Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル

放送日 2019年7月21日(日) 19:57~ 1:00
放送局 TBS

番組概要

Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル (ニュース)
19:57~

今回は参議院の半数の124議席で争われる。このうちこれまで自・公がもっていた議席が77で、安倍総理が勝敗ラインと設定したのは53だ。スタジオではJNNの議席予測を公表。内訳は与党は自民が58、公明が14、野党は立憲が19、国民が5、維新が9、共産が8、社民が1、無所属・諸派が10となっている。与党と改憲に前向きな維新など合わせると160議席となり、憲法改正に必要な164には及んでいない。既に当選が確実とされる議席は自・公で59となり、過半数を超えた。

当選確実となった候補者を伝えた。

激戦区東京では20人が6議席を奪い合った。当選確実とされるのは丸川さん、山口さん、吉良さんとなっている。

14人が4議席を争う神奈川県の出口調査の結果を伝えた。当選確実とされるのは島村大さん、牧山弘恵さん、佐々木さやかさんとなっている。埼玉県では古川俊治さん、熊谷裕人さん、伊藤岳さん、矢倉克夫さんが当選確実。千葉県は石井準一さん、長浜博行さん、が当選確実となっている。

北海道は高橋はるみさん、勝部賢志さん、岩本剛人さんが当選確実となっている。

静岡県では牧野京夫さん、榛葉賀津也さんが当選確実となっている。

愛知県では酒井庸行さん、大塚耕平さん、田島麻衣子さん、安江伸夫さんが当選確実となっている。大塚耕平さんのバンザイの様子を伝えた。

大阪選挙区では4議席をめぐって12人が争った。梅村みずほさん、東徹さん、太田房江さん、杉久武さん、が当選確実となっている。

京都府では西田昌司さんが当選確実となっている。倉林明子さんと増原裕子さんが現在24%で並んでいる。

ポスト安倍の代理戦争の様相を呈している広島県では当選確実の候補者は現時点ではいない。

1人区の各県の出口調査の結果を伝えた。宮城県では石垣のり子さんが50%まで伸ばしている。岩手県では横沢高徳さんが48%で当選ラインだが、平野達男さんが1%差につけている。秋田県では寺田静さんが50%でリードしている。山形県では芳賀道也さんが49%で、大沼瑞穂さんが1%差でつめている。福島県は森まさこさんが54%で当選確実となっている。

新潟県の選挙区。自民党推薦の塚田一郎候補は忖度発言で国交副大臣を辞任。応援に駆けつけたのは忖度していたとされる人たちであるが、小泉進次郎議員は「私は忖度しません」と述べた。現在打越さく良候補と塚田一郎候補ともに48%で接戦。

三重県の選挙区の様子を紹介。国会の壇蜜の異名を持つ吉川有美候補。その最後の演説は涙づくしで有美コールで溢れ返った。現在の出口調査の結果は吉川有美候補が49%で芳野候補と5%差。

和歌山県の出口調査では世耕弘成候補が74%で当選確実、山口県では林芳正候補が71%で盤石な戦いをみせる。

愛媛家の選挙区の様子を紹介。地元で25年活躍してきたらくさぶろう候補は愛媛のみのもんたと呼ばれる。出口調査の結果では永江孝子候補が57%となっている。ここまでの1人区ではJNNが当選確実としてるのが与党が18議席、野党が3議席で残り11席となっている。

元モーニング娘。の市井紗耶香候補や元格闘家の須藤元気候補、タレント候補と呼ばれる人たちも出馬。比例注目候補の当落で当選確実としているのが橋本聖子、佐藤正久、鈴木宗男の3名。

小泉進次郎氏の選挙期間の活動に密着した。小泉進次郎氏は応援演説で全国各地を駆け巡り、17日いかんで全国62か所1.5万キロ以上を周った。中には船をチャーターし飛島に向かった。そんな小泉氏は今回の選挙について熱を感じない、選挙をやっているの?という空気すらあるのではと国民の選挙への関心低下に危機感を抱いていた。この状況を打開するのか井上アナが密着。演説について地元の方言を話すなど巧みな話術を駆使し劣勢を逆手にとった演説を行っていた。

小泉進次郎氏の活動を3コマで振り返る。過去にもピンチをチャンスに変えてきた。2016年の参院選ではTPP関連法案を巡り国会は大モメ。この時進次郎氏の役割は農林部会長として農村巡りをし不安払拭に奔走。17年の衆院選では都知事が国政政党を立ち上げ代表となった。そこで進次郎氏の役割は小池旋風のストップ役として、衆院解散後に小池さんに衆院選挙に出てほしい、このままだと分かりにくいからと都知事なのに国政に奔走するのに対して都議会に心がないのではなど話す。そして、今回は年金問題の火消し役に奔走。年金問題をゼロにすることができないが小さくすることはできるなど話す。

今回の東京選挙区は、20人の候補者が6議席を争う超激戦区。その現場を小川彩佳が取材した。山本太郎候補は6年前、約67万票で当選した。今回は比例代表で立候補している。山本太郎は、1議席を守る選挙ではなく拡大していく選挙とその理由を話した。立憲民主党の塩村文夏候補は、山本太郎候補の票について、個人的には多いほうが良いが野党で4議席を取ることが重要だと話した。自民・武見敬三候補も苦戦を強いられていて、今井絵理子議員に応援演説をしてもらった。また、丸川珠代候補の台頭で自民党の票が流れる可能性が出てきた。盆踊り大会に参加した丸川氏は、東京五輪エンブレム柄の浴衣姿を披露した。丸川氏は、都知事選の出馬について聞かれると、まずこの選挙を勝たせていただきたい、今それを考える余裕はないと話した。

丸川珠代事務所の中継映像。丸川珠代候補がメディアの質疑応答に答える様子が流れた。丸川氏は主人の理解なくして選挙はできなかった、最初から最後まで主人に支えてもらったことが大きかった等と話した。

現在、東京選挙区で当選確実とされているのは丸川珠代・山口那津男・吉良佳子で、前回4位で当選したのが山本太郎だった。その時獲得したのが66万票だったが、今回山本は東京選挙区ではなく、れいわ新選組を立ち上げ、全国比例で立候補した。その狙いは約120万票の獲得で、獲得できればれいわ新選組が国政政党として認められる。星浩は、今のところは厳しい状況、山本は自分が当選することも狙っただろうが、今は厳しいと話した。山本不在の66万票を誰が獲得するのかに注目が集まっている。星浩は、一部は共産党の吉良にも流れているのではなどと述べた。

山本太郎候補との中継。山本は、れいわ新選組を旗揚げしたからには政権を取るつもりだと話し、自身の衆議院選挙についてはまだ話さない、最初は1議席も取れないと予想されていたが、実際は2議席にリーチがかかっていると話した。さらに山本は、今回の選挙の争点は「格差」だとしていて、金持ちをさらに金持ちにするための政策が消費増税で、その問題に立ち上がる先頭に立たせてもらっていると話した。山本は、自身のテーマはデフレ脱却だとして、そのためには消費を喚起するとして、消費税廃止、新規国際の発行も躊躇せずにやっていきたいなどと述べた。その後、比例代表区の議席予測を紹介した。

モーニング娘。の元メンバーの市井紗耶香候補や、元総合格闘家の山本太郎候補などタレント候補の始まりは、1962年に自民党が擁立した藤原あきと言われている。当時から知名度が重要な全国区は、テレビ普及率約80%の時代の効果もあり、藤原あきが全国区初の116万票でトップ当選を果たした。1968年には、タレントの青島幸男が立候補し、120万票で全国区2位で初当選を果たした。また、石原慎太郎は、弟の石原裕次郎を引き連れ、史上最高301万票でトップ当選を果たした。その後もタレント候補は知名度を武器に政界へ進出してきた。平成に入ると、政治不信が高まる。平成最初の参議院選挙ではタレント候補が続々と立候補した。アントニオ猪木が新党を立ち上げ政界入りしたのもこの年。その後も、政治不信の風が吹くたびにタレント候補が駆り出された。2004年に小泉内閣で年金未納問題が相次ぐと、自民党は、荻原健司や神取忍を擁立した。今回、自民党が擁立したタレント候補は山本左近候補のみ。タレント候補が減った理由は今井絵理子氏にあるとも考えられていて、当選から1年で不倫疑惑報道が出てしまった。

衆議院でのタレント候補一号は石田一松で、吉本興業で風刺を歌う演歌師だった。タレント候補はかつて全国区制だったため、知名度があってお金がある人が有利だったが、1983年から比例代表制となり、アントニオ猪木は大量の無効票を生んでしまった。そして2001年から非拘束名簿式に戻り、再び知名度が高い候補が有利となり、タレント候補が乱立した。2001年以降の主なタレント議員を紹介した。

塩村文夏候補が当選確実となった。塩村文夏氏の現在の様子を伝えた。

スタジオトーク。三田寛子は、タレント候補で知名度があろうが結局は人間性だなどと述べた。

埼玉選挙区で立候補している立民・熊谷裕人候補は、枝野幸男代表の右腕。演説での動きは枝野氏に告示している。埼玉選挙区では、自民・古川俊治、立民・熊谷裕人、共産・伊藤岳、公明・矢倉克夫に当選確実が出ている。

北海道選挙区では、自民・高橋はるみ、立民・勝部賢志、自民・岩本剛人が当選確実となっている。

宮城選挙区では、元アナウンサーの立民・石垣のり子が立候補している。石垣氏は、消費税ゼロを訴えていて、党の公約は10%への引き上げ凍結だが、本人は気にしていない模様。

群馬選挙区で立候補した自民・清水真人候補は、若さをアピールしている。前任者の山本一太氏は、今回群馬県知事選に出馬し、若さをアピールした。群馬選挙区の出口調査の結果を紹介。自民・清水真人が当選確実となっている。

長野選挙区で立候補した国民・羽田雄一郎は、父が築いた羽田ブランドを守りきれるのか。長野選挙区では国民・羽田雄一郎が当選確実となっている。

三重選挙区では、自民・吉川有美が49%、無・統・吉野正英が44%で争っている。

鳥取・島根選挙区では、地元に帰ってきた石破茂氏だったが、2県で1人しか候補者を出せないことを怒っていた。鳥取・島根選挙区では自民・舞立昇治が当選確実となっている。

広島選挙区では、1番手に自民・河井案里、2番手に無・森本真治、3番手に自民・溝手顕正が付けている。これまで1人区では与党が19、野党が3としている。

現在の候補者の得票数を紹介した。小川彩佳は、足を止める人が多いのは丸川・吉良・塩村だったが、盛り上がりを見せていたのは山本太郎だった等と話した。

東京選挙区の開票速報を伝えた。現在、自民・丸川珠代、公明・山口那津男、立民・塩村文夏、共産・吉良佳子が当選確実となっている。

オープニングでキャスターが挨拶し、番組とスタジオの紹介をした。また、今回の選挙の構図を解説した。

新潟選挙区の出口調査の結果を紹介。現在、無・打越さく良と自民・塚田一郎が48%でトップを争っている。

そんな小泉氏の楽しみの一つが食事でカメラの前では食リポをする余裕すらみせた。しかし、四国での遊説中に最大のピンチに直面した。それが大雨により電車が停車してしまった。演説会場には進次郎氏を待つ聴衆の姿があった。停車して30分以上が経過し、進次郎氏は電車から電話をつなぎ演説を行った。

VTRを振り返りトーク。密着した井上アナは小泉進次郎氏について驚かせられるのが細やかさで一度、演説を行った先で出会った人の名前などを覚えていて再会した時に一声かける姿があったと話すし、密着したスタッフらも髪を切ったなど気づいてもらったなど話す。そしてスタジオには森永卓郎さんと三田寛子さんが合流。小泉進次郎氏について三田さんは心を掴むのが上手であるなど話した。

キーワード
丸川珠代
吉良佳子
自民
公明
立民
国民
維新
共産
社民
鈴木宗男
山口那津男
徳川家広候補
森まさこ
梅村みずほ
橋本聖子
永江孝子
佐藤正久
佐々木さやか
舩後靖彦
丸川珠代候補
西田昌司
太田房江
吉良佳子候補
東徹
塩村文夏候補
世耕弘成
大塚耕平
音喜多駿候補
高橋はるみ
尾辻秀久
武見敬三
山岸一生
野原善正
高橋克法
清水真人
伊藤岳
矢倉克夫
熊谷裕人
古川俊治
松沢成文候補
牧山弘恵
島村大
三木亨
三浦靖
佐藤信秋
浅賀由香
乃木涼介
柘植芳文
山田太郎
山田俊男
宍戸千絵
沢田良
和田政宗
石井準一
長浜博行
豊田俊郎
浅野史子
若松謙維
平木大作
新妻秀規
山本香苗
山本博司
勝部賢志
河野義博
畠山和也
小沢雅仁
岸真紀子
徳川家広
川田龍平
水岡俊一
小池晃
牧野京夫
榛葉賀津也
下野六太
野田国義
松山政司
山下雄平
高良鉄美
岬麻紀
河村たかし名古屋市長
山田修路
滝波宏文
酒井庸行
田島麻衣子
石井正弘
三宅伸吾
安江伸夫
須山初美
杉久武
亀石倫子
堀井巌
馬場成志
大野泰正
辰巳孝太郎
岩本剛人
羽田雄一郎
舞立昇治
岸田文雄政調会長
溝手顕正候補
らくさぶろう
菅義偉官房長官
河井案里候補
森屋宏
森本真治
倉林明子
増原裕子
堂故茂
森まさこ候補
塚田一郎候補
愛知治郎
三宅紀昭
平野達男候補
小沢氏
横沢高徳
梶谷秀一
寺田静
中泉松司
石岡隆治
大沼瑞穂候補
福島みずほ議員
芳賀道也
小野沢健至
水野さちこ
田山雅仁
小泉進次郎議員
打越さく良
小島糾史
吉川有美候補
壇蜜
芳野正英
門田節代
二之湯武史
嘉田由紀子
服部修
藤井幹雄
林芳正
大内一也
河井美和子
茂木敏充経済再生相
椋本薫
市井紗耶香候補
須藤元気候補
山東昭子
丸山和也
モーニング娘。
斉藤里恵
吉田忠智
山本太郎
飛島(山形)
東近江市(滋賀)
甲賀市(滋賀)
新潟市(新潟)
小泉進次郎
TPP関連法案
衆院選
年金問題
台東区(東京)
山口那津男候補
山岸一生候補
小池百合子都知事
れいわ新選組
入谷朝顔まつり
音喜多駿
塩村文夏
市井紗耶香さん
須藤元気
橋本聖子候補
れいわ
LOVEマシーン
藤原あき
青島幸男
石原慎太郎
石原裕次郎
立川談志
扇千景
西川きよし
西川ヘレンさん
宇野宗佑首相
コロムビア・トップ
アントニオ猪木
横山ノック
田英夫
小池百合子
森田健作
江本孟紀
荻原健司
神取忍
赤城徳彦農水相
柳沢伯夫厚労相
久間章生防衛庁長官
麻生太郎外相
谷亮子
池谷幸雄
山本左近
今井絵理子
第二院クラブ
スポーツ平和党
日本新党
意地悪ばあさん
リクルート事件
年金未納問題
石田一松
大橋巨泉
横峯良郎さん
三原じゅん子議員
神取忍さん
谷亮子さん
蓮舫議員
吉本興業
今井絵理子議員
丸山和也候補
溝口晃一
森純
水野素子
関口安弘
熊谷裕人候補
枝野幸男代表
石垣のり子
安倍総理
塚田一郎
山本一太氏
斉藤敦子
前田みか子
小松裕
古谷孝
吉川有美
石破茂氏
中林佳子
黒瀬信明
河井案里
溝手顕正
大空と大地の中で
与那国島(沖縄)
食道がん
有楽町(東京)
福島県
新潟県
宮城県
岩手県
秋田県
山形県
三重県
和歌山県
山口県
愛媛県
小松裕候補
小泉進次郎氏
都知事

Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル (ニュース)
21:42~

最新の開票速報情報。

イージス・アショアの問題などで自民の中泉松司候補が苦戦し激戦となっている秋田では寺田静氏が当選ラインを超えている。

キーワード
武見敬三
山岸一生
溝口晃一
塩村文夏
平野達男
横澤高徳
滝沢求
小田切達
中泉松司
寺田静
イージス・アショア

キャスト

  1. 7月21日 放送
  2. 次回の放送