ありえへん∞世界 独裁国家&江戸の風習スペシャル」

『ありえへん∞世界』(ありえへんせかい)は、2008年4月16日(15日深夜)からテレビ東京系列ほかで放送されているバラエティ番組である。制作局のテレビ東京では、2016年2月現在、毎週火曜19:54 ‐20:54(JST)に放送されている。正式な番組名は『ありえへん∞世界〜とんでもない新着トピックス〜』。一部新聞のテレビ欄では『関ジャニ∞ありえへん』と表記されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年12月23日(火) 18:57~20:54
放送局 テレビ東京

番組概要

99%行かない!?世界の秘境の国独裁国家SP (バラエティ/情報)
18:57~

今回の99%行かない国はトルクメニスタン。カスピ海に面した中央アジアに位置する国で1991年にソ連から独立したばかり。ベルディムハメドフ大統領の独裁政治から中央アジアの北朝鮮と呼ばれている。首都・アシガバットに入ると整備された町と白い建物で統一されていた。これは大統領の好みで首都を白い街にする計画が進んでいるから。町中に現大統領の写真が飾られている。撮影内容を全てチェックされ警官や軍人が監視しガイドも1時間ごとに政府へ報告の電話を入れている。なお、当番組が日本のテレビ局で初めて一般の国民へのインタビューが正式に許可された。

取材を行うと、大統領を称える集会に出くわした。これは定期的に行われる集会で大統領を称える歌などが4時間に及び行われた。

「静まり返る夜の街の中 人だかりがある場所 一体 何をしている?」という問題を出題。正解は「結婚式」。この日行われた結婚式の新郎は裕福な家庭でリビングは推定約30帖で800人ほど招待客を招くという。独裁国家トルクメニスタンの常識は、親が子どもに立派な結婚式をあげさせるのが人生最大の贅沢とされていて結婚を祝う人数が多いほど縁起が良いものとされている。そしてこの日は結婚式の前夜祭だった。

結婚式2日目、新郎は親族たちと共にサイレンやクラクションを鳴らしながら花嫁を迎えに行く。花嫁は40kg以上の民族衣装に身を包み顔を隠したまま新郎のもとへ向かう。新婦を連れて再び新郎の家へ戻る。3日目にして結婚式の本番を迎える。挙式は1000人規模の巨大な式場で行われ歌手によるライブやクレーンカメラによる撮影が行われる。この国は豊富に埋蔵された石油や天然ガスで莫大な利益を得ていて大統領は国民へ還元。電気・ガス・水道が無料で子どもが8人以上の大家族には高級マンションが無料で与えられる。

ジンバブエ共和国は1980年100年以上に及ぶ白人支配から独立。ロバート・ムガベは63歳で大統領に就任して以来、90歳の現在まで27年間国家元首として君臨している。2008年11月、お金の価値が極端に失われてしまい物価が急上昇するハイパーインフレが起きてしまい8億円が1か月で1円の価値しかなくなってしまった。現在、ハイパーインフレから脱却するためジンバブエドルを廃止しUSドルなど複数外貨制を取り入れた。ジンバブエドルを持つ男性にお札を見せてもらうと100兆ジンバブエドルというあり得ない数字が並んでいた。

キーワード
トルクメニスタン
ロバート・ムガベ大統領
ハイパーインフレ
ジンバブエ

99%行かない!?世界の秘境の国独裁国家SP (バラエティ/情報)
19:19~

ジンバブエでは外国のお金を使っているため小銭が不足していて、お釣りを飴玉で渡していた。そのため大人の男性が子供のようにアメ玉をなめるのが日常になっている。また、飴玉が嫌な人はマッチを選ぶ事も可能。独裁国家と言われているが国民の多くは独立を勝ち取った大統領に不満を抱いておらず店には95%の確率でムガベ大統領の写真が飾ってある。ムガベ大統領グッズはただで貰えるため、国民は1日80回ムガベ大統領の顔が自動的に拝める。更にムガベ大統領は教育政策を推進しているためアフリカNO.1の識字率を誇っている。

ジンバブエの失業率は95%と言われているが、就職先を見つけるのが困難なため多くの人が個人事業主となってお金を稼いでいる。ある男性は荷物を担いで運ぶ運送屋を若くして開業していた。そして、かつて日本で活躍していたと思われる数多くの中古車が走っている。

キーワード
ムガベ大統領
ハイパーインフレ
ジンバブエ

99%行かない!?世界の秘境の国独裁国家SP (バラエティ/情報)
19:28~

ジンバブエの電化製品を取材すると、アカソニックなど間違いメイド・イン・ジャパンで溢れていた。カシノと呼ばれる偽物メーカーのヒーターに至っては売り物の状態で故障していた。

続いてジンバブエの間違い日本食堂を取材。「シャングリラ」で出される寿司は本格的なものだがフォークで食べガリを醤油につけ、ガリにわさびを乗せ食べている。そして寿司と一緒にチャーハンを食べている。この寿司店の主人はカナダからやってきた中国人にたった2週間だけお寿司の握り方を教わったという。

取材を続けているとジンバブエの国営放送局から逆取材を受けた。その様子はニュースで放送され何故か「ミスター・カンジャニ」という名前で紹介された。

ジンバブエの平均より少し裕福な家庭の医療を取材。「カンジャニ」はジンバブエの挨拶で「ご機嫌いかが?」という意味で使われている。足の治療を行う際、ムヴィラと呼ばれるご先祖様のご機嫌を良くするための演奏を行った後、傷口に砂糖をまぶす。頭痛は木の粉を鼻に入れて直すという。

元独裁国家のアルバニアはヨーロッパの北朝鮮と呼ばれている。アルバニアはイタリアの海を隔てた向かい側に位置しており、1946年に共産主義者のエンヴェル・ホッジャが最高指導者に就任すると独裁政権時代に突入した。1978年からは鎖国状態となり、暗い時代が続いたがホッジャの死去とソ連崩壊で鎖国を撤廃し民主化へ進んだ。しかし1997年、投資会社が政府と癒着しねずみ講を広め、詐欺が明るみに出ると国民がデモを起こしヨーロッパ最貧国になってしまった。

アルバニアには様々なパクリ店が横行していて携帯電話のパクリ会社ではしっかりと自社の携帯電話も販売している。「グーグルのパクリ店 イーグルモバイル イーグルに隠されたある由来とは一体何?」という問題を出題。正解はアルバニア人が鷲の子孫である事が由来としていて国旗にも鷲が描かれている。

アルバニアにはかつて危険過ぎる結婚式が行われていて、参列者が銃を乱射していた。これはねずみ講で国民が騙され破産してストレスが溜まっていた時の行為だったという。

首都ベラットは窓の多さから「千の窓を持つ街」と呼ばれている。世界遺産に指定されており昼間はガラガラだが夜になると人だかりができている。これは鎖国時代、家に電話を置く事が禁止されていたため夜出歩いて情報交換をしていた風習の名残だった。

紅海に面したアフリカ北東部に位置するエリトリアは1993年にエチオピアから独立。イサイアス大統領は選挙なしの永久大統領のため永久に独裁政治が続くと言われている。そして、世界報道自由度ランキングではワースト1位。過去、日本のテレビ取材も本格ドキュメンタリー「NHKスペシャル」たった1件のみだった。取材当日、電気工事のため2週間ほど停電をしている最中で、ホテルは真っ暗闇だった。携帯電話も国が認めるものしか使えず圏内だった。

翌日、首都には兵器の残骸が残されていた。街のカレンダーはなぜか2005年になっている。それはコプト正教会が使っている暦「ゲエズカレンダー」によるもので、2つの教派でキリスト生誕年の解釈に違いがあり、その結果暦もズレてしまったという。

ティナ・ムスゲンナさんのお宅を取材。一家の主はお母さんで夫と離婚、女手一つで5人の子育てを行っている。そんな境遇でも生活が楽なのは、エリトリアでは小学校から大学まで学費が全部無料で、家や医療費も全部無料になっているため。その秘密は豊富な天然資源にあり、利益を大統領が独占せず国民に還元している。

かつて、パナマ共和国にはノリエガ将軍が最高司令官として君臨していたが、隣国コロンビアの麻薬組織と結託しアメリカへのコカイン密輸ルートを私物化、密輸で得た莫大な不法利益のうち約3億円を使いバリの別荘を購入していた。1989年、麻薬撲滅とノリエガ逮捕を名目に約5万人のアメリカ軍がパナマに侵攻。アメリカ軍は首都・パナマ・シティを制圧し首都は壊滅状態。ノリエガは麻薬密輸の罪で懲役40年に処された。

そして現在、パナマはニューヨーク並の町並みになり、パナマの陸地に全長約80キロの水路を造った事で、サンフランシスコ~ニューヨーク間の航路が24日間から10日間に短縮した。通行料金は1000万円から4000万円。運河を通航する船は年間約1万4000隻のため年間1200億円の利益を得ている。貨物船はガトゥン湖を利用した水のエレベーターで通行している。

パナマでは自転車を派手に改造するのが伝統となっている。ハンドルには大きなラジカセ、車体にはド派手な電飾が施されている。

アンゴラ共和国は日本が安土桃山時代だった16世紀から約500年間、ポルトガルに植民地支配され奴隷になっていた。ポルトガルの支配から抜け出すため1961年、独立戦争に突入。14年の激しい戦いの末、1975年に独立。しかし、アンゴラ人が形成する3つの政治勢力が政権を奪い合う内戦に突入し悲惨な殺し合いが27年続いたが、ドス・サントス大統領が泥沼の内戦を終結させた。ドス・サントス大統領は1979年に大統領に就任して以来、35年に渡り大統領として君臨。

学生は白衣を着る事を義務付けられている。住宅街キランバはドス・サントス大統領が戦争で家を失った人々のために建設。車で走らせる事1時間、首都ルアンダは高層ビルが立ち並ぶ巨大都市だった。物価の高い都市ランキングでは1位に君臨。アンゴラのスーパーマーケットでは客の要望を素早く対応するため店員がローラースケートで走っている。スーパーの商品を見せてもらうと食パンは2931円、ハムは1016円と激安店なのに高額。

アンゴラ共和国の田舎のおばさんは火が付いている方からタバコを吸っている。その理由は強い煙が吸えるからだという。また、アンゴラの学校では正解したらクラス全員で手を叩いて褒める風習がある。

アンゴラではメイドインジャパンのバイクが大人気。日本製のバイクばかりを取り扱うバイク屋を取材すると偽物企業のバイクばかりを揃えていた。

キーワード
ジンバブエ
シャングリラ
エンヴェル・ホッジャ
アルバニア
北朝鮮
イタリア
イーグルモバイル
ベラット(アルバニア)
イサイアス大統領
エチオピア
エリトリア
ノリエガ将軍
パナマ
アンゴラ共和国
ハサナル・ボルキア国王
スーパーマーケット ジャンボ
ケンタッキーフライドチキイン
キランバ(アンゴラ)
ルアンダ(アンゴラ)

ありえへん江戸の世界 (バラエティ/情報)
20:15~

およそ300年前の日本は今の日本とは全く違う文化や風習を持っていた。それら江戸の風習の数々を紹介する。江戸時代とは徳川幕府が治めた1603年から1868年まで265年続いた時代で、ロンドン約90万人、パリ約50万人に比べ、江戸は約100万人と世界最大の都市と言われていた。今回の主人公・平凡太郎の身の回りには現代ではありえへん文化や風習で溢れていた。

大江戸捜査網2015の番組宣伝。

江戸時代、ふんどしのレンタル屋さんが大繁盛していた。当時、ふんどしの値段は新品で約6000円だったがレンタルだと約1500円ほどで済んでいた。汚れたふんどしを持って行くと洗濯してくれるサービスもあった。ふんどしは男のオシャレで祭りや遊郭に行く時などに勝負ふんどしをレンタルしていた。

江戸時代には今では考えられない様々な職業があり、唐辛子の格好をした唐辛子売りや耳の垢取りを専門に行う人までいた。

キーワード
江戸時代

ありえへん江戸の世界 (バラエティ/情報)
20:24~

江戸時代には今では考えられない職業「屁負比丘尼」を紹介。屁の身代わりにする職業で、江戸時代、若い女性が人前でおならをする事は非常に無礼な事で、お嫁にいけなくなるぐらいの大事だった。裕福な武家や豪商の娘には屁負比丘尼という本来身の回りの世話をする女性がついていた。娘が人前で屁をしてしまった時には身代わりとなって謝りピンチを救う役目も果たした。

江戸時代、寿司は屋台でも提供されていた今のファストフードのような存在だった。鯛やヒラメなどは高価だったのに対してマグロは安く庶民の間では気軽に食べられていた。当時、大トロは脂が多すぎて下品な物と嫌われていた為、捨てられてた。また、江戸時代の寿司は現在の3~4倍の大きさで今の一口サイズになったのは近代以降の事だった。更に食べづらい為、人によっては2つに切って提供していたのが現在、寿司が2貫単位で提供される由縁となった。

カステラは室町時代、ポルトガルから伝わり江戸時代、よく食べられていた。このあと、カステラのありえへん食べ方を紹介。

キーワード
屁負比丘尼
寿司
カステラ

ありえへん江戸の世界 (バラエティ/情報)
20:32~

「ありえへんカステラの食べ方とは?」という問題を出題。正解はわさび醤油に付けて食べる事。更に味噌汁の具にもなっていた。江戸時代のカステラは現代の物ほど甘くない事もありこういった食べ方がされていた。実際に高橋克典が江戸時代の食べ方を試した。

江戸時代、4代将軍・徳川家綱が「大髭禁止令」を発布した。江戸初期、ヒゲを生かすのが流行し生えない人は付け髭を付けたり墨でヒゲを書く人が続出したため禁止された。

キーワード
カステラ
徳川家綱
大髭禁止令

ありえへん江戸の世界 (バラエティ/情報)
20:39~

「ナゼおでこに犬という文字が書かれている?」という問題を出題。軽犯罪を犯した時の刑罰で犬と額に入れ墨を入れられていたというのが正解。地域や犯罪の種類によって文字は変わるが恥ずかしい刑で犯罪を抑えていた。

江戸時代の離婚率は現在の約2倍で武士は10人に1人が離婚していた。凡太郎は「うわなりうち」をしに行く謎の女性集団を見かけた。

キーワード
うわなりうち

ありえへん江戸の世界 (バラエティ/情報)
20:47~

江戸時代は夫と別れた元妻が友達を引き連れて再婚した男の家を襲撃するという「後妻打ち(うわなりうち)」という風習があった。一種のストレス発散のような物でひと通り気が晴れたら帰っていった。

キーワード
後妻打ち

ミワちゃまの明日を生きる花言葉 (バラエティ/情報)
20:48~

美輪明宏が、パルコ出版の著書「花言葉」から、古い歴史、日本人として美しい言葉づかい、立居振舞、すべての教養を修得し、美意識を育てたうえで新しいものを取り入れる好奇心、心の柔らかさも忘れない。これこそ、毎日を心地よく生きるコツなのです。」という言葉を抜粋。

キーワード
パルコ出版
花言葉

エンディング (その他)
20:49~

大江戸捜査網2015の番組宣伝。

ありえへん∞世界の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月23日 放送
  3. 次回の放送