上田晋也のサタデージャーナル 2017年5月20日放送回

『上田晋也のサタデージャーナル』(うえだしんやのサタデージャーナル)は、2017年4月1日からTBS系列(一部系列局を除く)で放送予定の報道・情報番組で、上田晋也(くりぃむしちゅー)の冠番組である。放送時間は毎週土曜 5:30 - 6:15 (日本標準時)を予定している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年5月20日(土) 5:30~ 6:15
放送局 TBS

番組概要

ニュース (ニュース)
05:30~

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが婚約することが明らかになった。お相手は、海の王子にも選ばれたことのある男性・小室圭さん。眞子さまと小室さんは大学時代の同級生で、出会って程なく、おつきあいを始めたという二人は、江ノ島や鎌倉でデートを重ね愛を育んできた。小室さんは騒然とする記者会見で、この日二人が交わした会話について答えた。宮内庁関係者によると、結婚式は来年にも行われる見通し。

キーワード
小室圭さん
眞子さま
宮内庁
江ノ島(神奈川)
鎌倉(神奈川)

オープニング (その他)
05:31~

今週のニュースの中でサタデージャーナルが注目したのは、安倍総理の「現在一億総活躍の延長として、働き方改革を推進している」という発言。今年3月に政府がまとめた働き方改革実行計画にフォーカスを当てる。そこには長時間労働の是正や、女性や高齢者などの新たな労働力をどう確保していくかの10年計画が記されていた。その背景には日本が抱える大問題が存在することが見えてきた。

今朝の会議メンバーの経沢香保子らの概略を紹介した。

オープニング映像。

上田晋也が、今朝は政府が3月まとめた働き方改革実行計画を元に議論をしたいと挨拶をした。

キーワード
安倍総理
一億総活躍
働き方改革
働き方改革実行計画
経沢香保子
ミッツ・マングローブ
龍崎孝
流通経済大学

第7号 狙いは?背景は? 急速に進む「働き方改革」 (ニュース)
05:35~

上田は、最近企業の長時間労働が問題になっているが、働き方が急速に変わっているように思うと話し、経沢香保子に意見を聞く。経沢は、多くの経営者はとうとう来たなと思っていると思うとし、働き方革命は、経営者のマネージメント革命で、どのように社員と向き合っていくかという大きなターニングポイントになる、などと話す。ミッツ・マングローブは、急速に変わっていると言っているが、急速に変えようという意識があまりにも急速すぎると、無理が生じてくるのではといい、特にプレミアムフライデーについては、とっても中途半端な印象だと述べた。

この春に発表された「働き方革命実行計画」について、龍崎孝は、政治記者はなのでこういうものが出てくると、嘘が書いてあるなどと思って読んでしまうといい、最初に気付くのは「我が国の経済成長の隘路の根本」というところに隘路という言葉を使っていると指摘し、日本の厳しい状況を難し言葉でわかりづらく、正直に書いている、などとコメントした。そして、この計画は社会問題、経済問題をクリアにしていくもので、同時に解決していかなければ日本の未来はないよ、深刻な未来を描いているとも受け取れると分析した。

長時間労働が社会問題化する中、政府が急速に進める働き方革命。それを先取る形で注目されているのが、大和証券。サタデージャーナルは、大和証券グループの中田誠司社長を訪ねた。中田誠司社長は「とにかく何があってもいいから午後7時前に(仕事を)終わるようにしろと、何で7時前に帰ることが重要なのかというのをきちっと説明して、最後は強制力」と語る。午後6時過ぎに東京・千代田区の大和証券日比谷支店を除くと、次々とオフィスを後にしていく。午後6時48分には全員退社した。19時前の退社の狙いについて、中田社長は「ビジネスマンとして社会人として1日の時間を自分でマネージ(管理)出来ることが最も重要」だと語る。10年前に導入されたこの制度はすっかり会社に浸透したという。「もう一つ副次的な効果としては、空く時間が出来てくると人間考えるわけで、時間がもったいないということで、何が起きたかと言うと勉強」だと話し、結果的に好循環を産んでいるという。先月発表された就職人気ランキング(文化放送キャリアパートナーズ調べ)で、大和証券グループは1位に輝いた。

ミッツ・マングローブは、大和証券の働き方革命について、自己研鑽をしようという真面目で勤勉な向上心の高い人達ばかりであればいいが、などとコメントした。龍崎孝流通経済大教授は、みなさんが幸せに労働する時間を減らす一方で、成長であったり収益を上げていくにはどうするべきかという問題があるとし、日本の経済の歩みを振り返ったほうがわかりやすいとした。

日本経済成長の鍵が池田勇人元首相の「傍の人を楽にする」という言葉にあった。その意味とは?

キーワード
働き方改革
プレミアムフライデー
働き方改革実行計画
大和証券
千代田区(東京)
大和証券グループ
大和証券 日比谷支店
文化放送キャリアパートナーズ
流通経済大
池田勇人元首相

第7号 狙いは?背景は? 急速に進む「働き方改革」 (ニュース)
05:47~

日本が世界から経済大国と認識されるようになったのが、高度経済成長期。池田勇人首相は所得倍増計画を打ち出し、10年で国民の所得を倍増させることを目標とした。当時のサラリーマンの新人研修では心身を鍛えるために滝行などの荒行にも挑んでいた。こうして日本は世界第2位の経済力を手に入れた。団塊の世代は経済成長を支える大きな労働力となった。

竜崎孝は「日本は敗戦国となり、アメリカを目標にしてがんばってきた。 それを日本人のアイデンティティとしてやってきて、それを捨てきれなかったのが問題」と語った。経沢香保子は「バブル世代で成功を体験をしている人が決定権を持っていて、その成功体験を再現しようとしている」と語った。ミッツ・マングローブは「バブルの頃にイギリスで暮らしていたが、通勤電車に詰め込まれる日本人の映像は少し嘲笑われていた」と語った。

GDPランキングで日本は2000年まで世界2位で、現在でも3位。一方で労働力は減っているという統計がある。龍崎孝は男女雇用機会均等法が晩婚化を生み出し、労働者派遣法が非正規雇用の増加や働き方の変化を生んだことが影響していると解説し、今求められているのは一億総活躍より「一億総動員」が大事だと語った。経沢香保子は「生産性が高まったまま、GDPを維持できたら納税金額は理論上はそれほどかわらないはず」と語った。

「働き方改革」の“肝”となっているのは「女性」「高齢者」「就職氷河期世代」「外国人」だと記されている。

大和証券の取り組みを紹介。営業職の再雇用を70歳までとしてきたが、年齢制限を撤廃する方針だという。

経沢香保子は「精神的な安心感が業務の生産性を増すということはあると思う」と語った。ミッツ・マングローブは「労働力を確保する時の基準になる数値を年齢以外の部分で出すというのを企業単位、国単位でやっていくべき」と語った。

母親たちのハローワークを訪ねた。待機児童は増え続けており、保育園に預けることができても無認可の保育園にあずけていると金銭的なメリットが少ないという。介護と育児を行うダブルケアの母親は25万人いると発表されており、介護をしている20人にひとりだという。

経沢香保子は「子どもを育てる大変さを、企業のトップや政治家がわかっていないとリアリティのある政策は出てこない」と語った。ミッツ・マングローブは「足りない労働力を補うために女性っていうのも失礼な気がする」と語った。

キーワード
池田勇人首相
高度経済成長期
GDP
一億総活躍政策
働き方改革
大和証券
ダブルケア

エンディング (その他)
06:13~

上田晋也は今回の会議を「働き方改革で働く人に時間の余裕が生まれるのは喜ばしいことだが、その裏には日本経済を維持するために世代や性別を超えてみんなで労働力を提供しないといけないという逼迫した状況であるとも言える。そういう意味では働き方改革は労働力における日本の非常事態宣言とも言えるんじゃないだろうか」とまとめた。

キーワード
働き方改革
  1. 前回の放送
  2. 5月20日 放送
  3. 次回の放送