ふるさとの夢 2017年11月2日放送回

『ふるさとの夢』(ふるさとのゆめ)は2017年1月23日よりTBSテレビ(関東ローカル)にて放送されている、情報・ドキュメンタリー・通販番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年11月2日(木) 0:58~ 1:28
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
00:58~

オープニング映像。

この番組は毎回1つの町や村にスポットを当てて、その「ふるさと」の魅力や地域で頑張っている人を紹介する。今回の舞台は東京都墨田区だ。

キーワード
墨田区(東京)
大黒湯

ふるさとの夢 (バラエティ/情報)
00:59~

今回の舞台は東京都墨田区。墨田区には東京スカイツリーがあり、日本を代表するシンボルになっている。また両国国技館もあり相撲でも有名だ。相撲は現在、稀勢の里や琴奨菊の活躍がありブームが到来している。そんな墨田区で一番新しい相撲部屋が鳴戸部屋だ。親方は元大関・琴欧洲の鳴戸親方だ。鳴戸親方は現役引退後2012年に日本国籍を取得し後輩育成に励んでいる。鳴戸部屋には4名の若手力士がいる。それは欧翔山、本間、隅田川、虎来欧だ。厳しい練習が終わると食事だ。冷蔵庫にはブルガリアヨーグルトが沢山ある。ただこの部屋にはまだ関取はいない。そのため鳴戸親方は第一の目標は関取を出すことだと語った。また鳴戸部屋では墨田区の子どもたちが参加する相撲教室も行っている。

スタジオに鳴戸親方を招いて話を聞く。稽古は3時間ちょっと行っているという。関取だった時よりは親方のほうが大変だと今の状況について語った。弟子が場所で勝ってくれると嬉しいと語った。

このあとは「墨田区の癒しスポット」を放送。

キーワード
墨田区(東京)
東京スカイツリー
両国国技館
琴奨菊
稀勢の里
鳴戸部屋
ブルガリアヨーグルト

ふるさとの夢 (バラエティ/情報)
01:13~

激しい稽古を終えた鳴戸部屋の力士たちが向かったのは大黒湯だ。墨田区には19軒の銭湯がありその一つだ。大黒湯は鳴門部屋から数分の距離にあり、力士が疲れを癒やすには最適な場所だ。銭湯の店主の新保卓也さんは人知れず苦労があったという。現在も銭湯は減ってきており、どんどん店が潰れているという。そのため薬湯やサウナ、露天風呂などを追加して、昔ながらの要素と新しいものを混在させている。

このあとは「力士ならではの「あるもの」をご紹介」を放送。

キーワード
墨田区(東京)
鳴戸部屋
大黒湯

ふるさとの夢 (バラエティ/情報)
01:20~

墨田区には老舗衣料品店の「ライオン堂」がある。この店は体の大きい力士も着ることができるキングサイズ衣料品を扱う専門店だ。「ライオン堂」は単なるキングサイズ衣料品店というだけでなく、力士用肌着も販売している。

スタジオでは「ライオン堂」が販売している力士用肌着を用意した。新弟子はみんな白い肌着を着ていると鳴戸親方は語った。そこで今回販売するのは「ライオン堂 力士用刺繍入り肌着」。購入は「ふるさとの夢」を検索。

キーワード
墨田区(東京)
ライオン堂
ライオン堂 力士用刺繍入り肌着
ふるさとの夢ホームページ

エンディング (その他)
01:25~

エンディングでは墨田区は相撲と切っても切れないところだと話題になった。

BGM:「ふるさとの夢」かみいしなか かな

エンディング映像。

BGM:「ふるさとの夢」かみいしなか かな

エンディング映像。

キーワード
墨田区(東京)
かみいしなか かな
ふるさとの夢
ふるさとの夢ホームページ
ライオン堂 力士用刺繍入り肌着
  1. 前回の放送
  2. 11月2日 放送
  3. 次回の放送