水トク! 実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10

『水トク!』(すいトク!)は、TBS系列で、水曜日の20・21時台での単発特別番組枠のタイトルである。2006年10月18日から2008年7月16日までは、第1期として毎週水曜日の18:55 - 20:54(JST、以下略)に放送され、2012年10月3日からは、第2期として毎週水曜日の19:00 - 20:54に放送を再開し、2014年4月23日から放送時間を毎週水曜日の19:56 - 21:54に変更された。第1期と第2期では、ロゴが異なる上、英称・サブタイトルは存在しなかったが、第2期からは、「WEDNESDAY SPECIAL!」が追加されている。本項では、『水トク!(第1期)』終了後の後番組である、2008年7月23日から9月10日まで、毎週水曜日の18:55 - 20:54に放送された、ドキュメンタリー番組の単発特別番組枠『水曜スペシャル』(すいようスペシャル)についても一体的に扱う。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年1月8日(水) 18:45~20:54
放送局 TBS

番組概要

まもなく (その他)
18:45~

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10の番組宣伝。

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 (バラエティ/情報)
18:47~

司会の船越英一郎が昨年振り込め詐欺などの被害総額が過去最高の約228億円になったと紹介し、詐欺が一向に減らないことについて怒った。そして船越英一郎は手塚とおるを「東京中央銀行の京橋支店の古里(半沢直樹の役)」と言った。

昨年、この番組を利用した詐欺が発生した。その手口は、番組スタッフになりすまし過去に詐欺被害にあった被害者からお金をだまし取るものだった。

キーワード
半沢直樹
東京中央銀行
振り込め詐欺
詐欺

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 (バラエティ/情報)
18:52~

昨年、この番組を利用した詐欺が発生した。その手口は、番組スタッフになりすまし過去に詐欺被害にあった被害者からお金をだまし取るものだった。手口は、いかにもありそうなテレビ局を名乗る。

実際の被害者Aさんは、過去にギャンブル攻略の詐欺にあい、偽テレビ局からインタビューを受け、その被害金を取り戻せるといわれ偽テレビ局にお金を支払ってしまった。

過去に詐欺被害にあったKさんは偽テレビ局からの依頼に詐欺被害撲滅のためにテレビ出演を快諾した。取材から1ヶ月後、Kさんに詐欺師の番組スタッフから電話があり、被害金額が戻る団体があると団体の連絡先を教えられた。詐欺師は、実在する被害回復給付金支給制度を罠に預かり金80万円をだまし取った。サギ特番詐欺は昨年10月~12月の3か月間で被害総額約2500万円の被害が出た。

スタジオの太川陽介は「テレビ局っていうとみんな信用する」と話した。多田文明は「過去に詐欺被害にあった人は被害者を狙う詐欺があることを知っておいてほしい」とアドバイスした。対策は実在する制作会社名かどうかを聞き本当に番組があるのかテレビ局側にも確認する。

キーワード
詐欺
被害回復給付金支給制度

オープニング (その他)
19:00~

オープニング映像。

司会の船越英一郎と田村淳が番組で放送しても詐欺が一向に減らないと話した。今回も最新の詐欺の手口を紹介する。

キーワード
詐欺

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 (バラエティ/情報)
19:01~

最凶サギの手口ワースト10の第10位はオリンピック詐欺。2020年の東京オリンピック開催が決定し期待が高まる中、東京オリンピック詐欺が発生した。

実際にあったオリンピック詐欺の手口を紹介。昨年10月ごろ岐阜県に住むCさんのもとに旅行会社から東京オリンピック開会式チケットの予約申込書が送られてきた。このハガキはサギ師が旅行会社を騙り送ってきたものだった。旅行会社を装ったサギ師はCさんに電話し、高額なチケット買取価格を提示した。Cさんがハガキの電話番号に問い合わせてチケットを購入しようとしたが現金を宅配便で送るという指示を不審に思い、旅行会社に問い合わせたためデタラメな話だと気づいた。

オリンピック詐欺について、防犯アナリストの梅本正行氏は今後最も注目すべき詐欺だとし、オリンピック関係の儲け話について電話がかかってきたら詐欺と疑うべきだと注意を促した。対策は旅行会社の正式な電話番号に連絡し確認をすること。

最凶サギの手口ワースト10の第9位は最新版の買え買え詐欺。一番狙われるのは60歳以上の高齢者。見知らぬダイレクトメールや封筒が届いたら要注意。買え買え詐欺などの被害総額は年間約153億円を超える。

キーワード
東京オリンピック
詐欺
買え買え詐欺

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 (バラエティ/情報)
19:12~

最凶サギの手口ワースト10の第9位は最新版の買え買え詐欺。一番狙われるのは60歳以上の高齢者。1人目のサギ師が高額投資を促すパンフレットの封筒を送り、別のサギ師が別の企業を装って被害者に電話し儲かると勧める。被害者はいい儲け話だと信じこんで大金を支払ってしまうのが従来の手口。

最新の買え買え詐欺は、被害者Sさんの元に見知らぬ封筒が届いた。その後証券会社役のサギ師から電話がかかってきたが、Sさんは不審に思い断った。しかし、数時間後に弁護士を名乗るサギ師から電話がかかってきて証券会社が名誉毀損で訴えようとしているという。冷静さを失ったSさんは示談金200万円を弁護士を名乗るサギ師に支払ってしまった。アディーレ法律事務所の篠田恵里香弁護士は弁護士はいきなり電話せず書面を送るのが通常だと説明した。

サギ師バスターズの多田文明とともに買え買え詐欺被害にあったYさんを取材。被害から1年経った今でもYさんのもとへ時々怪しげな封筒が届くという。パンフレットは不動産や福祉事業への投資を促すもの。多田文明は金融庁に確認することが必要だとアドバイスした。金融庁に電話して封筒に記載された会社を調べると登録はなかった。多田文明は封筒に記載された会社の番号に電話したが電話での接触はできなかった。後日封筒に記載された住所に行ってみたが会社は存在しなかった。

買え買え詐欺について、多田文明氏は金融庁に登録がある企業か電話で確認することが対策だと説明した。

このあと、芸能人妻がサギ師の餌食に!

キーワード
詐欺
買え買え詐欺
アディーレ法律事務所
金融庁

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 (バラエティ/情報)
19:24~

最凶サギの手口ワースト10の第8位は代引き詐欺。宅配業者に扮したサギ師が代金引換で荷物を届け5000円前後の料金をふんだくる。番組ではこれまで9組の芸能人夫婦で検証したが、8組が引っかかった。

3組の芸能人夫婦に代引き詐欺を実行し引っかかるか検証。1組目はダンテ・カーヴァー夫妻。妻の明子さんは手持ちの現金がないため再配達の約束をして終了。

2組目は元巨人軍の橋本清夫妻。妻の和香さんはすぐに代金を支払ってしまった。

3組目は響の小林夫妻。妻の綾子さんは偽宅配業者が来ると夫に電話で確認した。小林が電話に出なかったため、綾子さんは再配達を希望した。あとで綾子さんに聞いてみると、見慣れない宅配人だったため不審に思い断ったと話した。ダンテの妻・明子さんはお金があったら支払っていたと話した。

太川陽介はこの番組に出てから妻と代引きの荷物が届くときは報告するようになったと話した。代引き詐欺の対策は家族に代引きの荷物が届くことを報告すること。

最新版ケータイを使った詐欺を紹介。TwitterやLINEなどのSNS機能も装備され機能性を増した現代の携帯電話でサギ師は罠に陥れようとする。街頭の人に迷惑メールについて聞くと、ブラック融資メールや英文高額バイトメール、LINEのID交換メール、Facebookメルアド交換など誰かになりすます迷惑メールが急増している。

服部啓法律事務所の深澤諭史弁護士によると、ケータイを使った詐欺被害は最近では高齢者など幅広い年齢層に拡大している。番組スタッフが“1億2000万円差し上げます”という迷惑メールにアクセスすると出会い系サイトに飛ばされ、振込担当者のM氏から1000円を振り込んで手続きをいしろという指示があった。支払い方法は出会い系サイトのポイント購入だった。1000円を支払うと今度は3000円を要求してきた。番組スタッフが出会い系サイトの運営会社に電話すると運営会社は関与していないという。

このあと、多田が吠える!

キーワード
詐欺
巨人軍
服部啓法律事務所
Twitter
LINE
Facebook

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 (バラエティ/情報)
19:45~

服部啓法律事務所の深澤諭史弁護士によると、ケータイを使った詐欺被害は最近では高齢者など幅広い年齢層に拡大している。番組スタッフが“1億2000万円差し上げます”という迷惑メールにアクセスすると出会い系サイトに飛ばされ、振込担当者のM氏から1000円を振り込んで手続きをいしろという指示があった。支払い方法は出会い系サイトのポイント購入だった。1000円を支払うと今度は3000円を要求してきた。番組スタッフが出会い系サイトの運営会社に電話すると運営会社は関与していないという。

最新版ケータイを使った詐欺を紹介。サギ師バスターズの多田文明に協力してもらい、出会い系サイト業者に連絡した。出会い系サイト業者の代表取締役に担当者M氏について問い合わせたが代表取締役は「わからない」という。さらに出会い系サイトに記載されていた運営会社の住所や代表取締役の住所は嘘だった。出会い系サイトの現場責任者は弁護士から連絡させると言い、納得のいく回答はなく終了した。この直後この出会い系サイトは利用できなくなった。

悪徳出会い系サイト業者に電話した多田文明は、熱くなって鼻水が出てきたと話した。

2013年、振り込め詐欺などの被害は過去最悪となった。堀井準弁護士はサギ師から支持を受けて被害者のもとへ現金を直接受け取りに行く「受け子」が関与する事件が急増している。受け子のターゲットは高額報酬バイトにつられる10代後半~20代。

詐欺に加担しているとしらずに受け子に手を染めてしまった青年の例を紹介。青年はインターネットで高額報酬の言葉につられて問い合わせをした。面接に行くと男性からコインロッカーの鍵を渡され「入っているものを引き出してその後指示を受けてください」と指示された。男性は心理的に追い込み断れない状況を作った。青年がコインロッカーを開けると中に携帯電話が入っていた。その携帯電話に連絡が入り指定された場所で指定されたものを受け取るだけだった。15歳の中学生が詐欺に加担していたケースもある。

振り込め詐欺の受け子として若者が詐欺に加担してしまうことについて、犯罪心理学者の出口保行氏は受け子の立場は犯罪の本体とは面識がないため気楽だと分析。後ろめたい気持ちを感じていても多額の報酬にやってはいけない行動をすると受け子にハマる心理を説明した。

超劇場型 オレオレ詐欺を紹介。実際にあった詐欺の手口を再現。Fさんは息子を名乗る男から「小切手が入ったカバンを電車に忘れてきた」という電話がかかってきた。Fさんはお金を用意したが不審に思い息子に電話し、詐欺だと気づいた。しかしサギ師から再び電話がかかってきた。Fさんは警察に電話し、駆けつけてきた警察に事情を話すと、受け取り役を逮捕するためおとり作戦に協力してほしいと依頼。受け取り役がFさんからお金お受け取ると警官も姿を消した。元警視庁刑事の吉川裕二氏によると警察官になりすました詐欺が急増している。

昨年から世界中で大流行しているスマホ泥棒を紹介。電車など様々な場所でわずかな瞬間にスマホが盗まれる。昨年の夏頃から日本でもスマホ泥棒被害が相次いでいる。

スマホを持つといかに無警戒になるか山崎樹範で検証。収録1時間前にメイク室に入った山崎樹範がスマホを手にするとスマホ泥棒役が一瞬で持ち去った。山崎樹範は呆然としていた。30分後、手塚とおるで検証。手塚とおるがスマホを手に持って話をしているとスマホ泥棒に持ち去られた。手塚とおるは「あれが犯罪なら防げない」とコメントした。

このあと、あの芸能人が詐欺の罠に…。

スマホ泥棒を擬似体験した山崎樹範と手塚とおるは実際に被害に遭うと固まると話した。出口保行は、スマホを見ているときは過集中状態になっていると言い自転車を漕いでいるときに前かごの荷物をひったくられるときも過集中だと説明した。

歩きスマホによる事件が急増中。愛知工科大学・小塚一宏教授の調べによるとスマホの画面に夢中になっているとスマホを中心に半径20~30cmしか見えず周囲への注意が散漫になる。歩きスマホを狙った当たり屋詐欺を紹介。Iさんは路上で地図アプリを使って歩きスマホをしていた。するとIさんめがけて自転車がぶつかりかけて転倒した。当たり屋は安価で買った額縁を壊し損害賠償をその場で請求する。

児嶋一哉が歩きスマホ当たり屋詐欺にひっかかるか検証。マネージャーから「地図を見て下さい」とメールがあり、児嶋一哉は歩きスマホ状態で地図を確認していた。そこに当たり屋の自転車が突進し転倒した。当たり屋は壊れた額縁のお金を要求したが、児嶋一哉は「警察呼びましょうか?」と言って当たり屋を追い払った。

検証で歩きスマホ当たり屋詐欺に引っかからなかった児嶋一哉は当たり屋に遭ったことある知人の体験談からその場で2人で解決させずに警察を呼ぶことが頭にあったと話した。

真剣に結婚を考えている男女が狙われる婚活サイト詐欺について紹介。卑劣な結婚詐欺増加の背景に手軽に結婚相手を探せる婚活サイトの氾濫がある。東京弁護士法律事務所の服部梢弁護士によると婚活サイトを使用することでサギ師の手口がスピーディーに変化している。

キーワード
服部啓法律事務所
詐欺
振り込め詐欺
受け子
オレオレ詐欺
警視庁
スマホ
歩きスマホ
当たり屋
婚活サイト
結婚詐欺

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 (バラエティ/情報)
20:29~

実際にあった婚活サイト詐欺の手口を紹介。妻に先立たれたAさんは再婚を考え婚活サイトに登録。サイトで年下の女性と知り合い、女性と会うことになった。女性の好意的な言葉に舞い上がったAさんはその日のうちに肉体関係を持ってしまった。初デートで肉体関係を持つのがサギ師の手口。

数日後、Aさんに女サギ師から振込先だけ書かれた謎のメールが送られてきた。翌日、Aさんが女サギ師にメールについて聞くと送ってないといい、他の男の影をチラつかせた。口座番号と別の男性の存在を匂わせ嫉妬心を煽るのが手口。女サギ師は男のほうから援助を持ちださせるように仕向ける。Aさんはお金を振り込んでしまった。

キーワード
婚活サイト
結婚詐欺

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 (バラエティ/情報)
20:37~

実際にあった婚活サイト詐欺の手口を紹介。35歳のBさんは婚活サイトで知り合った男性と会ったが、この男はサギ師だった。サギ師は金銭に詳しい職業を名乗り資産運用のコツなどをアドバイス。サギ師は金銭管理を口実に女性のクレジットカードを持ち去ってしまった。

夏原武は婚活サイト詐欺に遭わない方法として、第三者を交えて意見を聞くことで冷静な判断が出来ると話した。

近年ネットバンキングを利用した詐欺が横行している。狙われているのは60歳以上の高齢者。高島総合法律事務所の高島秀行弁護士によると還付金があることを装って口座番号や暗証番号を聞き出すという。

実際にあった還付金ネットバンキング詐欺の手口を紹介。Mさんの元に市役所職員を名乗るサギ師から電話がかかってきた。市役所職員を装ったサギ師は還付金を返金するといいMさんの口座のある銀行のネットバンキング申込書類を送った。Mさんは必要事項を記入して申込書をポストに投函した。数日後、銀行員を名乗るサギ師の仲間からMさんに電話がかかってきた。

キーワード
婚活サイト
結婚詐欺
高島総合法律事務所
ネットバンキング
詐欺
還付金詐欺

実録アナタはこうしてダマされる!最凶サギの手口ワースト10 (バラエティ/情報)
20:47~

実際にあった還付金ネットバンキング詐欺の手口を紹介。Mさんの元に市役所職員を名乗るサギ師から電話がかかってきた。市役所職員を装ったサギ師は還付金を返金するといいMさんの口座のある銀行のネットバンキング申込書類を送った。Mさんは必要事項を記入して申込書をポストに投函した。数日後、銀行員を名乗るサギ師の仲間からMさんに電話がかかってきた。Mさんはサギ師を銀行員だと思い込みパスワードなどネットバンキングの個人情報を教えてしまった。サギ師はネットバンキングにログインしMさんの口座の数千万円を全額引き出してしまった。

このあと船越キャップが語る!

キーワード
高島総合法律事務所
ネットバンキング
詐欺
還付金詐欺

エンディング (その他)
20:52~

船越英一郎は次から次に出てくる詐欺の新しい手口を紹介して知ってもらい、それをたくさんの人に伝えてほしいと話した。

水トク!の番組宣伝。

キーワード
詐欺
  1. 前回の放送
  2. 1月8日 放送
  3. 次回の放送