名医のTHE太鼓判! 【血管・肺・肌の人間ドック】★芸能人余命宣告SP

『名医のTHE太鼓判!』(めいいのザ・たいこばん!)は、TBS系列で2017年10月9日から放送されている医療バラエティ番組である。放送時間は月曜19:00 - 20:00(JST)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月20日(月) 19:00~21:00
放送局 TBS

番組概要

血管 肺 肌 デッドライン宣告SP (バラエティ/情報)
19:00~

血管疾患と肺疾患、紫外線によって起こる肌の疾患の3つについて、出演者が最新検査を受けた。病気を発症するデッドラインまで、あと何年かを発表する。まずは血管。問題が見つかったのは花田虎上と内山信二の2人。50項目にも及ぶ血液検査や血管内皮機能検査など、人間ドックよりもさらに詳しく血管を調べた結果、花田が最も深刻だったのは血管拡張率。数値が低いと血管が硬くなっているサインになり、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まる。48歳の正常な血管拡張率は約6%だが、同年齢の花田の血管拡張率は3.9%だった。心筋梗塞や脳梗塞になる確率は、正常な人の約20倍だという。花田は、デッドラインまであと7年と診断された。

花田よりもさらに状況が悪いという内山。デッドラインまであと1年と診断された。消化器内科の大竹真一郎先生は、「今日明日にもデッドラインを越えて突然死を起こす可能性がある」などと話した。内山の血管拡張率は、37歳の正常値が約6.3%のところ1.3%。血管は石灰化し、動脈硬化は改善困難な状態まで進行していた。

血管が硬くなっている内山と花田。東京都健康長寿医療センターの原田和昌先生によると、2人には血管を柔らかくするNOという物質が不足しているという。NOは一酸化窒素のことで、NOの量が多いほど血管拡張率が高く血管の状態が良いということになる。

血管を柔らかくするNOが不足していた内山と花田。花田は肉が大好物だが、原田先生によると肉の脂身を摂りすぎると血中のコレステロールが上がり、NOの分泌を妨げるという。内山も花田と同じく肉が大好物で、脂身は花田が食べていたステーキ肉より少なかったが、みそ汁代わりに食べていたカップ麺で塩分過多になり、血圧が上がりNOが出にくくなる状態になっていた。また内山は食べてすぐに寝ているが、これもNOの分泌を抑制するという。血管に負担をかける生活習慣が、NOの分泌を妨げる。花田も食後すぐに横になっていた。

大竹先生によると、海女さん生活が血管を柔らかくするという。三重・志摩市を訪れた内山が、海女さん生活を調査した。全員70歳以上の海女さんの血管年齢を測定。75歳の濱口さんの血管年齢は34歳で、全員が実年齢より血管年齢の方が若かった。70代の平均は約4.3%の血管拡張率も、多くの人が平均より良い数値が出た。海女さんの生活には、NOを増やす2つのポイントがあった。

海女さんのNO増大法で劇的改善!?

キーワード
紫外線
東京シーサイドクリニック
心筋梗塞
脳梗塞
動脈硬化
東京都健康長寿医療センター
NO
志摩市(三重)
齋木内科
ほりいクリニック

血管 肺 肌 デッドライン宣告SP (バラエティ/情報)
19:17~

海女さんの生活には、NOを増やす2つのポイントがあった。1つ目は漁。原田先生によると、素潜りの時にNOがたくさん分泌されるという。体に水圧がかかると末梢血管にも圧力がかかり、海底から水面に上がる時圧力から解放されるため、NOがより多く出るという。水圧は血流量にどの程度の影響を与えるのか、国士舘大学の須藤明治教授の協力のもと実験すると、水深1mの水圧でも血流量は約2倍に上昇した。海女さんは素潜り漁を長年続けていることで、NOを多く分泌ししなやかな血管を得ていた。NOを増やすため、内山も素潜り漁に挑戦した。家庭では、お風呂に入ると水圧がかかるためその状態で手足をグーパーするだけで同様の効果が得られる。

NOを増やす食品とは!?

キーワード
NO
国士舘大学
東京都健康長寿医療センター

血管 肺 肌 デッドライン宣告SP (バラエティ/情報)
19:25~

海女さんの生活には、NOを増やす2つのポイントがあった。2つ目は食事。海女さんがよく食べているイワシには、NOのもとになるアルギニンが多く含まれているという。さらにイワシにはNoを減らす悪玉物質を抑制する成分も豊富。イワシの缶詰を1日1缶食べるだけで、目安の摂取量を摂ることができる。きゅうりを一緒に食べるとより効果的で、きゅうりに含まれるシトルリンが効果的にNOを増やす。

お風呂でグーパー運動、イワシの缶詰ときゅうりを食べる。2つの主婦が一週間の改善生活を行った。改善前、血管拡張率が3.8%だった米持美江子さんは、6.3%まで改善。関谷典子さんも5.1%から7.8%になった。

1週間の改善生活に、花田と内山も挑戦。改善前は3.9%だった花田の血管拡張率は4.8%に改善し、1.3%だった内山は1.4%になった。生活習慣を改善すればもっと改善が見込めると考えられる。

近年増加傾向にある口腔がん。今年2月、堀ちえみが舌がんを公表した。堀が最初に感じた症状が口内炎。歯学博士の中城基雄先生によると、口内炎には命を脅かす危険なものもあるという。特に様々な場所にできる口内炎は危険で、自己免疫疾患の一つ。がん化する可能性があるため早めの検査が必要。また噛んで出来た口内炎も危険で、常に傷がついて治るのを繰り返すと異型細胞に変化してがん化する。口の中は自分の目で観察することができるため、病気の早期発見が可能。

口の中のセルフチェック法を紹介。まず口内炎ができた場合、痛みがあるかないかで判断する。痛みがある場合は普通の口内炎で、痛みがなく2週間以上治らない場合は要注意。2週間以内に治れば問題ないという。痛みもなく2週間以上直らない場合は口内炎の大きさに注目し、2cm以上でないなら早期がんの可能性がある。もし2cm以上で硬い場合は、進行した口腔がんの可能性が疑われる。硬くなくてもやがてがんになる可能性がある。痛みがなく2週間以上治らず、大きさが2cm程で硬い口内炎は要注意。

森田豊先生によると、舌をみればストレスがあるかどうかがある程度分かるという。TCHという上下の歯を接触させる癖がある場合、口腔がんのリスクを高める。

キーワード
NO
イワシ
アルギニン
東京都健康長寿医療センター
EPA
きゅうり
シトルリン
口腔がん
口内炎
堀ちえみ
TCH

血管 肺 肌 デッドライン宣告SP (バラエティ/情報)
19:40~

森田豊先生によると、舌をみればストレスがあるかどうかがある程度分かるという。TCHという上下の歯を接触させる癖がある場合、舌のふちがデコボコになり口腔がんのリスクが高まる。また口を大きく開けて閉じた時、舌が上顎についている場合は正常だが、ついていない人はTCHの疑いがある。TCHは歯科医院でマウスピースを作ってもらったり、耳の手前にある下関というツボを押せば改善できる。

日本人の死因はがん・血管疾患・肺疾患の3つに大きく分けられる。お年寄りの病気と思われがちな肺疾患だが、30代・40代に急増しているという。肺炎やCOPDなど、重大な肺疾患のデッドラインを発表。CTスキャンや呼吸抵抗測定などで、出演者の肺年齢を測定した。その結果、出演者のうち3人の肺に異常が見つかった。1人目は重盛さと美。実年齢は30歳だが肺年齢は42歳で、デッドラインまであと17年と診断された。肺疾患は呼吸法によって大きく左右されるが、若い女性に多く見られる呼吸法が肺疾患のリスクを高めていた。

肺を悪くする呼吸とは!?

キーワード
TCH
口腔がん
下関
がん
肺炎
COPD
喘息

番組宣伝 (その他)
19:45~

「教えてもらう前と後2時間SP」、「マツコの知らない世界」、「火曜ドラマ わたし、定時で帰ります。」の番組宣伝。

血管 肺 肌 デッドライン宣告SP (バラエティ/情報)
19:48~

肺年齢が実年齢より12歳も上回った重盛さと美。原因は、若い女性に多く見られる呼吸法にあった。大谷義夫先生が、重盛の日常生活をチェック。重盛は基本的に口が半開きになっていて、無意識に口呼吸をしていた。大谷先生によると、口呼吸だと多くの空気を吸えないため浅い呼吸になるという。鼻呼吸だと喉が開くため多くの空気を肺に取り込めるが、口呼吸は喉が開かないため取り込む空気の量は少なく浅い呼吸になってしまう。特に女性は注意が必要で、大谷先生によると口呼吸になるのは呼吸筋の不足が大きな原因。浅い呼吸の人や若い女性など筋力不足の人は特に注意が必要。さらに鼻には空気中のウイルスや細菌を排除する線毛などがあるが、口呼吸だとウイルスや細菌がほとんど胎内に侵入してしまう。風邪をひきやすい人や口内炎ができやすい人は、口呼吸が原因の可能性が大きい。

口呼吸か鼻呼吸か分かるセルフチェック法を紹介。深呼吸をする時、鼻で息をする人は鼻呼吸、口で息を吸った人は口呼吸だという。街頭調査の結果、30人中22人が口呼吸だった。鼻呼吸が苦手だった重盛がある食材を2週間食べ続けた結果、肺年齢が改善した。

重篤な肺疾患になるリスクを持っている人、2人目はくっきー。人生初の人間ドックで、重大なリスクが見つかった。実年齢43歳のくっきーだが、肺年齢は64歳。デッドラインまで8年と診断された。大谷先生によると、クッキーにはCOPDのリスクがあるという。COPDとは、肺が炎症を起こし呼吸困難になる病気。主な原因は喫煙だった。くっきーは喫煙歴23年で、1日平均で30本吸うという。肺には酸素と二酸化炭素を交換する肺胞があるが、これがタバコやPM2.5で黒くなることを医師は「肺が溶けている」と表現する。くっきーの肺は、上の部分が溶け始めていた。

タバコの他に肺機能を低下させる生活習慣とは。仕事の合間にイラストを描いているくっきー。その様子を見た大谷先生によると、イラストを描いている時のくっきーの猫背が肺を悪くする原因だという。姿勢が悪いと横隔膜の動きが悪くなり、浅い呼吸になるという。

実年齢31歳のユージ。週3回のペースでジムに通い健康を意識しているが、肺の機能を調べてみると肺年齢は51歳だった。ユージはデッドラインまであと13年と診断された。原因は、辞めたはずのタバコだった。31歳のユージは、20歳から30歳までの10年間、タバコを吸っていた。1年前に禁煙しているユージだが、長年吸い続けていたことで健康な肺を取り戻せていない可能性がある。肺は一度悪くなると若返りにくいが、呼吸筋を鍛えれば呼吸筋が強くなり肺を若返らせることができる。大谷先生は、肺を若返らせる方法として千手観音体操を紹介した。

2週間で肺年齢が驚きの復活!

キーワード
トランプ大統領
柴田理恵
浜田雅功
COPD
PM2.5

血管 肺 肌 デッドライン宣告SP (バラエティ/情報)
20:07~

肺を若返らせる千手観音体操とは。肺年齢56歳の福島佳江さんの場合、千手観音体操を2週間行うと肺年齢が46歳まで若返った。

千手観音体操を紹介。足を肩幅に開き、手を合わせて息を吸い込む。息を吐きながら腕を上に伸ばし、お腹がヘコむのを意識しながら、手を伸ばして下ろしていく。左右の肩甲骨をくっつけるイメージで行うのがポイント。この体操を1日30回行うことで、横隔膜などの呼吸筋がほぐれて肺を若返らせる効果が期待できる。くっきー・重盛・ユージの3人が、2週間の改善生活に挑戦した。

午前6時、ラジオの生放送に参加したユージ。その合間に千手観音体操を行った。くっきーは撮影前に、重盛は楽屋で千手観音体操を行った。2週間、毎日30回の千手観音体操を行っただけでなく、リンゴを使った食の改善も実施。リンゴにふくまれるポリフェノールが血流を良くし、硬くなった呼吸筋をやわらげて肺機能を上げるという。ポリフェノールは皮に多く含まれている。

管理栄養士の赤石定典先生が、リンゴの皮の成分も丸ごと食べて健康効果アップの「すりおろしリンゴソース」の作り方を紹介。材料はリンゴ・タマネギ・ニンニク・醤油・ごま油・お酢。フライパンのごま油大さじ2杯、すりおろしたタマネギ4分の1、ニンニク少々、すりおろしリンゴ1玉を入れ、醤油大さじ2杯、お酢大さじ1杯を入れて煮詰めるだけ。

くっきー・重盛・ユージの3人が、2週間の千手観音体操とすりおろしりんごソース改善生活に挑戦した。肺年齢の高かった3人の主婦も改善生活に挑戦。2週間の改善生活で、主婦3人中2人の肺年齢が改善。肺年齢56歳だった福島さんは46歳に、53歳だった加治さんは50歳に改善した。くっきー・重盛・ユージの3人の肺年齢はスタジオで発表。呼吸能力を測定し肺年齢を算出するスパイロメーターで計測した。改善前の肺年齢が42歳だった重盛は31歳に、51歳だったユージは45歳に、64歳だったくっきーは53歳に改善した。

紫外線が急激に増える5月、肌にとっては危険な時期。シミ・キワ・キメ・毛穴など肌にまつわる様々な検査を行い、その検査結果から肌のデッドラインを算出した。肌に問題が見つかった出演者は2人で、1人目は遼河はるひ。皮膚がんにくわしい川端康浩先生によると、簡単に皮膚がんを見つける3つの方法があるという。1つ目は形。一般的なシミは左右対称で色が均一な場合が多いが、危険なシミは歪な形で色がまだらで徐々に大きくなる。2つ目はシミの色。一般的なシミは褐色だが、赤くなるようなシミは要注意。3つ目は触感。つまむと硬かったり、盛り上がったほくろやイボは危険。

2016年、右頬に皮膚がんを発病したキャシー中島。痛みは全くなかったが、治らないことから病院を受診したところ、基底細胞がんと診断された。基底細胞がんは上皮から発生する悪性度の低いがんで、最初は赤い点ほどのイボが数ヶ月後には1cmほどの大きさに変化したという。手術で4cmほどの皮膚を除去し、基底細胞がんを治療した。

皮膚がんの原因の8割は紫外線。日光から身を守るのが重要だが、毎日日光を浴びていた元スポーツ選手の肌はどうなっているのか、丸山桂里奈の皮膚をチェックすると、200個以上の隠れジミがあった。

キーワード
リンゴ
りんごポリフェノール
すりおろしリンゴソース
タマネギ
ニンニク
醤油
ごま油
お酢
すりおろしりんごソース
スパイロメーター
紫外線
基底細胞がん
皮膚がん

血管 肺 肌 デッドライン宣告SP (バラエティ/情報)
20:28~

皮膚がんの原因の8割は紫外線。日光から身を守るのが重要だが、毎日日光を浴びていた元スポーツ選手の肌はどうなっているのか、丸山桂里奈の皮膚をチェックすると、276個の隠れジミがあった。隠れジミはこれから現れるシミ予備軍のこと。

シワ・たるみの原因になる光老化。遼河の肌の状態をチェックすると、デッドラインまで5年と診断された。遼河の肌はキレイな状態に見えるが、隠れジミの数は173個。隠れジミの原因は紫外線と加齢で肌が再生できなくなることで、遼河には女性特有の肝斑も見られた。

肌に問題が見つかった野呂佳代。皮膚に炎症が見られた。ノロの私生活をチェック。野呂は化粧品を一切使わず、1日3回の洗顔をしていた。洗いすぎて皮脂を落としすぎると角質がなくなり、紫外線をダイレクトに受けるため逆効果だという。野呂はデッドラインまで2年と診断された。西川礼華先生によると、日光角化症になるリスクがあるという。日光角化症とは、日光がよく当たる部分にできる発疹で、うち数%が皮膚がんに移行すると言われている。紫外線が原因のため、紫外線ケアをしていない人は非常に危険。

西川先生によると、シミの予防・改善が期待できる食材はスパイスの王様だという。

キーワード
紫外線
皮膚がん
VISIA
光老化
湘南美容クリニック
肝斑
日光角化症

JNNフラッシュニュース (ニュース)
20:38~

維新の松井代表と公明党大阪府本部の佐藤代表はきのう会談し、都構想の議論を前向きに進めることで大筋合意した。公明党大阪府本部は、住民投票の実施だけでなく都構想にも賛成する方針で会談に望み、都構想について「ゼロベースで見直す」と表明。今後議論を前向きに進めることで大筋合意したという。維新と公明党大阪府本部は今月23日に再び協議し、最終合意に至れば合同会見を行う予定。

キーワード
都構想
大阪維新の会
吉村洋文政調会長
佐藤茂樹代表
大阪市(大阪)
松井一郎代表

血管 肺 肌 デッドライン宣告SP (バラエティ/情報)
20:40~

シナモンで隠れジミを減らすことができる。分量は1日小さじ半分。シミやシワの原因の一つは毛細血管の欠如で、血管が細くなったり無くなるとメラニン色素が刺激され、シミやシワになる。しかしシナモンには毛細血管を修復する作用があり、1日に小さじ半分程度で毛細血管が蘇る。シナモンを多量に摂取すると肝機能障害になる可能性があるため、1日小さじ半分が適量。遼河と野呂の2人が、シナモンでシミ・シワの改善生活を送った。

1週間の改善生活を送った遼河と野呂。遼河の隠れジミの数は173個から135個に減少し、野呂は103個から95個に減少した。実際に肌に悩む一般女性2人も1週間の改善生活を送ったところ、410個の隠れジミがあった女性は284個に、234個あった女性は202個に減少した。

日本全国に55831店舗あるコンビニ。最近はコンビニ飯を活用する本や雑誌が出版されている。ちょっとの工夫で健康になれると話題を呼んでいるという。

キーワード
シナモン
湘南美容クリニック
コンビニエンスストア

血管 肺 肌 デッドライン宣告SP (バラエティ/情報)
20:50~

血管を柔らかくするNOが不足していた内山と花田。花田は肉が大好物だが、原田先生によると肉の脂身を摂りすぎると血中のコレステロールが上がり、NOの分泌を妨げるという。内山も花田と同じく肉が大好物で、脂身は花田が食べていたステーキ肉より少なかったが、みそ汁代わりに食べていたカップ麺で塩分過多になり、血圧が上がりNOが出にくくなる状態になっていた。また内山は食べてすぐに寝ているが、これもNOの分泌を抑制するという。血管に負担をかける生活習慣が、NOの分泌を妨げる。花田も食後すぐに横になっていた。

高校生と小学生の息子を持つ奥山佳恵。最近痩せにくくなったことが悩みだという。そんな奥山の食材選びを、赤石先生がチェックした。奥山は普段通りに買い物をする。息子たちのため、最初に選んだのはハンバーグ。続いてホットスナックコーナーで唐揚げを手に取った。体重が気になる場合は、レモンを足すと良い。レモンには脂肪を吸収する成分が多いという。続いてはサラダ選び。海藻サラダを手に取り、ドレッシングはノンオイルのものを選んだ。海藻サラダの場合は脂溶性のβカロテンが多いため、ノンオイルよりオイル入りのドレッシングの方が良いという。

カップ麺にカットわかめをプラスすると、血糖値の急上昇を防ぐことができる。わかめの食物繊維の働きにより、糖質の吸収を抑えられる。量はカップ麺1個に5g。

タンパク質が不足すると筋肉が減る。筋肉が減ると代謝が下がるため、脂肪を蓄えやすくなるという。1日の摂取目安は、男性が60g、女性が50g。効率よく簡単にタンパク質を摂る場合、枝豆がオススメ。大豆と緑黄色野菜の良いところ2つ持っていて、タンパク質・ミネラル・ビタミンが豊富だという。

赤石先生が最強コンビニ飯を選んだ。主菜に選んだのはチーズ入りハンバーグ。これに半熟卵をトッピングした。卵は食物繊維とビタミンCを除いた全ての栄養素が含まれている準完全栄養食。主食にはもち麦おにぎりを選んだ。もち麦には食物繊維が白米の約24倍含まれていて、おにぎりの具はいくらが良いという。いくらはビタミンDが豊富。海苔にビタミンDは含まれていないため、栄養のバランスを取ることができる。さらにβカロテンが豊富な海藻類と人参のサラダを加えても、総カロリーは727キロカロリーに抑えられる。

キーワード
NO
東京都健康長寿医療センター
レモン
βカロテン
カットわかめ
食物繊維
タンパク質
枝豆
ミネラル
ビタミン
ビタミンC
もち麦
いくら
ビタミンD
  1. 前回の放送
  2. 5月20日 放送
  3. 次回の放送