ビビット 池江璃花子が白血病告白

ビビットビビット (テレビ番組) - TBS系列で放送されている情報番組。番組開始から2017年3月31日までは『白熱ライブ ビビット』という番組名で放送していた。ビビット南船橋 (ViVit) - 千葉県船橋市にあるショッピングセンターキャラクタービビット - アニメ『かみさまみならい ヒミツのここたま』に登場するキャラクタービビットくん - テレビ愛媛のマスコットキャラクター

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月13日(水) 8:00~ 9:55
放送局 TBS

番組概要

ニュース (ニュース)
08:53~

きのうPayPay100億円キャンペーン第2弾が始まった。去年行われた第1弾では4か月間行われる予定がわずか10日間で終了した。そのため今回は金額キャッシュバックの上限を最大10万円相当から最大1000円相当に引き下げた。ビックロ ビックカメラ新宿東口店ではPayPayで離乳食や日用品などを購入していた。PayPay導入を進めているキラキラ橘商店街では夕食などを購入していた。第2弾では10回に1回の割合で最大1000円キャッシュバックされるので、今回はコンビニの100円コーヒーを何杯買えば当たるか実験し、2杯目で当たった。大江戸てんやでは現金使用を禁止している。

キーワード
ファミリーマート
PayPay
100億円あげちゃうキャンペーン
ビックロ ビックカメラ新宿東口店
キラキラ橘商店街

ニュース (ニュース)
09:04~

PayPayの100億円あげちゃうキャンペーン第2弾がスタートした。乱立する“〇〇ペイ”のどれが一番お得かを伝える。“〇〇ペイ”は現在20近くあるという。現金を使うにはお金がかかり、貨幣を製造するのにも年kな650億円、ATMを設置・運営するにも年間5580億円かかるという。このように現金を使う際にかかるコストは1年で約1兆6390億円だという。企業がキャッシュレスを推進するにもメリットがあり、顧客データを集めることでより効果的なサービスを提供できるようになるという。また、海外観光客向けのインバウンド需要を取り込みたいという考えもあるという。

キャッシュレス決済とは何か。現金ではないもので、これまでに便利だったのはクレジットカードだった。そこから電子マネーが使われるようになり、これはチャージをする前払い型が多い。そして加わったのが“〇〇ペイ”といわれるQRコード決済のもの。これはアプリをダウンロードし、前払い・後払いが選べるという。キャッシュレス決済の企業側のメリットとしては人件費などのコストを削減できることがある。また、国にも税の徴収が楽でお金の流れが明確化するというメリットがある。そして、消費者にはお金の管理が楽になる、安全、レジがスムーズなどのメリットがある。

“〇〇ペイ”が乱立する中、どれを選べばいいのか。荻原博子氏はPayPay、LINE Pay、ORIGAMIの3つを選んだ。PayPayは今、最大20%還元中、LINE Payはファミリーマートで使うと20%還元などのサービスを期間限定で行っている。また、ORIGAMI Payは期間限定でケンタッキーでの500円以上の支払いで半額になるキャンペーンを行っている。自分の生活拠点に何があるのかを調べた上で選ぶと良いという。“〇〇ペイ”の注意点を紹介。チャージすることができるが、有効期限をすぎるとなくなってしまうので注意が必要。また、残高を現金化できないものもあるので注意が必要だという。また、お金を使う感覚が薄くなるため使いすぎにも注意が必要だという。さらにスマホの管理、特に充電切れには要注意だという。

キーワード
ファミリーマート
PayPay
100億円あげちゃうキャンペーン
東京五輪
QRコード決済
LINE Pay
ORIGAMI
ケンタッキー
  1. 前回の放送
  2. 2月13日 放送
  3. 次回の放送