BACKSTAGE 全国800店舗こだわり麺でラーメン文化を発展させるスゴ腕職人

放送日 2019年6月23日(日) 23:30~ 0:00
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
23:30~

オープニング映像。

今や日本を代表する国民食となった「ラーメン」。そしてラーメンの新ジャンルとしてファンが増え続けている「つけ麺」。「つけ麺」屋には連日行列が出来ており、そんな人気店をバックステージで支えているのは、ラーメン界に麺革命を起こした人物の姿が製麺所にあった。

BACKSTAGE (バラエティ/情報)
23:33~

一心不乱に麺を作り続ける「浅草開化楼」の石倉康晴は、全国の人気ラーメン店を支え続けている。「浅草開化楼」は全国約800店舗へ麺を提供している製麺所であり、ラーメン通たちに知れ渡っている。「浅草開化楼」では広さ40坪の製麺所に従業員約40人が勤務している。行列の出来るラーメン店「勝本」の店主である松村らは、「浅草開化楼」の麺は味・香り全てが違うと語った。そんな石倉は1日平均4万食の麺を製造している。

MISSION「『作る』だけでは終わらない…1日4万食! 800店舗へ麺を届ける」と題し、石倉の仕事に密着。石倉は毎朝早朝5時半に始業する。麺作りの工程は大きく3つであり、「配合した粉と塩分を含んだかん水を練り生地を作る」、「練った生地を帯状に巻き」、「出来上がった麺帯を麺の形状に切り出す」と作業し、麺を袋にパックして配送される。「浅草開化楼」では麺作りの全ての工程に人の手を加えており、石倉は最終的に麺の形を決める「切り場」を担当している。「浅草開化楼」に注文している店舗ごとに麺の生地の配合・麺の形状・太さ・長さの要望が異なり、石倉は3cmの幅の麺から何本に切るか調整している。石倉は「特製つけ麺」が看板メニューのラーメン店「長男、もんたいちお」の麺作りでは濃厚魚介豚骨スープが特徴であるため、「極太麺」を開発していた。また石倉は、人気ラーメン店「蔭山樓」の麺作りでは、人気メニュー「鶏白湯塩そば」の麺として「ちぢれ麺」を提案し生み出した。こうして石倉はスープに合わせた麺作りを行っている。

人気ラーメン店「勝本」の人気メニュー「清湯つけそば」は1度に2種類の麺を楽しめるところが特徴となっている。石倉は「勝本」から麺で個性を出したいと要望を受け、「つるつるもちもちの平打ち麺」と「歯切れのいい細麺」を提案して開発した。石倉が全国の店から引っ張りだことなった理由は、10年前に麺専用の粉「傾奇者」を、つけ麺ブームの火付け役とも称されるラーメン店「六厘舎」のために石倉が開発したことにある。「六厘舎」のために生み出された麺は、麺だけでも美味しいと評判を呼び、以降は石倉のもとに全国のラーメン店から依頼が殺到し、全国約800店舗、約4万食の麺を製造するに至った。石倉は午後1時まで休まず麺を作り続け、昼時には取引先のラーメン店に出向いて自分の麺を味わっている。この日、ラーメン店「勝本」に訪れた石倉は2種盛り麺の「清湯つけそば」を自ら紹介した。こうして石倉は日々、顧客のラーメン店と信頼関係を築き上げている。

石倉は意外な経歴の持ち主で、もとはプロレスラーである大仁田厚のマネージャー業を行っていた。また幼少期からプロレスに憧れていた石倉は一度だけ28歳の頃に「負死鳥カラス」としてプロレスデビューを果たしていた。30歳の頃に大仁田の政界進出を機にマネージャーを辞めた石倉は「浅草開化楼」に入社した。石倉が入社した当時の「浅草開化楼」は地元の店だけに麺を卸していたが、石倉は年下の先輩がいる環境では自分が潰れてしまうと考え、誰もやっていないことをやる決断を下し、石倉オリジナルの麺作りがスタートした。石倉のオリジナル麺づくりは当初「浅草開化楼」内では反発があったが、そんな中で石倉が生み出した「傾奇者」が人気となり、「浅草開化楼」の名が全国的に知れ渡った。今では石倉は「浅草開化楼」のスポークスマンとして様々なメディア露出も担当し、メディア露出の際には必ずプロレス時代のマスクを被り、自らが目立つことで、顧客のラーメン店にも還元することを常に考えている。石倉は工場見学の案内も担当しており、この日工場を見学に訪れた同業者の「木嶋製麺所」の木嶋に対し、麺作りの工程を公開し、麺作りのアドバイスも行った。「浅草開化楼」で出来上がった麺は、作った翌日に全国800店舗へ届けられており、遠方の店には宅配便で、近郊の店には従業員自らが手渡ししている。石倉も最初は配達員として入社したが、配達でラーメン店をまわるうちに麺を作りたいと芽生え、現在は新しい麺作りのテーマの一つは、子どもでもお年寄りでも麺が美味しいと思ってもらえることだと語った。

キーワード
浅草開化楼
長男、もんたいちお
特製つけ麺
鶏白湯塩そば
清湯つけそば
六厘舎
傾奇者
大仁田厚
木嶋製麺所

BACKSTAGE (バラエティ/情報)
23:57~

石倉は現在「パスタ作り」という新たな挑戦に挑んでいる。石倉の麺は茹でて時間が経っても伸びにくいことを活かした生パスタを作っており、こういった麺を全国の製麺所に広めることが今の夢であると語った。

キーワード
浅草開化楼

番組宣伝 (その他)
23:57~

「S☆1」の番組宣伝。直撃取材 八村塁 成功へのカギは?

キーワード
八村塁
  1. 前回の放送
  2. 6月23日 放送
  3. 次回の放送