水トク! 怒りの追跡バスターズ第7弾 芸能界2大クズ男に坂上忍&中条きよしがブチ切れ!

『水トク!』(すいトク!)は、TBS系列で、水曜日の20・21時台での単発特別番組枠のタイトルである。2006年10月18日から2008年7月16日までは、第1期として毎週水曜日の18:55 - 20:54(JST、以下略)に放送され、2012年10月3日からは、第2期として毎週水曜日の19:00 - 20:54に放送を再開し、2014年4月23日から放送時間を毎週水曜日の19:56 - 21:54に変更された。第1期と第2期では、ロゴが異なる上、英称・サブタイトルは存在しなかったが、第2期からは、「WEDNESDAY SPECIAL!」が追加されている。本項では、『水トク!(第1期)』終了後の後番組である、2008年7月23日から9月10日まで、毎週水曜日の18:55 - 20:54に放送された、ドキュメンタリー番組の単発特別番組枠『水曜スペシャル』(すいようスペシャル)についても一体的に扱う。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月5日(水) 19:00~21:57
放送局 TBS

番組概要

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
19:00~

前回放送したのが盗聴被害が発覚したタカハシさん(仮名)。40代のシングルマザーで中学3年生の娘と2人暮らし。部屋を捜索すると盗聴器を発見したのだった。それから1ヶ月後、児童ポルノ禁止法で犯人が逮捕された。その犯人は取材中に現場に現れており、盗聴器など見たことも無いような受け答えをしていた。この男とタカハシさんが知り合ったのは3年前、娘の写真をSNSに乗せたことで付き合いがはじまった。放送後、男は自ら盗聴器を仕掛けたと自白、実害はなかったことから警察に被害届は出さなかった。その後、男はタカハシさんの娘のスカートの中を撮影、通報により駆けつけた警察官に逮捕された。

キーワード
児童ポルノ禁止法

オープニング (その他)
19:09~

オープニング映像。

坂上忍ら出演者による挨拶。ゲストの朝日奈央は盗聴男について「娘さんが心配で盗聴器を仕掛けたと言っていたが、絶対に違うじゃないですか」と話した。

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
19:10~

関西地方に暮らすヤマダジュンコさん(仮名)は約300万円もの大金を大衆演劇の座長に貸しているが、それを踏み倒されたという。ヤマダさんは座長のファン、ある時、劇場費用の一部、50万円を貸して欲しいとのメールが届いた。これがはじまり、その後もヤマダさんを助けたい一新で金を貸し続けた。そんな悪徳座長と対決するため中条きよしが立ち上がった。

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
19:19~

ヤマダさん(仮名)に金の無心を続けた座長。借用書を手に持ち、返す意思があることを写真で伝えてきた。劇団が立ち直ると信じて5年に渡り貸し続けたのは総額272万円、現在まで1円たりとも帰ってきていない。番組は座長の調査を開始、協力してくれたのは日本総合探偵事務所の調査員。ヤマダさんの元には取材中に座長から金を貸して欲しいという新たなメールが届いた。座長の自宅マンション前で張り込んでいると、座長な何食わぬ顔で出てきた。調査班は座長を尾行、コンビニATMでお金をおろし始めた。

キーワード
日本総合探偵事務所

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
19:25~

調査班は座長を尾行、ATMで現金を引き出した後に向かったのはギャンブル場。ヤマダさんには金沢で入院しているとウソを付き、実は地元関西でギャンブルをしていた。更に男は誰かと電話、”お母さん”というキーワード飛び出した。座長はヤマダさん以外からも金を借りており、その人物がタナカさん(仮名)。これまでに約6000万円も貸しているのだという。座長からは”お母さん”と呼ばれており、大衆演劇で座長の演技に心打たれ親しくなり、劇団が潰れた事が理由でお金をせびり、更に不動産関係の話で大金を工面した。

このあと、借金を踏み倒し逃げ続ける芸人。

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
19:44~

土地の購入資金として約4700万円を座長に渡したタナカさん(仮名)、番組は彼女に「ウソだと思う」と忠告。取材していたその日、タナカさんに座長から金をせびるメールが届いた。タナカさんは座長のウソを完全に信じ込んでおり、スタッフの忠告を聞き入れず2万5000円を振り込んだ。その後もタナカさんはパチンコをしながら金を要求してきた。

悪徳座長についてスタジオトーク。これまでの被害額はヤマダさん(仮名)が272万円、タナカさん(仮名)が約6000万円。タナカさんは1日に何回も振り込んでいる時があり、その金はパチンコに使っている。

座長の事を信じているタナカさんに番組スタッフはパチンコで遊んでいる様子を撮影した映像を見せた。タナカさんはようやく騙されている事に気づき涙を流した。この状況に許せないと立ち上がったのが中条きよし、座長と直接対決する。自宅マンションから出てきたところを弁護士が話しかけ、被害者のヤマダさんも登場すると話し合いに応じることを了承。弁護士は本題に切り込み、中条きよしも同席。タナカさんには消費者金融から金を借りるよう指示、金をダマしとるためだと認めた。土地についての話も問い詰めるとウソだと判明、サギだと認めた。別室で聞いていたタナカさんは怒り心頭、座長の元に行き涙を流しながら怒りをぶつけた。これまで座長は何度も体調不良を理由に返済を先延ばししており、この体調不良もウソ。

別の部屋にいたヤマダさんも怒りを抑えられず座長の元へ。272万円が一切帰ってきていない事を問い詰めた。ヤマダさんについてもダマしていた事を認めた。座長はタナカさんに1万~3万円を振り込ませる事が日課、ATMで引き出してパチンコに行くのが日課、全部パチンコやギャンブルに使っていた。今は仕事をしておらず収入もゼロ。

このあと、借金踏み倒し芸人スズキ。

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
20:33~

座長に金を騙し取られた被害者女性たち。座長はヤマダさんから272万円、タナカさんから6000万円受け取った事を認める誓約書にサイン。返済を約束した。被害者は詐欺罪での刑事告発を視野に入れ、本当に返済するのか見届けることになった。

坂上忍が番組史上最もムカついたというのが元芸人のスズキ(仮名)。被害をうけたのはニッタさん(仮名)、2014年に300万円を貸したが全く返ってこないという。この頃、スズキはプロの格闘技イベントにも参戦、イベントギャラで返すことを説明していた。ところが格闘技イベントは開催すらしておらず、音信不通になり行方をくらませていた。

番組はスズキを発見すると調査を開始。スズキはとある駐車場で男性と車内で話しており、借金をするための契約書を見せていた。

このあと、坂上が芸人スズキを直撃。

キーワード
坂上

番組宣伝 (その他)
20:44~

「水曜日のダウンタウン」の番組宣伝。

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
20:44~

車内で60代ぐらいの男性と借金の契約を交わしていた芸人スズキ。返済合計額という欄には2470万円と書かれていた。数日後に札束を引き下ろし、パチンコや飲み代に使用。金を返す意思が見受られず、番組スタッフが直撃するも弁護士を通せの一点張り。スズキ逃亡の一部始終を知った坂上はその日の夜に電話で対決。結局、スズキは坂上の説得にも応じず、被害者ニッタさんから逃げ続けた。

直撃した翌日、逃亡したスズキは番組に電話で抗議をしてきた。スズキはニッタさんが闇金の人だと主張、この電話を聞いたニッタさんはさらなる怒りに打ち震えた。それから2ヶ月後、再びニッタさんを尋ねるもお金は全く返済していなかった。更に前回の放送終了後に番組にSOSを送ってきたのはスズキの元相方だというサトウさん(仮名)、2014年6月にサトウさんは芸人を辞めて一般の会社に勤めていると、スズキから金をせびる電話がかかってきた。50万円を貸して借用書も書いたが、返済は果たされなかった。

今度こそ逃すまいと番組はスズキの自宅近くで張り込み、夜には自宅近くのバーで働いていた。お客さんにはニッタさんへの借金は返しているとウソをつき、追跡バスターズをネタにすらしていた。更に「1番嫌いな芸能人は坂上忍」と言い放ち、借金を返済する意思は見受けられない。尾行すると車で信号無視、パトカーに止められていた。

直撃当日、被害者ニッタさんと元相方サトウさん、弁護士、坂上忍が待機。勤めているバーから出てきたところで追跡開始、自宅にこもられないよう先回りしようとしたが間に合わなかった。そこでスズキがバーに出勤する時に直撃することに。午後8時、直撃を前に坂上はスズキに金を貸していた60代ほどの男性に電話、この男性はスズキの父親であることがわかった。父親によるとスズキは「闇金に殺されるかも知れない」と金を無心、総額2000万円以上を貸しているという。

芸人スズキについてトーク。坂上忍は「お父さんも追い込まれてしまっている」、朝日奈央は「ムカつきすぎてVTR見てる時の顔が、テレビに出られない顔になっていた」と話した。

ある日の午後9時、スズキが働くバーの前で張り込み。午後9時45分にバーに到着すると、すぐに坂上が直撃。

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
21:21~

借金300万円を踏み倒し、4年以上も逃げ続ける芸人スズキ。坂上が直撃、スズキは話し合いに応じてバー入った。言い逃れを許さない坂上、ニッタさんの名前を出すと抵抗がある様子。それでもニッタさんと直接会うことに同意。

番組宣伝 (その他)
21:27~

「プレバト!!」、「ニンゲン観察バラエティモニタリング」、「櫻井・有吉THE夜会」の番組宣伝。

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
21:30~

4年もの間、音信不通だったスズキとニッタさんが対面。ニッタさんは思いをぶつけ、スズキはギャンブルをやって人から金を借りて膨れ上がってしまったと説明。そして番組が突き止めた卑劣なウソを弁護士が突きつけた。ニッタさんによれば300万円を貸した時、スズキは格闘技イベントに出場すると言っていたが、そのイベントは開催すらされなかった。するとスズキは「大晦日にイベントがあった」と平然とウソをついた。

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
21:41~

スズキは300万円を格闘技イベントのファイトマネーで返済できると約束したが、そのイベント自体存在しなかった。イベントについて追求されるとスズキはしどろもどろ、弁護士は金を借りるときの前提問題でウソをついていると詐欺罪に該当すると説明。今の平均月収は30~40万円、そのうち3万円を月々返すという。また嘘を重ねないよう元相方がスズキに思いをぶつけた。最後に坂上は「まだ信用するのは早い、ニッタさんもよく我慢した」とコメント。

スタジオにニッタさんが登場。ロケ後、スズキとの間であることがあったという。

キーワード
詐欺罪

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
21:51~

スタジオにニッタさんが登場。ロケの後、バーの中でふんぞり返って態度が変わったのだという。この状況にニッタさんは刑事告訴をすると説明。弁護士・住田裕子によると詐欺罪にあたり、刑事告訴されるのも1つの方法だとした。

このあと、約束3万円は振り込まれたのか。

キーワード
詐欺罪

怒りの追跡バスターズ第7弾 (バラエティ/情報)
21:56~

スズキからニッタさんへの最初の返済日は6月1日。約束の3万円は振り込まれたが、ニッタさんは今後は支払いが滞ったらいつでも刑事告訴する構えをみせている。

「水曜日のダウンタウン」の番組宣伝。

エンディング (その他)
21:56~

盗聴・詐欺・ストーカなど、被害がある方を募集中。詳しくは「TBS 追跡バスターズ」で検索。

キーワード
TBS 追跡バスターズ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月5日 放送
  3. 次回の放送