ワールドビジネスサテライト 2019年1月7日放送回

『ワールドビジネスサテライト』(英称:WORLD BUSINESS SATELLITE)は、テレビ東京系列を始め、BSテレ東(旧・BSジャパン)・日経CNBCで1988年4月4日から放送されている経済情報番組である。略称は、英称の頭文字を採った「WBS」(ダブリュービーエス)。モノステレオ放送を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月7日(月) 23:00~23:58
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
23:00~

大江麻理子が挨拶を行った。

ニュース (ニュース)
23:00~

セブン&アイ・ホールディングス井阪社長は、消費税率10%について「乗り越えないといけないハードルだと思います。ですから、どう反動減を抑えながら、クリアすることに最大限腐心していかないといけない」と警戒感を口にした。みずほフィナンシャルグループ坂井社長は「基本的にはないと考えている」と、3度目の見送りはないとの見通しを語った。

今日のラインナップを紹介。「ゴーン出廷前に何語る?」「現場に異変!?」「企業トップを直撃」など。

今日、都内で開かれたパーティに出席した日産の西川社長はこの状態を作ってきたという意味では歴代経営陣にも責任はある。今年はガバナンス元年、再構築の年。独立社外取締役も重要なものにしなければいけない。結果として取締役会の構成も見直さなければいけないかもしれない。社外取締役を中心にガバナンス改善に向けた特別委員会を設置した日産。現在、社外取締役にはガバナンスに精通した人材がおらず、メンバー見直しは避けられない。ルノーとの関係については将来の資本関係の見直しに含みをもたせた。

米中の貿易問題は両国は今日から北京で2日間に渡る直接協議を始めた。協議にはアメリカ側から通商代表部のゲリッシュ次席代表が中国側からは劉鶴副首相が出席。協議で両国は中国による知的財産権の侵害や、アメリカの対中貿易赤字の解消などを議論した模様だが、詳細は明らかになっていない。アメリカは3月1日までに進展がなければさらなる制裁に踏み切る構え。これに対し中国はアメリカに一部情報する姿勢を示し始めているが、協議の行方は不透明。

中国山東省で工場を経営する林成州さんは年間500万個の加工製品などを生産。しかし制裁で注文数は8割減ったが、部品を制裁対象でなかった製品のコードに切り替えて申告し関税を回避した。トランプ大統領について聞いてみると、感謝している。圧力を通じて政府がいい政策を出せば経営にメリットがあるとした。年末、林さんは広東省にいた。そこで行われたのはトランプ思想検討会。集まったのは40人ほどのビジネスマン。彼らがトランプ大統領に期待するのは絶対的な圧力としての役割、中国政府は貿易摩擦を受けて減税や規制緩和に着手したことでコスト削減や業界の改善につながっている。参加者にはiPhoneがプレゼントされた。貿易摩擦の痛みは一時的だと割りきり、中国政府の姿勢の変化に期待を寄せている。

キーワード
セブン&アイ・ホールディングス
ゴーン
出国税
ゴーン容疑者
日産
ルノー
米中貿易協議
ゲリッシュ次席代表
劉鶴副首相
トランプ大統領
山東省(中国)
広東省(中国)

激動の2019…企業トップ直撃! (バラエティ/情報)
23:11~

セブン&アイ・ホールディングス井阪社長は、消費税率10%について「乗り越えないといけないハードルだと思います。ですから、どう反動減を抑えながら、クリアすることに最大限腐心していかないといけない」と警戒感を口にした。みずほフィナンシャルグループ坂井社長は「基本的にはないと考えている」と、3度目の見送りはないとの見通しを語った。最後に、SOMPOホールディングス櫻田社長は「経済同友会の資産では17%。いろいろな研究所が出しているところで2割が必要だろうと」と消費増税の見通しを語った。

野村ホールディングスの永井浩二CEOは米中貿易摩擦について全く読めないので 、予測がつかないと話した。

キーワード
セブン&アイ・ホールディングス
米中貿易摩擦

激動の2019…企業トップ直撃! (バラエティ/情報)
23:15~

イノベンチャーズ列伝。

東芝の車谷暢昭社長谷さんんは米中貿易摩擦について今後米中が2大経済圏になるので両国がどういうふうな関係性をもって世界経済をひっぱっていくのかとした。三井物産・安永竜夫社長は本丸は知的財産権をどう守っていくのか。中国が世界のルールにのっとった形で競争・協調していくのか尽きる。三菱商事・垣内威彦社長は結果的に最先端の開発競争になってきていので、短期的にはアメリカがリードしているが、場合によって中国の巻き返しも考えられるとした。

西武ホールディングスの後藤高志社長は新天皇の即位について国民にとって大きな出来事、新天皇即位は新時代がくるとの期待感があるので、ポジティブなもの。三井不動産・岩沙弘道会長は人々の気分で大きく未来趣向に変える。新時代の幕開けを予感させる。デフレマインド脱却の大きなきっかけになるとした。5月1日の改元、今年は前後を合わせて10連休とななる。

ANAホールディングスの片野坂真哉社長はすでにGWの予約は好調で、国際線の1.5~2倍。飛行時間がない。飛行時間が長い人と、短い人が期待できるとした。

サントリーホールディングスの新浪剛史社長は北方領土交渉について可能性がすごくなる。今までは可能性がなかったが、出てきた。本当の意味での戦後が終わる可能性がある。ロシアとの条約を結ぶことができれば新しい天皇の時代になると話した。

トヨタ自動車の豊田章男社長は東京モーターショー。こういうところにがあがってこないことがど努力不足。今年はデトロイトモーターショーではなくCESの方に未来のモバリティーは移ってきている。モーターショーのあり方が世界的に問われている。既存の自動車メーカーが未来の車でも選ばれる存在になることが必要とした。

パーティには安倍総理も出席。今年の経済運営への決意を述べた。

景気の見通しについて東芝の車谷暢昭会長は明るい年にできるのでは。サントリーホールディングスは新浪剛史社長は全般的に日本のファンダメンタルは悪くないので、じわじわといい方向にいくのではとした。西武ホールディングスの後藤高志は先行きが不透明、不安定な1年になる。トータルすると横ばいから若干のプラスになる。三菱商事の垣内威彦社長はAIやIoTが様々ん産業に浸透して最終的には昨年と最終的にはあまり変わらない結果になる。トヨタ自動車の豊田章男社長は年初の株の乱高下を見てもバーチャルな世界のバブル化が是正されてい是正されていると話した。

ロバート・A・フェルドマンは第一は米中問題。今はキチンレースにになっている。キチンレースになる由来は2人共自分は屈しないという政治ススタイル。爆発する可能性もあるので気持ち悪い。断ち切る条件は頑丈な政治基盤。 落ち着くか爆発するかは3月1日の交渉次第とした。

キーワード
経済同友会
北方領土交渉
東京モーターショー
安倍総理

イノベンチャーズ列伝 (バラエティ/情報)
23:27~

出国税1,000円スタート。

新潟県・見附市の工場。増え続ける注文に対応するため去年稼働した。1日に1万箱以上もの商品を出荷。今後も倉庫を増築する考えだが、商品の積み下ろしといった重労働がネックとなり人手が思うように確保できていない。以前産業用ロボットの導入を考えた際は順序正しく並んだ商品を取ることが出来ていも、向きが変わっただけで対応できなくなり導入を諦めた。しかしあるベンチャーがこの問題を解消、労働不足解消だけでなく生産性もアップした。都内に有る物流倉庫。産業用ロボットの知能を開発する「MUJIN」は工場などの作業を研究し、ロボット制御システムを開発している。動きを可能にしたのがMUJINの制御装置。カメラの映像などからものの状況を把握し、動作を考えるAを搭載。ロボットの自立制御を可能にするモーションプランニングを駆使しているためディーチングが不要に。個のシステムを作り上げたのがロセン・デアンコウさん。ロセンさんとの出会いは国際ロボット展。当時大手工具メーカーでトップセールスを上げていた滝野さんをロセンさんがスカウトするが、現場離れした夢を聞いたことで断り、ロセンさんはアメリカに帰国。しかしその後ロセンさんは自らの研究成果をアピールするメールなどをスカウトを1年続け根負けし2011年に創業。国内外から優秀なエンジニアを集め世界初の制御装置を作った。現在開発を進めているのが、単品毎のピッキング、すでに袋状にも対応しているが。今後人の2倍以上スピードと正確さを目指すという。MUJINの制御装置は世界の腫瘍メーカーのロボットに対応。自動車などの製造工場だけでなく、物流倉庫への導入も進んでいて、完全無人をうたう中国のネット通販大手「DJドットコム」にも採用された。

VTRの中で人工知能の字が間違っていたことをお詫び・訂正した。

ロバート・A・フェルドマンは発明から営業を一人でやるのは難しいので、分業が必要。しかし完全分業ではなく、情報交換の分業。またお互い尊敬しあって情報交換で協力しているのがいいとした。

キーワード
MUJIN
JDドットコム
見附市(新潟)
墨田区(東京)

ニュース (ニュース)
23:39~

アメリカ株式、為替の値動きを伝えた。

韓国に対抗策検討。

日本から出国する際、1人あたり1000円を徴収する出国税がきょうから導入された。政府は2019年度の出国税による税収を約500億円と見込み、空港での顔認証ゲートや多言語翻訳機の設置費用に充てる方針。

武田薬品工業・クリストフ・ウェバー社長は会見でシャイアー買収後の年間売上高が約3兆4000億円との見通しを示した。買収総額は6兆円に登り日本企業として過去最大となる。また約7億7030万株の新株発行を発表した。

東京都は家電エコポイント制度を今年10月から始めることを発表。冷蔵庫・エアコンなど省エネ効果の高い製品に買い替えた場合1万~2万1000円相当のポイントが付与される。

キーワード
為替
ダウ
ナスダック
S&P500
パウエル議長
出国税
武田薬品工業
シャイアー
クリストフ・ウェバー社長
小池知事
家電エコポイント制度
東京都

ニュース (ニュース)
23:43~

軽減税率もワンプッシュ。

日本企業に元徴用工への賠償を命じた韓国の最高裁判決を受け原告側が資産差し押さえを申し立てたことについて菅官房長官は「極めて遺憾、日韓関係は非常に厳しい状況にある」と批判し「国際法に基づき毅然とした対応をとるため具体的な措置の検討を深めていく」と強調した。

昭和天皇の30年式式年祭が武蔵野陵で行われた。天皇皇后両陛下を始め安倍総理大臣ら30人が参列した。天皇陛下は御告文を大和言葉で読まれた。

経済財政諮問会議の民間議員として新たに、竹森俊平教授と柳川範之教授を起用すると発表。

経済財政諮問会議の民間議員の狙いについて滝田洋一は「面白いと思うのは竹森さんがメンバーに入ること。官邸と竹森さんの考え方が非常に近いと思う」と説明した。

キーワード
菅官房長官
徴用工問題
昭和天皇
武蔵野陵
安倍総理大臣
天皇陛下
御告文
竹森俊平教授
柳川範之教授
慶應義塾大学
東京大学
経済財政諮問会議
伊藤元重教授
高橋進チェアマン・エメリタス
軽減税率

トレンドたまご (バラエティ/情報)
23:51~

アスカが開発した軽減税率に対応した電卓を紹介。アスカはスイッチで税率を変える電卓を初めて販売したパイオニアでもあり、片渕アナが使いやすさを体験した。

「トレたま募集中」のテロップ。

片渕アナが改めて軽減税率に対応した電卓の使い方を紹介した。

キーワード
軽減税率
軽減税率対応電卓
ワールドビジネスサテライト 番組HP
アスカ

エンディング (その他)
23:54~

本日放送のニュース映像を振り返りつつエンディング。

エンディングテーマ:「時代は変わる」森山直太朗

日経新聞電子版のニュースヘッドライン。「台湾半導体大手、中国への技術協力縮小 対米摩擦懸念」「中国経済減速が揺らす消費市況 19年前半は調整続く」など。

あすの天気予報。

ビジネスオンデマンドとパラビで配信中。

7日の「モーサテ」の予告。2019年の為替相場を専門家が展望。

良い企業統治の条件についてフェルドマン「役員会は何の役割なのかと言うことを原点にして考えるべき」とコメントし、パフォーマンスとコンフォーマンスについて説明した。

キーワード
森山直太朗
時代は変わる
日経新聞電子版
ビジネスオンデマンド
パラビ
為替

番組宣伝 (その他)
23:56~

「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 1月7日 放送
  3. 次回の放送