名医のTHE太鼓判! ★生涯「肉」を噛み切れる口&アゴを目指す!★舌・だ液の老化

『名医のTHE太鼓判!』(めいいのザ・たいこばん!)は、TBS系列で2017年10月9日から放送されている医療バラエティ番組である。放送時間は月曜19:00 - 20:00(JST)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年5月26日(土) 16:00~17:00
放送局 TBS

番組概要

一生肉を噛み切れる口を目指そうSP (バラエティ/情報)
16:00~

2013年、当時の世界最高齢でエベレスト登頂を成し遂げた冒険家・三浦雄一郎。彼は「口」こそが命の根源だと語る。毎日食べるのは生卵とイワシの缶詰をぶっかけたそうめん。一杯でタンパク質、カルシウム、炭水化物、ビタミンが摂れる。そんな三浦の健康法は前後左右に舌を出す「舌出し体操」。喉周りの血液の循環を良くするほか、顎の付け根の神経層を刺激して脳を活性化させるのだという。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝テロップ。

奥歯で割り箸を咥えてあごの歪みをチェック。割り箸がどちらかに傾いていたらあごが歪んでいるサインとなる。ゲストの中で最もあごが歪んでいたのは麻丘めぐみ。レントゲン写真では左右の顎関節の位置がずれている様子が確認された。さらに、あごを開くと音が鳴るという症状もあり、顎関節症の疑いがあるとの診断。顎の歪みを放置すると、顎関節に負荷がかかり壊れてしまう可能性がある。やがて可動域が狭くなり、痛みを伴ううえ、酷くなるとわずか2センチほどしか開かなくなるのだそう。

なぜ麻丘めぐみのあごは衰えてしまったのか?その生活ぶりに密着すると、食事をする時にほとんど左側で噛んでいることが判明した。若い頃に右の歯を抜いたために無意識に左で噛んでしまっているのだという。また、片側ばかりで噛むと筋肉の発達具合が偏り、噛まない側のあごがたるんでしまう。新谷医師が衰えたあごの改善法は志村けんの「アイーン」だと話した。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝テロップ。

キーワード
三浦雄一郎
イワシ
エベレスト
富士山
タンパク質
カルシウム
炭水化物
ビタミン
ジンギスカン
東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック
わたしの彼は左きき
麻丘めぐみ
顎関節症
クローズドロック
志村けん
アイーン

一生肉を噛み切れる口を目指そうSP (バラエティ/情報)
16:15~

口腔外科医の新谷悟氏が衰えたあごの改善法を紹介。あごの骨の周りの筋肉をストレッチすることが重要となる。まずは5秒間、口を大きくあける。続いて、志村けんの「アイーン」のポーズを5秒間キープ。1日3回ずつを目安に行うこと。

ゲストの中で最も舌が老化していたのは、味覚検査で異常が見つかったみちょぱ(池田美優)。検査結果は70代の老人レベルよりも衰えていた。味覚障害の患者数は高齢者に多く、加齢によって味覚は衰える。また、味の濃い食生活を続けると味のセンサーである「味蕾」が麻痺してしまうために味覚がおかしくなるとのこと。食事に集中しない“ながら食い”も味覚が鈍る要因の一つ。味覚の麻痺は糖分や塩分のとりすぎにも繋がり、高血圧や2型糖尿病のリスクを高める。

味覚の衰えを改善する食べ方とは?

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝テロップ。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝テロップ。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝。

ゲストの中で最も口周りが衰えていたのはピーター。「パ」「タ」「カ」を各10秒間発音してする検査「パタカテスト」を行った。「パ」では唇周辺の動きをチェック。男性60歳以上は44回以上が目安。「タ」では舌の前方の動きをチェック。こちらは42回以上が目安。「カ」では舌の後方の動きをチェック。こちらは40回以上が目安。3つの内、言いづらいものがあれば口周りが衰えているサイン。

ピーターの口周りが衰えた原因を探るため、その生活に密着。2日間 人と会話をしない日があったり、物忘れが増えたために写真を撮るようになったという。菅原医師は噛み合わせを悪くしたマウスと普通のマウスを比べると、1週間で30%海馬の細胞が消失したという研究データを紹介。また、歯が20本以下では認知症リスクが増えるという報告もある。

声老けが気になってきたというピーターの声を徹底検査。喉の奥を直接診断すると声老けの原因が明らかとなった。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝テロップ。

キーワード
志村けん
アイーン
池田美優
兵庫医科大学病院調べ
ニンニク
2型糖尿病
高血圧
味覚障害
ピーター
オオムラアツキダンススタジオ
インスタ
小野塚實教授
厚生労働省
認知症
東京医科大学病院

一生肉を噛み切れる口を目指そうSP (バラエティ/情報)
16:34~

声老けが気になってきたというピーターの声を徹底検査。喉の奥をカメラで直接診断すると、声帯の筋肉が衰えて締まりが悪くなっていることが発覚した。

丸田佳奈医師が声老け改善法を紹介。腕の前で手を組んだ状態で大きく息を吸い、両手を引っ張りながら息を5秒間こらえる。これを5回×朝・昼・晩の3セットが目安。血圧が高めの方はこらえる時間を短くして行うこと。

ゲストの中で最もあごに負担をかけていたのは石井明美。医師会議では睡眠障害につながる口の問題が指摘された。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝テロップ。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝テロップ。

キーワード
東京医科大学病院
CHA-CHA-CHA
メロンのためいき
睡眠障害

一生肉を噛み切れる口を目指そうSP (バラエティ/情報)
16:43~

石井明美の私生活に密着すると、頻繁に歯を食いしばっていることが判明。歯と歯を接触させるクセのことを「TCH(トゥース・コンタクティング・ハビット)」といい、脳に刺激が伝わって睡眠時の食いしばりや歯ぎしりを引き起こすことがある。1日のうち上と舌の歯が当たる時間は平均5~8分程度。正面を向いて口を閉じた時に上の歯と下の歯が当たっていればTCHの可能性がある。「歯を食いしばらない」など、注意書きを部屋に貼ることで意識することが改善につながるとした。

トレンディエンジェル斎藤司には唾液の減少が見つかった。私生活に密着すると、食事を噛まない食べ方をしていることが判明。これが唾液の減少に繋がったと考えられる。唾液が減ると虫歯や歯周病のリスクが高まり、歯周病菌が血管に入ることで心筋梗塞や脳卒中も起こしやすくなるという。

口に水を含みブクブクうがいを20秒間行う「ブクブク検査」を実施。上手くできない場合は頬の筋肉が衰えているサインとなる。噛まない食べ方は頬の筋肉まで老化させる。

年をとると口周りの筋肉や歯の衰えから噛む力が弱まる。唾液を出すためにはアメよりもガムが良いとのこと。また、丸田佳奈医師が唾液の出を良くする「舌グルグル体操」を紹介。1日左右5週ずつ、歯茎をなでるように舌を動かして唾液を出す。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝テロップ。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝。

「名医のTHE太鼓判!」の番組宣伝テロップ。

キーワード
睡眠障害
TCH
神戸びいどろ 浜松町店
虫歯
歯周病
心筋梗塞
脳卒中
歯周病菌

番組宣伝 (その他)
16:58~

炎の体育会TVの番組宣伝。

世界ふしぎ発見!の番組宣伝。

東大王の番組宣伝。

日曜劇場 ブラックペアンの番組宣伝。

林先生が驚く初耳学!の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 5月26日 放送
  3. 次回の放送