田勢康弘の週刊ニュース新書 2013年8月24日放送回

田勢康弘の週刊ニュース新書(たせやすひろのしゅうかんニュースしんしょ)は、テレビ東京系列(TXN)などで2008年4月5日から2016年3月26日まで毎週土曜日に放送されていたニュース番組である。通称は「週刊ニュース新書」。で、一部の番組表などではこの名称となっている。生放送中のスタジオでネコを自由に歩かせている演出で知られている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年8月24日(土) 11:30~12:05
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:31~

オープニング映像。

田勢は政治は与党である民主党だけで成り立たず、強い野党があってこそ良い政治になるので、民主党の存在理由を自覚してもらいたいと話し、ゲスト・大畠章宏を紹介した。民主党は衆院選にて230から57議席に、参院選では44から17議席に減らし危機的状況に陥っているが、今日は大畠幹事長が復活のシナリオを語る。

キーワード
民主党
衆院選
参院選

大畠幹事長 生出演 民主党「再建への道」 (ニュース)
11:32~

「民主党」について、田勢は反省ばかりだと信頼出来ないと国民は思うので胸を張りビジョンを早く示したほうがいいと話した。対して大畠氏は集中豪雨の被災地で苦労している住民の意見を聞き国として何が出来るが対策を取り、岩手に入った際には昔馴染みに話しをして現地で組長の相談相手になる人を派遣をするなど具体的な行動で開始しようと感じたと語った。

テレビ東京が行った日本経済新聞・世論調査によれば、参院選で民主党が大きく議席を減らしたことについて、ちょうどよいが41%、もっと少ない方が良かった16%、もっと多い方が良かったが32%となっている。この結果から、大畠氏は民意を受け止めこれからどう応えていくかの大事なアンケートだとコメントした。

大畠章宏民主党幹事長に聞く4つのテーマ、「民主党再建hがイバラの道?」「自民党にどう対抗?野党再編は?」などを紹介。

民主党・全国幹事長会議で何が話されたのか。

キーワード
民主党
テレビ東京
日本経済新聞
世論調査
参院選
岩手県
全国幹事長会議

大畠幹事長 生出演 民主党「再建への道」 (ニュース)
11:38~

一昨日、民主党では民主党・全国幹事長会議が行われ、長崎県連など支部からは「代表選」について紛糾する不満や地方議員の切実な声があがった。また、青森県連の地方議員は特に国会議員が1人もいなくなり地方議員だけでやる厳しい状況下にあると話した。

民主党の地方支部では民主党の国会議員がいない状況が問題となっており、現在は全国で15県ほど国会議員がいなく、大畠氏は国会議員がいなくなった県連や地域に対し、党としてなんらかの支援をし組織として行動が出来るようにしたいと語った。

大畠幹事長は、茨城・城里町出身で、日立製作所に入社し原発プラントの設計などに参加した。参加していた労働組合から輿石東氏の同期で旧社会党衆院初当選。その後民主党結成に参加、経済産業大臣や国土交通大臣を歴任してきた。

田勢は民主党には党を守っていく気構えが足りないと発言、大畠氏は党には優秀な人が集まっているが党を考えることについては不十分な体制があったとし、党の一員としての行動はそれぞれの議員に考えを仰ぎ、これまでの民主党の歴史を振り返りながら何をすべきか明確に考え、心を1つにして行動していきたいと話した。

民主党・大畠幹事長は「幹事長を打診されたときの心境」について、得意な分野ではないので驚きと辛い感情があったが覚悟を決め拝命したとし、「歴代幹事長に比べて勝っている点」について、それぞれが優勝であり自分なりに経験を踏まえ全力で任務にあたりたいなど数個の質問に答えた。

歴史的政権交代から3年あまりで解党危機に陥っている民主党に対し、やくみつるさんや大宅映子さんなどが辛辣な意見が出た。

キーワード
民主党
民主党・全国幹事長会議
輿石東氏
社会党
長崎県連
代表選
城里町(茨城)
日立製作所

大畠幹事長 生出演 民主党「再建への道」 (ニュース)
11:48~

民主党再建への道について、各界から意見を聞いた。やくみつるさんは政策立案能力が無かったのだから分裂してどちらかが生き残る術を見出したらいいと意見。大宅映子さんは「これだけは守る」ものを作るべきで、共通理念をまとめることだと意見した。また、当時転落した自民党で幹事長だった大島理森議員は、シンパシーを持つが自民党と比べて立てなおして頑張ろうという熱が伝わってこないとコメントした。

やくみつる他に、大島理森氏からの意見として「野党第一党たる自覚と責任を共有しはたすべし」とのフリップを紹介。大畠氏は厳しい意見の中にもこれからの道筋を示されたが、厳しい生活をしたが地域で安心して生き働ける社会を求めているという意見を以前聞き、安倍首相はそういった人々の力になりたいとしているがアベノミクスの中には有毒なものもあり、雇用問題で正社員と派遣社員の労働については反対の行動をしているとした。また、大畠氏が目指す道筋は地域の人々が安心して働け生きれる社会でありそのために全力を尽くしたいと語った。

民主党の生みの親である鳩山由紀夫元総理は、結党した時の原点をもう一度確認し「友愛」を取り戻して貰いたいと話した。

大畠氏は民主党を生んだ鳩山由紀夫元総理の友愛精神は初期から変わらず、助け合い生きる社会を作り市民が主役の政党を作る概念から結党したのが民主党であるため、友愛は大事なものであると話した。

大畠氏は民主党は党として原発再稼働の3つの考え方について、原子力発電所の40年運転制限制を守り、原子力規制庁が安全性を確認したもののみ再稼働とすること、新増設はしないという3つを提示、最終的には原発ゼロを目指し、変わり得る代替エネルギーである再生可能エネルギーを政府が後押しで開発することで考えをまとめたと語った。

アベノミクスで株が上がったと盛り上がる中で株を持つのは4分の1もなく、預貯金がゼロの家系も多いので、物価が上がり困る人が多くそのために民主党の本来の役割はあると田勢が意見。大畠はアベノミクスで全てが解決するように受け止めているが、その中には有毒なものもあり雇用問題など暮らしを守る会を立ち上げるので10月中旬から大きな問題として取り上げたいとした。

安倍総理が中東歴訪へ

キーワード
民主党
友愛
原発再稼働
大島理森氏
やくみつる
大宅映子
雇用問題
アベノミクス
安倍首相
鳩山由紀夫元総理
40年運転制限制
原子力規制庁
原発ゼロ
再生可能エネルギー
安倍総理

ニュース (ニュース)
12:02~

安倍総理は中東など4カ国訪問のため羽田空港を出発し、原油や天然ガスなどの安定的な確保に向け中東諸国との関係を確認する他、来月に決まる2020年夏オリンピックの東京開催に向けて各国首脳にアピールしたい考えだ。

ブルネイにて甘利TPP担当大臣はTPP首席交渉官会合がスタートし、事務レベルでの協議が本格的に始まった。難航している関税などの分野で協議をどれだけ進展させられるかが焦点だ。

日本海側に伸びる前線の影響で、西日本では福岡市など大雨となり、島根県では記録的な豪雨となっている。気象庁は最大級の警戒をするように呼びかけている。

キーワード
安倍総理
甘利TPP担当大臣
TPP
豪雨
2020年夏オリンピック
ブルネイ
福岡市(福岡)
島根県

エンディング (その他)
12:04~

田勢氏は、自民党が政権を失ってから谷垣総裁を全員で支え執行部が盛りたてて頑張っていたので、その教訓を民主党にも同じことをやってもらいたいとトークした。

週刊ニュース新書の検索テロップ。

キーワード
谷垣総裁
民主党
週刊ニュース新書
  1. 前回の放送
  2. 8月24日 放送
  3. 次回の放送