1番だけが知っている 世紀の悪女イメルダ・マルコス!暗殺未遂の瞬間…衝撃映像公開

『1番だけが知っている』(1ばんだけがしっている)は、TBSテレビで2018年10月15日より毎週月曜22時(JST)から放送されるバラエティ番組である。2017年より不定期で放送され好評を得た事からレギュラー化が決まった。なお、レギュラー開始当初は23時7分までの放送であったが、2019年5月改編で『NEWS23』(月 - 木曜日版)の10分前拡大(23時 - 23時56分に変更)により、正時スタートに復すことから、2019年4月29日からの終了時刻は22時57分に繰り上げとなる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月15日(月) 22:00~23:07
放送局 TBS

番組概要

友人デヴィ夫人が明かす衝撃の事実 (バラエティ/情報)
22:00~

世紀の悪女イメルダ・マルコスの衝撃の今を友人デヴィ夫人が明かす。さらに世界中を震撼させたベニグノ・アキノ氏暗殺事件の裏側などを初激白する。

amazon書籍名言部門で1位になった「選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論」について、著者のデヴィ夫人は「私みたいに選ばれる女性になって欲しくて、その極意・諸条件をまとめた」と説明しスカルノ大統領から2週間でプロポーズを受けたことを明かした。デヴィ夫人は世界で一番選ばれた女性について、世紀の悪女として知られるイメルダ・マルコスの名を挙げた。

イメルダが大統領夫人になったのは1965年、36歳の時だった。48歳という若さで大統領になったマルコスに国民から大きな期待が寄せられた。国民に尽くすファーストレディーとなったイメルダだが裏ではとんでもないことをしていた。政府系企業30社の社長に就任し国家予算を年間40億円も横領していた。さらにイメルダはフィリピン各地で寄付金集めに動き着服を繰り返したと言われている。イメルダは世界各国の不動産を買いあさり自らの資産を運用していった。金への執着の理由は美への追求で、彼女の実際の靴コレクションの映像も残っている。常軌を逸した散財ぶりを目の当たりにしたデヴィ夫人は「完璧なる女帝」と語る。

大統領夫人という立場を利用しイメルダは1975年に初代マニラ首都圏知事に就任する。国民が貧困に苦しむ中、マニラに超巨大映画センターを建設。工期を短く指示したことで工事中に建物が崩壊し36人が生き埋めになる事故が発生した。1978年には居住環境省の大臣に就任。古い家屋を取り壊し住民の強制退去を行った。

1929年7月、イメルダはマニラで誕生。9歳で母親が他界しレイテ島・タクロバンへ移住した。イメルダは母の形見の装飾品を売り生活費をやりくりしていたという。貧困家庭に育ったイメルダだったが成長するにつれ美貌を手にした。大学に進学したイメルダは金や権力に個室し野心家の一面を見せ始める。大学卒業後は銀行員として働きミスコンに出場しミスマニラに選ばれることを目標とした。その後ミスマニラコンテストに出場したイメルダは落選。審査結果に異議を申し立て新聞でも報じられた。24歳の時イメルダは37歳のマルコスと出会いその場でプロポーズを受けたという。イメルダがプロポーズを断った理由についてデヴィ夫人は「彼女はこの人はって思った時いにちょっと引いて追いかけさせる。選ばれる女性になりなさいというのはそこなんです」と説明した。

キーワード
イメルダ・マルコス
ベニグノ・アキノ氏
amazon
選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論
スカルノ大統領
フェルディナンド・マルコス
エリザベス女王
ユリアナ女王
ジョージ・ハミルトン
カンヌ国際映画祭
ヴェネツィア国際映画祭
タクロバン(フィリピン)
ミスマニラコンテスト

友人デヴィ夫人が明かす衝撃の事実 (バラエティ/情報)
22:31~

結婚後イメルダはマルコスを支えるため、政治・経済・外交の勉強を始め、コネクションを増やすため議員夫人たちの集まりにも参加した。40歳でマルコスは下院議員から上院議員へ。45歳で上院議長を務めた。47歳で大統領選挙に出馬しイメルダも選挙活動でフィリピン全土を回った。イメルダは自分も貧しい生まれであることを武器に地方の貧困層までも取り込んでいった。イメルダのもう1つの武器は“歌声”。実際に遊説先で披露した映像を紹介した。結婚してから10年、マルコスは大統領に就任した。

菜々緒は「チャンスを掴む人はたくさんいる。チャンスまで作ってそれを掴んでいく力強さが他の人では真似できない凄さ」とコメントした。

当時激しい貧富の差に喘いでいたフィリピン。イメルダは贅の限りを尽くし、民衆は次第にマルコス政権へ不信感を抱き始めていた。一向に改善されない不安定な生活に民衆はマルコス大統領退陣を求め運動は活発化した。マルコス大統領は戒厳令を布告し反体制派に対し拷問・投獄を行い、政権維持のために法律を改正した。

キーワード
フェルディナンド・マルコス
イメルダ・マルコス
スカルノ大統領

友人デヴィ夫人が明かす衝撃の事実 (バラエティ/情報)
22:41~

美化運動の表彰式に出席したイメルダは暴漢に襲われ75針を縫う大ケガを負った。その後マルコス大統領は腎臓の病を発症。この病が国民に知れ渡り政権交代の機運が一気に高まった。その筆頭候補として名前が挙がったのはベニグノ・アキノ氏。デヴィ夫人は「本当はアキノさんの方が好きだった。知らないのはマルコスだけだったかもしれない」と語る。1983年8月21日、アキノ氏は追放されていたアメリカから帰国し、空港に降り立った瞬間暗殺された。

キーワード
イメルダ・マルコス
フェルディナンド・マルコス
ベニグノ・アキノ

番組宣伝 (その他)
22:45~

「この差って何ですか?」「教えてもらう前と後」「マツコの知らない世界」「わたし、定時で帰ります。」の番組宣伝。

友人デヴィ夫人が明かす衝撃の事実 (バラエティ/情報)
22:47~

独裁政権の頂点に君臨していたマルコスとイメルダは事件への関与が疑われた。デヴィ夫人は「自分たちの存在・地位を揺るがす存在だったのでイメルダさんが指示をしても不思議ではない」と語った。アキノ氏暗殺事件を機に国民のいかりは爆発し各地で暴動が勃発した。マルコス大統領は暴動を抑えるため繰り上げ選挙を実施。マルコス大統領の対抗馬として出馬したのが暗殺されたアキノ氏の妻・コラソン・アキノだった。しかし不正選挙によりマルコス大統領の圧倒的勝利に終わった。その後、マルコス政権を崩壊させるべく反政府軍がクーデターを決起。アメリカの介入により終止符が打たれた。1986年2月25日に反マルコス派が100万人の大集会を実施しイメルダの宮殿に群衆が襲いかかった。イメルダはマルコスと共に宮殿を追われハワイへ逃亡した。2年後、イメルダは100億円以上フィリピン政府から盗み取った恐喝及び横領罪で起訴された。しかし優秀な弁護士を雇ったイメルダは証拠不十分で無罪となった。1989年にマルコス大統領が死去、イメルダは未亡人となった。

あれから30年、現在イメルダはマニラにある自宅で暮らしているという。1991年にフィリピンに帰国し翌年、大統領選挙に出馬した。1995年には下院議員に立候補し当選し国政に復帰していた。今回イメルダの甥・マリオさんがイメルダの住む自宅内部を撮影。イメルダはマニラで豪華な生活を送っていた。デヴィ夫人からの手紙を受け取ったイメルダから後日、返信が届いた。

「1番だけが知っている 2時間SP」の番組宣伝。

キーワード
イメルダ・マルコス
フェルディナンド・マルコス
ベニグノ・アキノ
コラソン・アキノ
マニラ(フィリピン)

友人デヴィ夫人が明かす衝撃の事実 (バラエティ/情報)
23:03~

デヴィ夫人はイメルダと最後に会ったのは80歳の時のパーティーが最後だという。イメルダ夫人から届いた手紙を伊東楓アナが代読。デヴィ夫人は「彼女は本当にフィリピンを愛してましたし、彼女のおかげでフィリピンが世界地図の中に入った。彼女がワシントンに行った時は世界中の注目の的だった。20年も権力の座にいると色々出てきますよ」と語った。

キーワード
イメルダ・マルコス

エンディング (その他)
23:05~

「インハンド」の番組宣伝。

番組宣伝 (その他)
23:05~

「NEWS23」の番組宣伝。マスターズ、T.ウッズ復活!14年ぶり優勝。

キーワード
T.ウッズ
マスターズ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月15日 放送
  3. 次回の放送