経平均株価
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
ナスダック
S&P500
騰落率

きょうの株価材料 (ニュース)
06:22~

CMのあと、ハーバード大で“公職志向”。

キーワード
QUICK
ショーケース・ティービー
電通
ラウンドワン
ハーバード大

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:30~

「BSジャパンでは7時5分からの日経モーニングプラスでもFTのニュース解説をお送りします。

キーワード
ニューヨーク・タイムズ
ウォール・ストリート・ジャーナル
フィナンシャル・タイムズ
BSジャパン
日経モーニングプラス
FT

ネタのたね (バラエティ/情報)
06:35~

CMのあとは「中国 NOWCAST」。人気スマホゲームを批判。

中国 NOWCAST (ニュース)
06:40~

今回の中国ウォッチャーは、東洋証券・主席エコノミストの杉野光男さん。

CMのあとは「お天気経済学」。温度を楽しむ「燗酒」が人気に。

キーワード
東洋証券
杉野光男さん

天気予報 (ニュース)
06:58~

全国の今日の天気予報と週間予報、世界の天気を伝えた。今日は全国的に冷たい雨や雪になりそう。

エンディング (その他)
07:04~

月曜日の「Newsモーニングサテライト」の予告。投資戦略で重要とされている「2019年問題」について解説。「コーポレートサーチ」ではベルリンの壁崩壊の現場で注目を集めた機械メーカーを紹介。

「おはスタ」「日経モーニングプラス」の番組宣伝テロップ。

キーワード
テレビ東京
BSジャパン
2019年問題
ベルリンの壁崩壊
  1. 前回の放送
  2. 12月8日 放送
  3. 次回の放送