名医のTHE太鼓判! 片岡鶴太郎は健康なのか!?★人間ドック&余命宣告SP

放送日 2017年10月9日(月) 19:00~20:54
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

名医のTHE太鼓判!がレギュラー放送化したが、司会の山瀬まみは両足骨折のため不在。

オープニング映像。

キーワード
山瀬まみ
スポーツニッポン
三浦雄一郎

余命ワーストランキング (バラエティ/情報)
19:01~

余命ワーストランキング第7位は大久保佳代子。しかし最も病院がザワついたモノが見つかった。それは首のエコーで頚動脈を撮っていた際に発見された腫瘍、診断の結果甲状腺に腫瘍が発見された。医師の高橋通さんに話を伺うと精密検査をしなければ良性か悪性かは判断できず、進行性のがんの可能性もあるため専門医への受診を勧めた。今回最も健康に選ばれた理由は現時点で悪性の診断はついていないため。

大久保佳代子の余命は34年で寿命80歳と診断された。

余命ワーストランキング第6位は井戸田潤、第5位は多岐川裕美、第4位は片岡鶴太郎。

ヨガによって激やせした片岡鶴太郎。しかし名医たちは「データは元気だけど、第一印象元気じゃなさそう」「健康的な痩せ方とは違う」などとダメだし。

片岡鶴太郎の生活を観察。午後6時30分にホテルに到着すると、6時45分には就寝。そして深夜1時に起床しヨガを始め、サーモカメラで確認すると開始時には36度だった体温が約1時間で3度ほど上昇した。ヨガを始めた理由について片岡鶴太郎は「人体実験をしようと思って」「125歳まで生きるつもりで今やってますよね」などと話す。その後もヨガは続き、深夜1時から早朝5時まで行われた。ヨガが終わるとゆでた落花生やおひたしなど15品目以上の朝食を食べた。片岡鶴太郎の1日の食事はヨガ後の朝食だけで、よく噛んで食べるため食事に2時間かける。片岡鶴太郎の食事に管理栄養士は「栄養バランスは崩れている」「たんぱく質・ビタミンDはかなり少ない状態」などと指摘した。

名医がダメだし連発。

キーワード
スポーツ報知
片岡鶴太郎
ヨガ
ナウリ
ゆでた落花生
おひたし
カボチャの煮物
キンピラ
ぬか漬け
梅干し
玄米の炊き込みご飯
ほうれん草とコーンの味噌汁
たんぱく質
ビタミンD

余命ワーストランキング (バラエティ/情報)
19:18~

片岡鶴太郎は「ヨガ4時間やって食事2時間かけて1時間身支度して、7時間はキープしないと遅刻しちゃう」などと話した。森田豊は「こんなに意見が分かれた余命会議は初めてです」などと話し、いよいよ余命宣告。

片岡鶴太郎の余命は15年で寿命は77歳。内科医の川村優希は「125歳は絶対無理だと思います」「タンパク質・ビタミン・ミネラル全部の栄養が足りていない」などと話し、大竹真一郎は「ガスが出やすいという時点で腸内環境が悪くなっているせいかもしれないので、ガスを出したからといって腸内環境が良くなるとは言えない」などと話した。腸内フローラの理想的な割合は善玉:悪玉:その他が2:1:7だが、片岡鶴太郎の結果は善玉6.7%悪玉24.2%と腸内環境は良くない。原因として食事量が絶対的に少なく食物繊維が少ないなどと指摘した。

森田豊は「睡眠の検査結果はあまり良くなく、治療するレベルでないがいくつか異常が見つかった」「睡眠のゴールデンタイムにノンレム睡眠が1回しかおとずれておらず、脳が休まれていない」「軽い睡眠時無呼吸症候群も見つかった」などと話した。評価は賛否に別れたが、片岡鶴太郎の食事法はお勧めできない。

アンジャッシュが「ファンとしてモノマネはまだ似ているのか気になる」などと話し、片岡鶴太郎にモノマネを振った。

キーワード
腸内フローラ
善玉菌
悪玉菌
日和見菌
厚生労働省
タンパク質
ビタミン
ミネラル食物繊維
ノンレム睡眠
睡眠時無呼吸症候群
近藤真彦

医師がダメだし連発SP (バラエティ/情報)
19:22~

スタジオに三浦雄一郎さんが登場。三浦雄一郎さんは80歳でエベレスト登頂を果たし当時の世界最高齢を記録した。そんな三浦雄一郎さんだが、余命3年と宣告されたことがあった。

キーワード
エベレスト

医師がダメだし連発SP (バラエティ/情報)
19:27~

三浦雄一郎が自身で選んだスゴイ冒険3つを紹介。1つ目は当時28歳で行った八甲田山をスキー滑降しバスを飛び越えた。

2つ目は33歳での富士山でのスキー滑降。時速は160kmとなり世界で初めてパラシュートで止めた。

3つ目は44歳で南極の最高峰をスキー滑降していると雪崩に巻き込まれた。奇跡的に雪の上に投げ出され無傷で生還した。

しかし一時引退したときに生活習慣病に襲われ、余命3年と告げられた。そのときに思ったのが死ぬ前にエベレスト登頂をしたいという思い。そんな三浦雄一郎が復活を遂げた5つの秘策を紹介する。

三浦雄一郎の自宅での生活に密着した。自宅では10kgのダンベルを使ったトレーニングや、三浦雄一郎が脳の活性化に良いと言う舌だしを行っていた。

舌だしについて名医たちは7人中5人が太鼓判を押した。菅原道仁は「口角を上げることによって、気持ちが若返ったりする」などと話した。丸田佳奈が「ダメというわけではないが、脳の活性化につながるという医学的なエビデンスがない」と話すと、古賀良彦は「脳の中で(舌・口の周り)を動かす所はすごく発達しており、(舌・口の周り)を動かすことは脳をきちんと働かせる」などと反論した。

三浦雄一郎の散歩に同行、車で向かったのは藻岩山。登山開始から約1時間で山頂に到着した。

また70歳からロードバイクを始め膝に負担をかけずに足腰をトレーニングしている。都内でトレーニングをしている際に山に登りたくなったときは、明治神宮から高尾山までロードバイクで向かい登山をしてロードバイクで帰っている。

トレーニング後の食事会ではとにかく肉を食べる。この日も肉400gと野菜100gなどを平らげた。

15年来の主治医である井上雅之医師は「筋力もありますし、骨密度も二十歳並」などと話す。20代の骨密度の平均は100だが、三浦雄一郎の骨密度は109で太ももの筋肉量は現役Jリーガー並み。

独自理論!栄養バランス完璧のオリジナルメニュー!

キーワード
八甲田山
富士山
エベレスト
生活習慣病狭心症
不整脈
高脂血症
2型糖尿病
アインシュタイン
札幌市(北海道)
ジェームズランゲ説
藻岩山
明治神宮
代々木(東京)
高尾山
ジンギスカン

医師がダメだし連発SP (バラエティ/情報)
19:41~

三浦雄一郎は健康を保つため、自らで考案したオリジナル健康メニューがある。納豆をキムチに入れ、生卵の中にイワシの缶詰を汁ごといれ、海苔を乗せたそうめんにかけて食べる「卵かけそうめんイワシ入り」を食べていた。イワシ(青魚)の缶詰にはDHAやEPAが豊富に含まれている。

さらにエベレストに登るために始めた独自のトレーニングが、片足2.3kgのアンクルウェイトをつけ、さらに片足約2kgの靴を履き約10kgのリュックを背負い歩く。体験した番組スタッフは「囚人みたいな気持ち」などと話した。アンクルウェイトは常につけており、園遊会で天皇陛下にあったときも重い靴を履いていた。

今後の目標について三浦雄一郎は「来年の9月~10月の間に世界で6番目に高い山チョーユーの山頂まで登ってスキーを滑る」などと話した。三浦雄一郎が余命3年と言われたのは59~60歳のときで「心臓が悪魔に掴まれるように痛くなる」などと話した。

三浦雄一郎の健康食「卵かけそうめん(イワシ入り)」を試食。生卵とイワシの缶詰とそうめんを混ぜ合わせたもの。鶴太郎がおいしそうに食べていると渡部が「ちゃんとかんでます?」「味してます?」と疑った。

キーワード
プチトマト
とろろ昆布
納豆
キムチ
卵かけそうめんイワシ入り
海苔
ヨーグルト
DHA
EPA
園遊会
天皇陛下
エベレスト
チョーユー
イワシ

余命ワーストランキング (バラエティ/情報)
19:47~

高血圧や頚動脈プラークが見つかった仁支川峰子は血管の名医である池谷敏郎医師を尋ねて改善を図るそこで運動嫌いの仁支川峰子に最適な運動として「ゾンビ体操」という方法を教わった。これによって全身の血液循環を促進することができる。さらに食事療法も行った。これを3週間行った。

スタジオでは仁支川峰子の生活改善後の余命がどれくらいになったのか伝える。血管年齢は60代から50代になり、血圧も下がった。余命は14年に伸びた。

余命ワーストランキングで残っているのは塚地武雅と嶋大輔。

余命ワーストランキング6位は井戸田潤。医師たちは内臓脂肪面積などについてダメ出しをはじめた。

井戸田潤の生活習慣を調査。サウナと水風呂を交互に入り、水分補給を一切せずにロウリュウで発汗を促す。1時間後に風呂から出ると体重が1.8kg減少していた。その後1.8Lのビールを飲み干した。

井戸田潤の余命は24年で寿命は68歳。大竹医師は「体重が減ったのではなく水が抜けただけ、それをアルコールで補うとさらに脱水が起こる」と指摘した。

余命ワーストランキング5位は多岐川裕美。東京国際クリニックで検査したところ、MRI画像から隠れ脳梗塞が発見された。多岐川は「確かに覚えが悪くなってる」とコメントした。

多岐川裕美の余命は16年で寿命は82歳。菅原医師は「隠れ脳梗塞の数が多く、認知症の原因などになる」と語った。対策として定期的な有酸素運動などがおすすめされた。

余命ワーストランキング3位は仁支川峰子と発表された。その瞬間まだ名前を呼ばれていない嶋大輔と塚地武雅が顔をしかめた。

仁支川峰子の生活習慣を調査。仁支川はインタビュー中に目が痙攣する様子が記録されており、痙攣は離婚する2,3年前から始まったという。検査の結果、悪玉コレステロール158、小脳微小出血が認められた。血圧は169あり、頚動脈プラークもみられた。仁支川の楽屋での様子を見ると、物がきっちり揃ってないと気がすまないようでかなりの神経質だと判明。

仁支川峰子の余命は12年で寿命は71歳。大竹医師は「典型定期なタイプAで心筋梗塞など突然死に繋がる病気を起こしやすい行動パターン」と語った。タイプAとは「せっかち、早口、負けず嫌い、早食い、熱い風呂が好き」というもの。高橋医師は「心臓の壁が分厚くなっている。血圧のコントロールが悪いと将来的には心臓が十分拡張できなくなる」とコメントした。

キーワード
高血圧
頚動脈プラーク
ゾンビ体操
ウェルビー今池店
ロウリュウ
脳梗塞
東京国際クリニック
認知症
小脳微小出血
心筋梗塞

余命ワーストランキング (バラエティ/情報)
20:12~

余命ワーストランキングの1位と2位を発表する。2位は塚地武雅、1位は嶋大輔という結果になった。

余命ワーストランキング2位の塚地武雅はデビュー当初と比べると体重は40kgくらい増えている。医師からは厳しい意見が語られている。

塚地武雅の検査結果が伝えられた。多くの検査で異常値が出ている。そこで塚地武雅の普段の食生活の様子が紹介された。居酒屋での食事ではサラダや唐揚げ、チキン南蛮などを食べている。塚地武雅は1日1食で夜にドカ食いしている。深夜0時に帰宅し、コンビニ寄って菓子パンやスナック菓子、アイスクリームを購入しホテルで食べていた。

塚地武雅は寝ている際に呼吸が停止し、重度の睡眠時無呼吸症候群の症状があると伝えられた。自宅では治療器具をつけているが、外泊する際には治療器具を使ってない。スタジオでは無呼吸の症状が山ほど撮影できたと話題になった。

キーワード
居酒屋 あじと 麻布十番
アイアム野田
ももクロ
睡眠時無呼吸症候群

余命ワーストランキング (バラエティ/情報)
20:23~

塚地武雅の余命は9年だと伝えた。医師によると肝臓がだいぶ弱っており、アルコールと脂肪肝が原因だと伝えた。睡眠時無呼吸症候群については、あのままほうっておくと5年後には4割の人が亡くなっていると医師は語った。

塚地武雅は余命に影響する色々な病気が判明した。そこでどのように改善するのか大竹真一郎に話を聞いた。睡眠時無呼吸症候群の原因の多くは肥満だということで、ダイエットを勧められた。今回行うダイエット方法は朝食を抜いて昼と晩だけの2食にするダイエット。好きなだけ食べていいが完食は禁止で、夕食は寝る2時間前までに済ませる。スタジオでは食べている量はあまり変わらないので続けることができたと伝えた。

塚地武雅は生活改善によって肝機能がかなり改善しており、中性脂肪も改善している様子だ。生活改善後の余命は16年に伸びていた。

余命ワーストランキングの1位は嶋大輔。嶋大輔は去年4月に2型糖尿病を発症しており、入院を勧められたが、運動などの9ヶ月間の努力によって数値を改善させた。ただ余命会議では糖尿病のコントロールについて批判が多かった。検査の指標では2型糖尿病や尿酸値、中性脂肪、血圧などで異常値が出ている。さらに狭心症の疑いがあることが判明した。

嶋大輔の自宅の様子が伝えられた。朝8時に朝食を食べて、12時に昼食。午後6時に昼食。奥さんによる血糖値対策の食事が行われている。食事は節制してるのに数値は上昇しているのでおかしい。医師はウソの申告をしているのではないかと語った。

嶋大輔が友人と食事をしている現場に同行した。そこで「居酒屋 直千」で食事している嶋大輔の様子が伝えられた。そこで糖質制限の守れずに食べまくっている様子が伝えられた。さらに居酒屋のあとにラーメンを食べている様子が伝えられた。

嶋大輔の余命を発表する。

キーワード
睡眠時無呼吸症候群
男の勲章
2型糖尿病
東京国際クリニック
狭心症
直千

余命ワーストランキング (バラエティ/情報)
20:41~

嶋大輔の余命は4年だと宣告された。スタジオでは東京オリンピックの次の年だと話題になった。理由は2型糖尿病と血圧の高さだと医師は語った。

嶋大輔は嶋大輔医師のアドバイスを受けて「ロカボ」を行うことになった。糖質を制限しながら食生活を行う。ロカボでは糖質を減らせればカロリーを気にしくていいのがポイント。さらに「リブレ」という最新の血糖測定器もつけた。そして3週間の生活改善を行った。

キーワード
東京オリンピック
2型糖尿病
ロカボ
リブレ

FUJIWARAの出張健康診断 (バラエティ/情報)
20:49~

「日曜劇場 陸王」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 10月9日 放送
  3. 次回の放送