ヤメ暴〜漂流する暴力団離脱者たち〜 2019年2月12日放送回

放送日 2019年2月12日(火) 2:05~ 3:15
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
02:05~

オープニング映像。

この番組は「ドキュメンタリー」をもっと身近にというテーマにしたイチオシ番組を紹介する番組だと説明した。今回は香川・善通寺市のドキュメンタリーを紹介。番組制作を担当したCBCの下野さんに「ヤメ暴」を取材した訳について聞くと「暴力団対策法」により暴力団員が減っていてやめた人がどのようなことをしているのかなど気になったので取材を始めたのがきっかけであるなど話す。

キーワード
ヤメ暴
暴力団対策法
善通寺市(香川)

ヤメ暴~漂流する暴力団離脱者たち~ (バラエティ/情報)
02:06~

2017年8月、谷口さんは郵便局でお金をおろしていた。その金額はとても少なく厳しい状況であると明かした。1年前谷口さんは香川・善通寺市にある建設会社に身を寄せていた。建設会社は「西山組」で会長の西山さんも元ヤクザで山口組系暴力団の組長だった。

1984年頃、堂々と違法行為を行っていた暴力団。組長の葬儀が行われれば道の占拠は当たり前だった。組同士の抗争では時に一般市民を巻き込み世間を震撼させた。組織を維持させていたのは潤沢な資金でその手段の一つが「シノギ」と呼ばれ、飲食店などを威嚇した用心棒代などがあったがシノギに対する法律はなかった。1992年3月に「暴力団対策法」が施行され、63800人いた構成員は16800人まで減り、全国にいるヤメ暴の人数は約4万5000人ほどである。

香川・善通寺市にある建設会社「西山組」には全国のヤメ暴の人たちから手紙が届いている。ヤメ暴の人たちはカタギの世界と塀の中を行ったり来たりしている状況の人もおり、漂流する彼らを雇う企業はほとんどない。西山組の西村会長は暴力団は壊滅されるが壊滅は警視庁にとっての金星だけであると話す。そんな西村会長も若い頃に暴力団に誘われ山口組系列の暴力団の組長までなった。西山会長は32歳の時に上部組織の解散を期にカタギの世界に入り、共に足を洗った仲間たちと「西山組」を立ち上げた。

西山会長は会社の寮で社員たちと一緒に暮らしている。2007年にはNPO「日本青少年更生社」を設立し「ヤメ暴」の自立支援を行っており「西山組」では20~60代の10人が一緒に暮らしていて、仕事を覚えた後、別のところへ行くか残るかを社員が選びこれまで30人が巣立った。会社の社長は息子の耕治さんに任せている。この日は給料日で西山組では週休2日制で月20数万円で寮費などを差し引かれたものを従業員に支給している。

西山組で働き始めて9ヶ月になる谷口さん。暴力団員時代は「覚醒剤」の密売に手を染め指を詰めて破門された。しかし、その後も20年間違法行為で生活をしていた。その時について罪の意識はなかったなど明かした。谷口さんが行っているのは年下の職人のサポートを行うことで谷口さんは自分ができることをやるしか無いと話す。それから4ヶ月後も谷口さんは知人の紹介で運送業を行うことが決まっており、西山組では谷口さんの送別会が行われた。

キーワード
西山組
山口組
ヤメ暴
豊明市(愛知)
善通寺市(香川)
暴力団
シノギ
暴力団対策法
東区(愛知)
神戸市(兵庫)
日本青少年更生社
覚醒剤

ヤメ暴~漂流する暴力団離脱者たち~ (バラエティ/情報)
02:33~

2017年2月に「西山組」へ新たに人がやってきた。20歳の和樹さんは上の命令で当たり屋を行ったが失敗し、暴力団員にボコボコされ母親に連れてこられたという。和樹さんは高校のときから暴走行為などを繰り返してきた。

西山組を巣立った谷口さん。巣立った先の企業では元暴力団ということは社長と知人以外は知らない。谷口さんは塀の中の暮らしを話すわけにはいかないなどの理由から世間話をするのが難しいと話す。西山会長は更生は刑務所の中から始まると考えていて、刑務所で面会を行ったりしている。そんな西村会長は週3で武道教室を開いて子どもたちに指導を行っている。西山組では月1で「拉致被害者の救出」などの署名活動を行っており8年間続けている。

キーワード
ヤメ暴
西山組
拉致被害者
高松市(香川)

ヤメ暴~漂流する暴力団離脱者たち~ (バラエティ/情報)
02:46~

西山組では月1で「拉致被害者の救出」などの署名活動を行っており8年間続けている。ある日、署名活動をやっていると職務質問をされた。目に止まったのはスーパーから借りた買い物かごで、盗まれたものではないのかなど疑いをかけれてしまった。店への確認をする間に言い合いになり、暴力団担当の警察官までやってくる事態になった。妻の礼子さんらと共に店側に確認をして問題はなかったことが証明された。そんなある日、西山会長は谷口さんの様子を確認をするため電話をするも音信不通という事が判明した。

キーワード
ヤメ暴
西山組
拉致被害者

ドキュメンタリープラス (バラエティ/情報)
02:56~

武田梨奈らは番組の舞台となった西山組へと訪れていた。武田梨奈さんは署名活動中に職務質問をされた時について聞くと、西山会長は後ほど警察官から謝罪があったと明かし、今後はそういうそういう目で見ないでくださいという申し出はしたと明かす。そして、取材をした下野さんは難しかったことについて聞くと西山会長は承諾をしてくれたが、取材の承諾を取るのが難しい状態だったなど話す。そして、西山会長は更生するのに大切なことは自分で意識することで、それをサポートをするのが役目であるなど話した。

キーワード
ヤメ暴
西山組

ヤメ暴~漂流する暴力団離脱者たち~ (バラエティ/情報)
03:01~

2017年8月、音信不通になっていた谷口さんは街をさまよっていた。谷口さんは腰痛を理由に運送会社を退社し、貯金を切り崩して生活をしていた。そんな谷口さんは地元・関西に戻り仕事を探すと決めていて、関西で一緒に仕事をしていた仲間を頼るという。

西山会長は暴力団について法律などでヤメさせたがヤメた人が彷徨っている状態で国はどう考えているのか訪ねたいと心境を語った。西山組では20歳の新入りである和樹さんらが作業をしており、仕事をこなそうという意志があると和樹さんを見て西山会長は述べた。現在国が把握している「ヤメ暴」は過去10年で約2万3000人だが、就職したのは182人だという。

キーワード
ヤメ暴
豊明市(愛知)
西山組

エンディング (その他)
03:02~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 2月12日 放送