未来の主役 地球の子どもたち 2016こどもの日スペシャル 未来の主役?地球の子どもたち?踏み出す一歩

『未来の主役 地球の子どもたち』(みらいのしゅやく ちきゅうのこどもたち)とは、TVQ九州放送制作で2001年11月5日から放送されているミニ番組である。アシュランの一社提供。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年5月5日(木) 10:05~11:00
放送局 テレビ東京

番組概要

2016こどもの日スペシャル 未来の主役 ~地球の子どもたち~ 踏み出す一歩 (バラエティ/情報)
10:05~

番組でおよそ8年前から取材を続けてきた三重県の小川菜々美さん。小川さんは小学1年の時にミトコンドリア病という難病を発症し、それ以来この病気と闘いながら生活を続けている。ミトコンドリア病とはミトコンドリアの働きが低下し、エネルギーがうまく作れなくなる病気であり、体のあちこちに様々な症状が出る。この病気の患者数は少なく、認知度が低いため周囲の人の理解が必要である。

小川さんの小学生の頃からの夢はカウンセラー。高校からは、自分のペースで勉強できる特別支援学校に進学し、電動車椅子を使って自分で自由に動けるようになった。小川さんはここで自分より重度の障害を持つ人が大勢いることを知り、小川さんが友達を世話する立場になり、カウンセラーという夢がしっかりとした目標となった。現在、小川さんはその目標に向かって地元の短期大学の介護福祉コースに進学。今一番興味をもっているのは手話の授業。

今年20歳を迎える小川さん。病気は進行しているのが現状だが、「力抜いてひと呼吸おきながら、一歩ずつ頑張ればいいかなって思う」と語る。小川さんは学校が早く終わった時などに、障害を持つ子どもたちのためのデイサービス施設を訪れ、実習生として手伝いもしている。小川さんは短大を卒業したらピアカウンセラーになりたいという。ピアカウンセラーとは、相手と同じ目線で向き合い、寄り添いながら相談にのる仕事。

キーワード
三重県
ミトコンドリア病
高田短期大学
手話
津市(三重)
ピアカウンセラー

オープニング (その他)
10:10~

今日の放送内容紹介。「カメレオンと共に」「地雷被害を乗り越えて」「博物館をつくる」

2016こどもの日スペシャル 未来の主役 ~地球の子どもたち~ 踏み出す一歩 (バラエティ/情報)
10:11~

14歳のバニアさんはマダガスカルのカメレオンハンター。マダガスカルは世界で4番目に大きい島で、独特の進化を遂げた島固有の野生生物が生息している。世界中で発見されているカメレオンの半数以上がマダガスカルに生息しており、人気のペットとして輸出されている。

バニアさんは父ルシアンさんとともに森に入り、カメレオンハンターの手伝いをしている。父の手伝いをするようになったきっかけは、バニアさんの左の頬に大きなできものができて家から出られなくなってしまった時に、父から森にカメレオン捕獲に誘われたことだという。ルシアンさんは「娘が外に出るきっかけを与えたかった」と語る。大きな注文が入り、手術代も捻出できたという。「父を誇りに思うし、私も将来は立派なカメレオンハンターになりたい」とバニアさんは語る。

バニアさんの自宅を取材。朝食づくりはバニアさんの日課。村には電気やガスは来ていないので、燃料には炭を使う。マダガスカルでは子どもの自立のため、ある程度の年齢になったら家の手伝いをさせるのが昔からの習慣だという。もうひとつの日課は、捕獲したカメレオンのエサやり。乱獲を防ぐためカメレオンの捕獲には国への申請が必要で、子どものカメレオンを獲ってはいけないなど、カメレオン保護のためのルールも定められている。

マダガスカルの義務教育は日本と同じ15歳までだが、貧困などの理由から就学率は6~7割だという。この日の授業は環境問題について。マダガスカルでは現在、森林破壊の問題に直面している。マダガスカルでは多くの家庭で炭が使われているため、大量の木材を消費する。ガスや電気は設備が整っておらず値段も高いのだという。そして最も深刻なのは、農地不足の解消や収穫量の増大を狙った焼畑。環境問題と同時に考えなくてはならないのが貧困問題、国民の多くがギリギリの生活を余儀なくされており、環境より目先の利益が優先されてしまうと森林技術者のヘルダマンさんは語る。解決策は子どもたちへの教育。ルシアンさんも同じ考えを持っており、バニアさんが学校で環境問題についての授業を受け興味を持ったことを嬉しく思った。

翌日、ルシアンさんはバニアさんを焼畑の現場に連れ出した。焼畑でコメを育てる女性は「森林破壊はわかっているけれど、こうしないと収入がなくなってしまう」と語る。バニアさんは、森を守ろうとする人たちと、生活のために森を破壊する人たちの両方の意見を知り、環境問題と正面から向き合い葛藤した。

キーワード
アンタナナリボ(マダガスカル)
マダガスカル
カメレオン
サボチアンジロ中学校
焼畑

2016こどもの日スペシャル 未来の主役 ~地球の子どもたち~ 踏み出す一歩 (バラエティ/情報)
10:26~

ルシアンは命の尊さを伝えたかった。生後間もないカメレオンの赤ちゃんを発見し、「あの小さないのちを守らないといけない」とラクトアリシノに伝えた。ラクトアリシノは「次は私たちの番」「大好きなカメレオンを守るために一生懸命勉強したい」と述べた。

キーワード
カメレオン
フンセン・トレン中学校

2016こどもの日スペシャル 未来の主役 ~地球の子どもたち~ 踏み出す一歩 (バラエティ/情報)
10:34~

今年1月、福井県の中学生達は和歌山県の国城原農具民俗資料館に見学に訪れていた。この資料館は地元の農具などを展示、3年がかりで個人が作った。生徒たちは授業で博物館を作っているが、その金額を聞いてみんな唖然としていた。

キーワード
国城原農具民俗資料館
和歌山県

エンディング (その他)
10:57~

エンディング映像。

未来の主役 地球の子どもたち DVD15巻セットを500名にプレゼント。応募ははがきにて。番組ホームページでも受付中。

キーワード
未来の主役 地球の子どもたち DVD15巻セット
未来の主役 地球の子どもたち
  1. 前回の放送
  2. 5月5日 放送
  3. 次回の放送